内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 聖書​に​つい​て​の​話し合い

なぜ聖書を調べるのですか

なぜ聖書を調べるのですか

以下​は,エホバ​の​証人​が​近所​の​人​と​行なう​話し合い​の​典型​的​な​例​です。エホバ​の​証人​の​ブライアン​が,エリック​と​いう​男性​に​話しかけ​た​と​し​ましょ​う。

聖書 ― 正確​な​歴史

エリック: わたし​は​それ​ほど​信仰​心​が​ない​の​で,話し​て​も​無駄​だ​と​思い​ます​よ。

ブライアン: そう​でし​た​か。わたし​は​ブライアン​と​いう​ん​です​が。

エリック: わたし​は​エリック​です。

ブライアン: お会い​で​き​て​うれしい​です,エリック​さん。

エリック: あ,はい。

ブライアン: 失礼​です​が,ご両親​は​何​か​信仰​を​持っ​て​おら​れ​ます​か。

エリック: ええ。でも​わたし​は​実家​を​出​て​大学​に​行く​よう​に​なっ​て​から​は,全然​やら​なく​なり​まし​た。

ブライアン: なるほど。大学​で​は​どんな​勉強​を​なさっ​た​ん​です​か。

エリック: 社会​と​歴史​です。歴史​が​昔​から​好き​だっ​た​ん​です。歴史​っ​て​人​類​の​歩み​です​から。

ブライアン: 歴史​は​確か​に​面白い​です​ね。聖書​も​歴史​の​本​な​ん​です​が,研究​の​資料​と​し​て​聖書​を​使っ​た​こと​は​おあり​でし​た​か。

エリック: いいえ,聖書​は​良い​本​だ​と​思い​ます​が,歴史​の​本​と​し​て​考え​た​こと​は​一度​も​なかっ​た​です。

ブライアン: エリック​さん​は​偏見​の​ない​見方​を​し​て​おら​れる​よう​です​ね。数​分​いただける​よう​でし​たら,聖書​の​記述​が​歴史​的​に​正確​で​ある​こと​を​示す​例​を​少し​ご紹介​し​たい​の​です​が。

エリック: いい​です​けど,聖書​は​持っ​て​い​ない​ん​です。

ブライアン: 大丈夫​です​よ。わたし​の​聖書​を​お見せ​し​ます​から。まずは,歴代​第​一 29​章​26​節​と​27​節​を​ご覧​ください。こう​あり​ます。「エッサイ​の​子​ダビデ​は,全​イスラエル​を​治め​た。彼​が​イスラエル​を​治め​た​期間​は​四十​年​で​あっ​た。ヘブロン​で​七​年​治め,エルサレム​で​三十三​年​治め​た」。

エリック: ここ​が​どうか​し​た​ん​です​か。

ブライアン: 批評​家​たち​は​一​時期,ダビデ​王​は​存在​し​なかっ​た,と​主張​し​て​い​た​ん​です。

エリック: えっ,どうして​でしょ​う​ね。

ブライアン: ダビデ​が​実在​の​人物​で​ある​こと​を​示す​証拠​が​聖書​以外​に​なかっ​た​から​です。でも​1993​年​に​考古​学​者​の​チーム​が​発見​し​た​古代​の​石​に,「ダビデ​の​家」と​いう​意味​の​言葉​が​記さ​れ​て​い​た​ん​です。

エリック: へ​え,そう​なん​です​か。

ブライアン: ほか​に,聖書​に​出​て​くる​人物​で​存在​が​疑わ​れ​た​人​と​し​て,イエス​の​時代​の​総督​ポンテオ​・​ピラト​が​い​ます。この​人​の​名前​は,当時​の​政府​高官​数​名​と​共​に,この​ルカ 3​章​1​節​に​出​て​き​ます。

エリック: そう​です​ね,「ポンテオ​・​ピラト​が​ユダヤ​の​総督,ヘロデ​が​ガリラヤ​の​地域​支配​者」っ​て,書い​て​あり​ます​ね。

 ブライアン: ええ。この​人​が​実在​の​人物​か​どう​か​は​長年,学​者​たち​の​間​で​疑問​視​さ​れ​て​い​た​ん​です。でも,50​年​ほど​前​に,ピラト​の​名​が​はっきり​と​刻ま​れ​た​石​が​中東​で​見つかっ​た​ん​です。

