アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2015年3月

王にふさわしい贈り物

王にふさわしい贈り物

「東方 から  占星   たち が……自分 たち  宝物  開き,幼子  贈り物 を,金  乳香  没薬  差し出し た」。―マタイ 2:1,11

あなた なら,とても 大切     プレゼント    選び ます か。聖書 時代  は,金  同じ ほど 高価  香料  あり まし た。それ ほど 貴重 だっ   で,王  献上 する   ふさわしい 贈り物  され まし た。 * それで,占星   たち が「ユダヤ   王」に 差し出し  贈り物  うち  2  は,香料 だっ   です。―マタイ 2:1,2,11

バルサム 

聖書 は,シェバ  女王 ソロモン もと  訪れ    こと  つい  も,こう 述べ   ます。「彼女   百二十 タラント と,非常  大量  バルサム  と,宝石    贈っ た。シェバ  女王  ソロモン   贈っ  その バルサム   匹敵 する もの  かつて なかっ た」。 *歴代  二 9:9)他   たち  友好      ソロモン  バルサム   贈り まし た。―歴代  二 9:23,24

聖書 時代 に,そう   香料  その 製品  非常  貴重  高価 だっ    なぜ でしょ  か。美容  宗教 儀式 で,また 埋葬    重要  役割  果たし  から です。(「 聖書 時代  おける 香料  使用」と いう 囲み  ご覧 ください。)需要  高かっ  こと  加え て,輸送  流通   費用  かかっ   で,香料  高価  もの  なり まし た。

アラビア 砂漠  越え 

カシア

聖書 時代,ヨルダン 渓谷  生育     香料 植物  あり まし  が,それ 以外  香料  輸入  なけれ  なり ませ  でし た。聖書   様々  香料     ます。比較  よく 知ら   いる     は,サフラン,沈香,バルサム,肉桂(シナモン),乳香,没薬  あり ます。これら  加え て,クミン,はっか(ミント),いのんど(ディル)など,一般   香辛   あり まし た。

これら 外来  香料  香辛   どこ  取れ   でしょ  か。沈香,カシア,シナモン は,現在  中国,インド,スリランカ  相当 する 地域  生育    まし た。没薬  乳香  いっ  香料 は,アラビア 南部 から アフリカ  ソマリア  かけ  広がる 砂漠 地帯  樹木 から 取れ まし た。そして ナルド,つまり 甘松 は,ヒマラヤ 山脈 原産 で,インド  特産  でし た。

サフラン

イスラエル  届く 香料  多く は,アラビア  越え  運ぶ 必要  あり まし た。それ  1   要因  なっ て,アラビア  西暦  2千    西暦  1千   に「東西  物流  独占」する よう  なっ た,と「香辛   本」(英語)は 説明    ます。イスラエル 南部  ネゲブ  あっ  古代  都市  城塞  隊商 宿  たどる と,香料  商人 たち  使っ  交易   浮かび上がり ます。また,これら  場所  は,「アラビア 南部 から 地中海  至る……貿易  莫大  利益  もたらし  こと  示し  いる」と,ユネスコ 世界 遺産 センター  報告  述べ   ます。

「かさ  張ら ず,値段  高く,常  需要  ある 香料 は,絶好  商品 だっ た」。―「香辛   本」

これら  香料  運ぶ 隊商  定期  に,アラビア  越える 1800  ほど     まし た。(ヨブ 6:19)聖書  は,ギレアデ から エジプト に「ラダナムゴム,バルサム,やに質  樹皮」と いっ  香料  運ぶ イシュマエル   隊商  こと     ます。(創世記 37:25)ヤコブ  息子 たち  その 商人 たち に,弟 ヨセフ  奴隷    売り飛ばし まし た。

「これ まで  最も 巧み  守ら   商売   秘密」

ディル

アラビア  商人 たち は,何 世紀   わたっ  香料 貿易  大部分  支配 し,カシア  シナモン など,アジア 原産  香料  供給  独占 する よう  なり まし た。アラビア  たち は,地中海 地方  国々  東洋  生産   直接  取り引き する   阻止  よう   て,香料  入手  まつわる 恐ろしい 作り話  広め まし た。「香辛   本」に よる と,香料  入手   つい   真実 は,「恐らく これ まで  最も 巧み  守ら   商売   秘密」でし た。

クミン

アラビア   どんな   広め   でしょ  か。西暦  5 世紀  ギリシャ  歴史  ヘロドトス は,近づき がたい 断崖  シナモン        作る 恐ろしい     記し   ます。それ  よれ ば,この 貴重  香料    入れる  は,大きな     幾つ  断崖    置き ます。そして,鳥  欲張っ  たくさん      運ぶ と,その 重み    壊れ  地上  落ち ます。その   すかさず  シナモン      拾い集め て,商人  売る  です。そう     広まり,シナモン は「手  入れる   様々  危険  伴う  され   た」の で,「非常  高い   売ら  た」と,「香辛   本」は 述べ   ます。

ミント

やがて,アラビア   秘密  暴か れ,独占  終わり まし た。西暦  1 世紀 まで  は,エジプト  アレクサンドリア  大きな     香料 貿易  拠点  なり まし た。船乗り たち  インド洋  季節   利用   知る と,ローマ    エジプト   から インド  向かう よう  なり まし た。その 結果,ぜいたく  だっ  香料  ずっ  豊富    入る よう  なり,価格  下がり まし た。

今日  香料   より  ずっ  安く なっ   ます。そして 香料 を,王  ふさわしい 贈り物  思う    ない でしょ う。しかし,世界   非常  多く       芳香     て,また もちろん 食べ物  風味  添える スパイス   て,香料  用い   ます。確か に,香料  その 魅力   香り  ゆえに,何千     変わら ず,今日       とらえ   ます。

シナモン

^ 3節 聖書 で「香料」と 訳さ   いる 原語   に,調味    なく,芳香 植物,つまり 香り  良い 植物 から 取れ    指し   ます。

^ 4節 「バルサム 油」と は,樹木 から 取れる 芳香  ある  または 樹脂  こと です。

もっと調べる

イスラエル人は王を求める

イスラエル人が王を求めたため,エホバはサウルを王としてお選びになりました。エホバがサウルの代わりにダビデを王としたのはなぜですか。