内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2014年9月

神がイスラエルに与えた律法は公正なものでしたか

神がイスラエルに与えた律法は公正なものでしたか

しばらく   こと,西洋  ある   刑事 裁判  が,殺人   訴え られ  男性   に,不 確実  証拠  基づい  死刑  宣告  まし た。後  証拠  誤り  明らか  なる  すぐ,弁護  たち  懸命  努力  て,死刑 判決  受け     うち    自由   られる よう   まし た。しかし,それら 非常  有能  弁護  も,もう    ため   どう する こと  でき ませ  でし た。すでに 処刑      から です。

どんな 司法 体制  おい   その よう  誤審  あり得る  で,聖書 は,「公正,公正 こそ あなた  追い求める べき もの  ある」と 命じ   ます。(申命記 16:20)裁判   その 命令  従う なら,市民  恩恵  受け ます。古代 イスラエル  は,神  律法  より,公正  司法 体制  確立     まし た。では,「[神 の]すべて  道(が)公正」か どう か,その 律法  調べ   ましょ う。―申命記 32:4

「賢く て,思慮深く,経験  ある」裁判 

裁判   有能 で,公平  裁き,不正  行なわ なけれ ば,国民  権利  守ら  ます。神  イスラエル  与え  律法  は,その よう  立派  裁判   重んじ られ まし た。荒野     始め  頃,モーセ は,裁判   務める「有能  男子,神  恐れる,信頼 できる 人々,不当  利得  憎む  たち」を 探し なさい,と 告げ られ まし た。(出エジプト 記 18:21,22)それ から 40    も,モーセ は,「賢く て,思慮深く,経験  ある 人々」が   裁く 必要   強調  まし た。―申命記 1:13‐17

 世紀   に,ユダ   エホシャファト  *は,裁判  たち に,「あなた方  自分    いる こと    つけ なさい。あなた方  裁く     ため   なく,エホバ  ため  から です。神  裁き  問題  おい  あなた方    おら れる  です。それ  今,エホバ  怖れ  あなた方  臨む よう に。注意深く し,行動  なさい。わたしたち   エホバ  は,不義 も,えこひいき も,わいろ  取る こと  ない から です」と 言い まし た。(歴代  二 19:6,7)つまり,もし 偏見  貪欲  よっ  判決  左右    なら,裁判  は,その 結果    生じ    対する 責任   から 問わ れる,と いう こと です。

イスラエル  裁判   その よう  高い 規準  従っ  とき,国民  安心   抱け まし た。また,神  律法  含ま     種々  原則 は,裁判  が,非常  難しい 事件  場合   公正  判決  下す うえ  役立ち まし た。どんな 原則  ある でしょ  か。

公正  判決  下す ため  原則

選ば   裁判  は,賢く  有能  男子  あっ    いえ,自分 自身  能力  才覚  裁い   なり ませ  でし た。正しい 判決  下す ため  原則  指針  エホバ  から 与え られ     です。そう   指示    は,以下  よう  もの  あり ます。

徹底   調査 する。  モーセ  通し  イスラエル  裁判  に,「あなた方  兄弟 たち    聴問  行なう とき,……義  もっ  裁か   なら ない」と お命じ  なり まし た。(申命記 1:16)公正  判決  下す ため  は,裁判   事件  関する 事実 すべて  知る 必要  あり ます。それゆえに  は,司法   事柄  扱う  たち に,「あなた   徹底   捜し,調べ,問いたださ なけれ  なら ない」と お命じ  なり まし た。法廷  裁判  は,刑事 事件  おける 告訴 内容 の「真実  立証  れる」まで,裁い   なり ませ  でし た。―申命記 13:14; 17:4

目撃   証言  聞く。目撃   述べる 事柄  調査  不可欠 でし た。神  律法   こう 明記     まし た。「人  犯す どんな   場合  あれ,何   とが また   関し ただ    証人  立っ  これ  責める べき   ない。二   証人   または    証人    よっ  その   定め られる べき  ある」。(申命記 19:15)神  律法  証人 たち に,「あなた  真実  ない 報告  取り上げ   なら ない。邪悪    荷担   暴虐  たくらむ 証人  なっ   いけ ない」と 命じ   まし た。―出エジプト 記 23:1