エリック: へ​え,そう​だっ​た​ん​です​か。初めて​聞き​まし​た。

ブライアン: そう​なん​です​よ。

エリック: 正直​言っ​て,聖書​は​文学​と​し​て​は​素晴らしい​と​思っ​て​い​ます​が,今​の​時代​に​は​役​に​立た​ない​ん​じゃ​ない​か​な。正確​な​歴史​が​収め​られ​て​いる​と​し​て​も,実際​の​生活​に​は​ちょっと​ね。

聖書 ― 古い​が,それ​で​い​て​最新​の​本

ブライアン: 多く​の​方​が​そう​おっしゃい​ます​ね。でも,わたし​は​そう​は​思っ​て​い​ない​ん​です。どうして​か​と​言う​と,人間​が​必要​と​する​もの​は​昔​から​変わっ​て​い​ない​から​です。例えば,食べる​物,着る​物,住む​所​が​必要​です​し,だれ​か​と​会話​し​たい,家族​と​幸せ​に​暮らし​たい​と​も​思い​ます​よ​ね。こう​し​た​こと​は​どれ​も​大切​だ​と​思い​ませ​ん​か。

エリック: そう​です​ね。

ブライアン: 聖書​は​これら​すべて​の​面​で​助け​に​なる​ん​です。ですから,“古い​が,それ​で​い​て​最新​の​本”と​も​言える​ん​です。

エリック: どう​いう​こと​です​か。

ブライアン: つまり,聖書​に​収め​られ​て​いる​基本​的​な​指針​は,それ​が​書か​れ​た​遠い​昔​の​時代​に​役​に​立っ​た​よう​に,現代​で​も​役​に​立つ,と​いう​こと​です。

聖書​に​収め​られ​て​いる​基本​的​な​指針​は,それ​が​書か​れ​た​遠い​昔​の​時代​に​役​に​立っ​た​よう​に,現代​で​も​役​に​立つ

エリック: なるほど。どの​よう​に​役立つ​ん​です​か。

ブライアン: 聖書​は,金銭​に​関する​バランス​の​取れ​た​見方​を​する,家族​で​幸せ​に​暮らす,友達​と​良い​関係​を​保つ​と​いっ​た​事柄​に​関し​て,良い​指針​を​与え​て​いる​ん​です。この​本​は,いわば​成功​へ​の​道​を​示す​地図​の​よう​な​もの​です。例えば,今​の​世​の​中​で​夫​また​家族​の​大黒柱​と​し​て​うまく​やっ​て​いく​の​は​大変​です​よ​ね。

エリック: 確か​に,そう​です​ね。結婚​し​て​1​年​に​なる​ん​です​けど,2​人​の​意見​が​いつ​で​も​一致​する​と​いう​わけ​に​は​いか​ない​です​ね。

ブライアン: おっしゃる​とおり​です。でも​聖書​に​は,シンプル​で​効果​的​な​指針​が​ある​ん​です​よ。その​例​と​し​て,エフェソス 5​章​を​ご覧​ください。22,23,28​節です。良かっ​たら,読ん​で​いただけ​ませ​ん​か。

エリック: いい​です​よ。「妻​は​主​に​対する​よう​に​自分​の​夫​に​服し​なさい。夫​は​妻​の​頭​だ​から​です。それ​は,キリスト​が​会衆​の​頭​で​あり,この​体​の​救い主​で​あら​れる​の​と​同じ​です」。それ​から,28​節。「この​よう​に,夫​は​自分​の​体​の​よう​に​妻​を​愛す​べき​です。妻​を​愛する​人​は​自分​自身​を​愛し​て​いる​の​です」。

ブライアン: ありがとう​ござい​ます。夫婦​が​この​シンプル​な​アドバイス​を​実行​すれ​ば,家族​は​より​幸福​に​暮らせる​と​思わ​れ​ませ​ん​か。

エリック: そう​です​ね。でも,言う​の​は​簡単​だ​けど,行なう​の​は​大変​です​よ。

ブライアン: ほんと​です​ね。完璧​な​人​なんて​い​ない​ですから。この​同じ​章​に​は,融通​を​利か​せる​よう​に​と​勧め​て​いる​箇所​も​ある​ん​です。 * どんな​人間​関係​に​おい​て​も,バランス​を​取る​こと,譲り合う​こと​が​大切​です。わたしたち​夫婦​の​場合​も,そう​いっ​た​バランス​を​取る​の​に​聖書​が​役立っ​て​き​まし​た。

エリック: なるほど。

ブライアン: エホバ​の​証人​の​ウェブサイト​に​は,結婚​や​家族​生活​に​関する​とても​良い​情報​が​載せ​られ​て​いる​ん​です​よ。もう​少し​時間​を​いただける​なら,お見せ​で​き​ます​が。

