「うちひしが​れ​た​者​を​慰め​て​くださる​神​は,……わたしたち​を​慰め​て​くださっ​た」。―コリント​第​二 7:6

「み子​は​わたし​を​愛し,わたし​の​ため​に​ご自身​を​渡し​て​くださっ​た」。―ガラテア 2:20

そう​思え​ない​人​が​いる​の​は​なぜか: 慰め​を​切​に​必要​と​し​て​いる​時​で​さえ,神​に「どうか​問題​に​対処​できる​よう​助け​て​ください」と​頼む​の​は​利己​的​な​こと​だ,と​思う​人​も​い​ます。ラケル​と​いう​女性​は,「世界​じゅう​の​多く​の​人々​や​その​直面​し​て​いる​深刻​な​問題​を​見る​と,わたし​の​心配事​など​取る​に​足り​ない​よう​に​思え​て,神​に​助け​を​求める​気​に​なれ​ない」と​言い​ます。

聖書​は​こう​教え​て​いる: 神​は​すでに,人間​を​助け慰める​ため​に,驚く​べき​備え​を​設け​て​おら​れ​ます。今日​地上​に​いる​人​は​皆,受け継い​で​いる​罪​の​ゆえに​神​の​ご要求​を​完全​に​は​満たせ​ない​状態​に​あり​ます​が,神​は「わたしたち​を​愛し,ご自分​の​み子[イエス​・​キリスト]を​わたしたち​の​罪​の​ため​の​なだめ​の​犠牲​と​し​て​遣わし​て」ください​まし​た。(ヨハネ​第​一 4:10)イエス​の​犠牲​の​死​に​より,わたしたち​が​罪​を​許さ​れ,清い​良心​と,平和​な​新しい​世​で​永遠​に​生きる​と​いう​希望​を​持てる​よう​に​し​て​くださっ​た​の​です。 * それにしても,その​犠牲​は​単に​人類​全体​の​ため​の​もの​でしょ​う​か,それ​と​も​あなた​個人​に​対する​神​の​気遣い​の​表われ​な​の​でしょ​う​か。

使徒​パウロ​は,イエス​の​犠牲​に​大いに​心​を​動かさ​れ,「わたし​は……神​の​み子​に​対する​信仰​に​よっ​て​生き​て​いる​の​です。み子​は​わたし​を​愛し,わたし​の​ため​に​ご自身​を​渡し​て​くださっ​た​の​です」と​書き​まし​た。(ガラテア 2:20)イエス​の​死​は​パウロ​が​クリスチャン​に​なる​以前​の​こと​でし​た​が,パウロ​は,その​犠牲​を​神​から​の​自分​個人​に​対する​贈り物​と​みなし​て​い​た​の​です。

犠牲​と​し​て​の​イエス​の​死​は,神​から​の​あなた​個人​へ​の​贈り物​で​も​あり​ます。神​に​とっ​て​あなた​は​非常​に​貴重​な​存在​です。だから​こそ​神​は​その​贈り物​を​くださっ​た​の​です。あなた​は​それ​に​よっ​て「永遠​の​慰め​と​良い​希望」を​得,「あらゆる​良い​行ない​と​言葉​の​点​で……確固​たる​者」と​なる​こと​が​でき​ます。―テサロニケ​第​二 2:16,17

しかし,イエス​が​自分​の​命​を​犠牲​に​し​た​の​は,約​2,000​年​前​の​こと​です。今日,神​が​あなた​に​近づい​て​くださっ​て​いる,どんな​証拠​が​ある​でしょ​う​か。

^ 5節 イエス​の​犠牲​に​つい​て,詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​5​章​を​ご覧​ください。