アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2015年3月

ご存じでしたか

ご存じでしたか

使徒 パウロ  ローマ  市民   どの よう  利用  まし  か。

パウロ  こう 宣言  た。「わたし  カエサル  上訴  ます!」

ローマ  市民   持っ  いる   は,帝国 全土  通用 する 権利  特権  与え られ   まし た。ローマ 市民 は,地方 都市  法律   なく,ローマ   よっ  裁か  まし た。訴え られ   は,地元  法律  よる 裁判  応じる こと  でき まし  が,ローマ  法廷  裁判  受ける 権利  依然    有し   まし た。死刑  宣告    場合 は,皇帝  上訴 する 権利  あり まし た。

そう   権利  踏まえ て,西暦  1 世紀  ローマ  政治  キケロ  こう 述べ   ます。「ローマ 市民  縛る こと  犯罪  ある。また,むち打つ こと  悪事  あり,殺す こと  尊属 殺人[親  近親   殺す こと]に 匹敵 する」。

使徒 パウロ  ローマ 帝国   広範囲  伝道  まし た。パウロ  ローマ 市民     権利  利用     3  記録     ます。(1)フィリピ   行政  たち に,彼ら  パウロ  打ちたたく こと  よっ  パウロ  権利  侵害   こと  指摘  た。(2)エルサレム  むち打ち  回避 する ため に,自分  立場  明らか   た。(3)ローマ  いる カエサル  上訴 し,直接  カエサル  裁き  受け られる よう   た。―使徒 16:37‐39; 22:25‐28; 25:10‐12

聖書 時代  羊飼い  どの よう  報酬     まし  か。

  やぎ  購入  関する 楔形 文字  契約 書。西暦  2050  ごろ  もの

族長 ヤコブ は,おじ  ある ラバン    群れ  20   わたっ  牧し まし た。最初  14    ラバン  2       する ため  働き,残り  6    家畜  いう   報酬   まし た。(創世記 30:25‐33)「羊飼い  仕事  関する 契約,例えば ラバン  ヤコブ  結ん  よう  契約 は,その 昔,聖書  記し    読ん     たち   非常  よく 知ら     はず  ある」と,「聖書 考古  レビュー」誌(英語)は 述べ   ます。

現在  イラク  ある ヌジ,ラルサ など  出土   古代  契約  は,そう   契約    示し   ます。典型   契約 期間 は,羊    刈る 時期 から   その 時期 まで  1   でし た。羊飼い は,決まっ      世話  引き受け まし た。それら    年齢   ごと    記さ    まし た。1  後,羊  持ち主 は,契約  決め    羊毛,酪農 製品,子羊 など  受け取り まし た。それ 以外  もの は,すべて 羊飼い  報酬  なり まし た。

群れ  どれ ほど 大きく なる  は,羊飼い  預け られる 雌羊    かかっ   まし た。一般 に,雌羊  100  いれ ば,元気  子羊  80  生ま れる  され   まし た。何らか  不足  損失    場合 は,羊飼い  自分  埋め合わさ なけれ  なり ませ  でし た。ですから,羊飼い   自分  任さ     きちんと 世話  よう  思う 十分  理由  あり まし た。