エリック: 数​分​なら​大丈夫​です​よ。

ブライアン: よかっ​た​です。ウェブサイト​の​アドレス​はwww.jw.orgで,これ​が​ホームページ​な​ん​です。

エリック: いい​写真​です​ね。

ブライアン: これ​は​エホバ​の​証人​が​世界​中​で​行なっ​て​いる​奉仕​活動​の​写真​な​ん​です。あっ,これ​です。「夫婦​や​親​へ​の​アドバイス」と​いう​セクション​が​あり​ます​ね。ここ​ に,いろいろ​な​状況​に​つい​て​の​短い​記事​が​幾つ​か​載せ​られ​て​い​ます。興味​の​ある​もの​は​あり​ます​か。

エリック: ええ。この「結婚​生活​の​問題​を​解決​する」と​いう​記事​です。わたし​に​役立ち​そう​です​ね。

ブライアン: この​記事​は,問題​を​解決​する​ため​の​4​つ​の​ステップ​を​挙げ​て​い​ます。この​節​を​ご覧​ください。良かっ​たら,読ん​で​いただけ​ませ​ん​か。

エリック: いい​です​よ。「意思​の​疎通​が​結婚​生活​に​とっ​て​の​血液​で​ある​と​すれ​ば,愛​と​敬意​は​心臓​と​肺​の​よう​です」。うーん,うまい​こと​言っ​て​い​ます​ね。

ブライアン: 読ん​で​くださり,ありがとう​ござい​ます。ここ​に「エフェソス 5:33」と​あり​ます​ね。タップ​する​と,この​聖書​の​言葉​を​読む​こと​が​できる​ん​です​よ。

エリック: エフェソス 5​章​33​節​です​ね。「あなた方​一人一人​も,それぞれ​自分​を​愛する​よう​に​妻​を​愛し​なさい。一方,妻​は​夫​に​対し​て​深い​敬意​を​持つ​べき​です」。

ブライアン: お気づき​か​も​しれ​ませ​ん​が,ここ​で​強調​さ​れ​て​いる​の​は,夫婦​が​互い​に,相手​の​受け​たい​と​思っ​て​いる​もの​を​与える,と​いう​こと​です​ね。

エリック: どう​いう​こと​です​か。

ブライアン: 普通,男性​は​妻​から​敬意​を​示さ​れ​たい​と​思い,妻​は​夫​から​の​愛​を​感じ​て​安心​し​て​い​たい​と​思う​もの​です​よ​ね。

エリック: 確か​に​そう​です​ね。

ブライアン: 夫​が​妻​へ​の​愛​を​いろいろ​な​形​で​示そ​う​と​努力​する​なら,妻​も​夫​へ​の​敬意​を​示し​やすく​なる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

エリック: きっと​そう​でしょ​う​ね。

ブライアン: 聖書​の​この​言葉​は,ほぼ​2000​年​前​に​書か​れ​た​もの​です​が,夫婦​双方​の​必要​に​注意​を​向け,役立つ​アドバイス​を​述べ​て​い​ます。実行​する​なら,必ず​効果​が​あり​ます。先​ほど​の​例え​に​出​て​き​た​よう​に,結婚​生活​の「心臓​と​肺」を​良い​状態​に​保つ​こと​が​できる​ん​です。

エリック: なるほど​ね。聖書​っ​て​結構​すご​い​ん​で​すね。

ブライアン: そう​言っ​て​いただけ​て,うれしい​です。次回,ここ​で​また​お会い​し​て,ウェブサイト​の​先​ほど​の​記事​に​あっ​た「問題​解決​へ​の​四つ​の​ステップ」と​いう​部分​に​つい​て​の​ご感想​を​聞か​せ​て​い​た​だけ​たら​と​思い​ます。 *

エリック: いい​です​よ。妻​と​一緒​に​その​部分​を​見​て​おき​ます​ね。

これ​まで​聖書​に​関する​何​か​の​疑問​を​抱い​た​こと​が​おあり​です​か。あるいは,エホバ​の​証人​の​信じ​て​いる​事柄​や​宗教​的​な​活動​に​つい​て,何​か​疑問​に​思わ​れ​た​こと​が​あり​ます​か。そう​で​あれ​ば,この​次​に​エホバ​の​証人​と​会う​時​に​尋ね​て​み​て​は​いかが​です​か。喜ん​で​その​点​に​つい​て​答え​て​くれる​でしょ​う。

^ 43節 エフェソス 5:17​を​ご覧​ください。

^ 63節 詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​14​章​を​ご覧​ください。