公判  おい  正直  語る。裁判  関係    は,次  挙げる 処罰  こと  考えれ ば,だれ  偽証 する    なら なかっ  でしょ う。「裁き人 たち  徹底   調べ なけれ  なら ない。もし その 証人  偽り  証人 で,自分  兄弟  偽り  責め  負わ     あれ ば,あなた方 は,その   自分  兄弟  たくらん  とおり  こと  その   対し  行なわ なけれ  なら ない。こう   あなた   から   除き去る   ある」。(申命記 19:18,19)だれ  せよ,他    相続   奪う ため  偽証 すれ ば,それ  同等  もの  失う こと  なっ   です。また,無実   分かっ  いる   死な せる ため  うそ  つく なら,自分 自身    奪わ れる こと  なり まし た。こう   指針 は,真実  語る 強力  動機づけ  なり まし た。

公平  裁く。裁判  は,入手 できる 証拠 すべて    なら,判決  下す ため  熟慮  まし た。この 時点 で,神  律法  特長  ある,「あなた  立場  低い    公平  扱い     なら ない。大いなる   優遇    なら ない。公正  もっ  あなた  仲間  裁く べき  ある」と いう 規定  特に 重要  なり まし た。(レビ 記 19:15)裁判  は,どんな  事件  関し  も,関係   外見  社会  地位    なく,ただ 真相  基づい  判断  べき だっ   です。

古代 イスラエル  対する   律法  明示      それら  原則 は,現代  法廷   有用 です。それ  従う なら,誤判  誤審     済み ます。

  律法   原則  従う なら,誤審     済む

  公正  恩恵  あずかっ  人々

モーセ  イスラエル   に,「わたし  今日 あなた方    置く この すべて  律法  よう    そう 規定  司法   定め   持つ どんな 大いなる 国民  ある だろ  か」と 問いかけ まし た。(申命記 4:8)もちろん,その よう  恩恵  あずかっ  国民  ほか  あり ませ ん。若い  から エホバ  律法  守り行なう よう 努め  ソロモン   統治  で,その  は「安らか  住ん で」平和  繁栄  享受 し,「食べ たり 飲ん だり  て,歓ん で」い まし た。―列王  一 4:20,25

しかし 残念  こと に,やがて イスラエル   自分 たち    無視 する よう  なり まし た。それ   は,預言  エレミヤ  通し て,「見よ,彼ら  エホバ  言葉  退け   だ。それ  どんな 知恵  彼ら  ある  いう  か」と 言明   まし た。(エレミヤ 8:9)エルサレム は,「忌む べき こと」で 満ちる「血    負っ  都市」と なり まし た。そして ついに,滅ぼさ   70   荒廃  まし た。―エゼキエル 22:2。エレミヤ 25:11

イスラエル  歴史  おける 問題  多い 時代  生き抜い  預言  イザヤ は,過去  振り返り,エホバ   その 律法  つい て,「地  対し  あなた  裁き  ある とき,産出     住む  たち  必ず   学ぶ」と いう 偉大  真理  宣明  まし た。―イザヤ 26:9

喜ばしい こと  イザヤ  霊感  もと に,メシア なる  イエス  キリスト  支配  つい  預言 し,「彼    見る 単なる 外見  よっ  裁く   も,ただ   聞く こと  したがって 戒める    ない。そして 立場  低い  たち  必ず   もっ  裁き,地  柔和   たち  ため  必ず 廉直   もっ  戒め  与える」と 述べ まし た。(イザヤ 11:3,4)それ は,  王国 もと  メシア なる   臣民  なる  すべて  とっ て,なんと 素晴らしい 見込み でしょ う。―マタイ 6:10

^ 6節 エホシャファト  いう   は,「エホバ  裁き主」と いう 意味  あり ます。

もっと調べる

神からの良い知らせ

聖書の原則からどのような益が得られますか

イエスの説明から,わたしたちに導きが必要なのはなぜか,聖書のどの2つの原則が極めて重要かが分かります。

エホバに近づきなさい

「そのすべての道は公正」

神の公正を知ると,神に引き寄せられます。どのようにですか。