内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2014年12月

ティムガッド ― 埋もれていた都市が明らかにしたこと

ティムガッド ― 埋もれていた都市が明らかにしたこと

その 勇猛  探検  は,目  疑い まし た。そこ  アルジェリア  砂漠 でし  が,地中 から 一部 姿  見せ     は,古代 ローマ  凱旋  だっ   です! その 探検 家,スコットランド   ジェームズ  ブルース は,1765   それ  発見   時,自分   アフリカ 最大  ローマ  居住   あっ  古代 都市 タムガディ  廃墟    立っ  いる こと   気づき ませ  でし た。今日,そこ  ティムガッド  呼ば    ます。

その  100  余り たっ  1881 年,フランス  考古   たち  ティムガッド  発掘  始め まし た。遺跡  保存 状態  良く,かつて そこ  住ん    人々  暮らし は,周囲  環境  過酷  荒涼        かかわら  非常  快適  贅沢  もの だっ た,と いう こと  分かり まし た。それにしても,ローマ   その よう  場所  植民   建設 し,繁栄 でき    なぜ でしょ  か。その 古代 都市  住民 から どんな 教訓  学び取る こと  できる でしょ  か。

政治  意図  秘め られ   

ローマ  は,自分 たち  支配  西暦  1 世紀   アフリカ  まで 拡大   時,遊牧  たち  猛烈  抵抗  遭い まし た。では,どの よう    地元    平和  関係  確立    でしょ  か。最初  うち,アウグスツス    3 軍団 から 派遣    兵士 たち は,今日  アルジェリア 北部  広大  山岳 地帯  要塞  見張り   数多く 築き まし  が,後  それ   全く 異なっ  目的  都市 ティムガッド  建設  まし た。

表向き  退役 軍人  住む ため  され   まし  が,実際   地元  部族   抵抗  弱める こと  目的 でし た。この 企て  うまく ゆき まし た。町  産物  売り    地元   たち  すぐ に,ティムガッド   快適  生活  魅了     です。町   ローマ 市民 しか 住め なかっ   で,そこ   生活  望ん  部族     は,自分  息子  ため  ローマ 市民    よう   て,ローマ 軍団  志願 し,25    兵役  就い    大勢  まし た。

アフリカ     は,ローマ 市民   得る だけ   満足  ず,やがて  ティムガッド その他  植民 都市   高い 地位  つく    まし た。地元   ローマ  同化   よう    巧妙  方策    奏し,ティムガッド  創建 わずか 50  で,住民  大半   アフリカ  から 成る 都市  なり まし た。

どの よう  人々    つかん  

優雅  列柱  商店  並ん    市場

ローマ   どの よう    人々    素早く つかん    でしょ  か。一つ は,市民  平等  推し進め  こと です。これ は,ローマ  政治  キケロ  説い  理念 です。土地 は,ローマ  退役 軍人   アフリカ 生まれ  市民   平等  配分   まし た。都市 は,20  四方  宅地  細い 路地  区画    並ぶ よう 注意深く 設計     まし た。住民  その よう  平等  秩序  魅力  感じ   違いあり ませ ん。

ローマ  多く  都市   そう でし  が,にぎやか    立つ   は,住民  フォルム(大 広場)に 集っ て,最新  ニュース  聞い たり,ゲーム  楽しん だり  まし た。近く  不毛  山岳  から 来る  たち は,きっと 自分 が,暑い 乾燥       ある 柱廊  歩い たり,多く  無料 公衆 浴場 で,流れる     聞き ながら くつろい だり する ところ  想像   こと でしょ う。また,すがすがしい 噴水  傍ら  座っ  友人 たち  語り合う 自分  思い見  こと でしょ う。人々  は,何      よう  思え   違いあり ませ ん。

墓碑  上部  三つ組    あしらわ   いる

もう 一つ,民衆    つかむ   重要  役割  果たし   は,野外 劇場 です。3,500  以上  収容 でき,ティムガッド  近隣    人々  詰めかけ て,熱狂  まし た。役者 たち  舞台   で,不 道徳  暴力 など  特色  する   演じ,観客  ローマ  好色   娯楽  提供  まし た。

ローマ  宗教 も,一役 買い まし た。公衆 浴場      は,異教  神話  様々  場面 が,色彩  富む 豪華  モザイク  描か  まし た。入浴  日常 生活  肝要  こと だっ   で,住民  モザイク     いる うち  ローマ  神々  宗教  馴染む よう  なり まし た。アフリカ   ローマ  文化  溶け込ま せる 試み    奏し  ため,墓碑  地元    ローマ     三つ組  装飾  施さ れる こと  少なく あり ませ  でし た。

見事  都市  忘れ去ら れる

西暦 100   トラヤヌス   その 都市  創建   後,ローマ    アフリカ 全土 で,穀物,オリーブ 油,ぶどう   生産  奨励  まし た。やがて その 地域 は,ローマ  穀倉  なり,帝国  それら 必需   供給  まし た。ティムガッド は,他  植民 都市  同じ よう  ローマ  支配   繁栄 し,時 たつ うち  人口  増加  て,防備  施し  城壁     広がり,大きく 拡大  まし た。

その 都市  住民  地主 たち は,ローマ   交易  栄え まし  が,地元  農民 たち  ほとんど 利益  あずかれ ませ  でし た。西暦 3 世紀  は,零細 農民  社会   公正  重税  不満  抱い  反乱  起こす よう  なり まし た。後 に,カトリック  信奉     農民  一部 は,カトリック 教会 内部  腐敗  対し  立ち上がっ  自称 クリスチャン  集団  ある ドナトゥス   加わり まし た。―「 ドナトゥス 派 ―“真  教会”で  なかっ 」と いう 囲み  ご覧 ください。

 世紀     宗教 紛争  内戦,異 民族  侵入 など  生じ,ローマ 文明   アフリカ  対する 影響   失い まし た。ティムガッド も,西暦 6 世紀 まで   地元  アラブ   部族  焼き払わ れ,ついに  忘れ去ら  て, 発見  れる まで 1,000    時間  経過    です。

「これ こそ 人生 だ」

フォルム  見つかっ  ラテン   落書き。「狩り  し,風呂  入り,ゲーム  し,笑う。これ こそ 人生 だ」と 記さ   いる

ティムガッド 遺跡  発掘   考古   たち は,フォルム  見つかっ  ラテン   落書き  愉快  思い まし た。そこ  は,「狩り  し,風呂  入り,ゲーム  し,笑う。これ こそ 人生 だ」と 記さ      です。フランス  ある 歴史   よれ ば,これ は「野心  欠け  いる   言える 哲学,しかし 一部  人々 から  知恵  極意  みなさ れる 哲学  反映  た」言葉 です。

実際,ローマ    時期 その よう  生き方     まし た。1 世紀  クリスチャン  使徒 パウロ も,ある 人々  つい て,「ただ 食べ たり 飲ん だり  よう。明日  死ぬ  だから」と いう 人生 哲学  従っ  いる,と 述べ まし た。ローマ  は,信心深かっ    いえ,人生  究極   意義  目的 など ほとんど 考え ず,つかの間  快楽  求め  生き     です。それ  パウロ  仲間  クリスチャン に,その よう  人々  用心 する よう 警告 し,「惑わさ    なり ませ ん。悪い 交わり  有益  習慣  損なう  です」と 書き まし た。―コリント  一 15:32,33

ティムガッド  人々  生き      1,500     こと です が,現代  人生   それ  大して 変わっ    ませ ん。多く    現在  こと しか 考え   ませ ん。それら    とっ て,ローマ   人生  は,結末  どう  あれ,全く   かなっ   ます。しかし 聖書 は,現実  即し  見方  簡潔  示し,「この   ありさま  変わり つつ ある」と 述べ,それゆえに『世  十分   利用  ない』よう 勧め   ます。―コリント  一 7:31

ティムガッド  廃墟 は,次  事実  証し    ます。すなわち,幸福  有意義  人生  送る 極意 は,北 アフリカ      ずっ  埋もれ    落書き   ない,と いう 事実 です。その 言葉   なく,「世  過ぎ去り つつ あり,その 欲望  同じ です。しかし,神  ご意志  行なう   永久  とどまり ます」と いう 聖書  諭し  ある  です。―ヨハネ  一 2:17

もっと調べる

本や冊子

将来はどうなるか

幸せな将来に関する聖書の言葉を信じられる,二つの理由を知ってください。