内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 特集​記事 | 神​は​あなた​の​こと​を​気​に​かけ​て​おら​れ​ます

神はあなたのことを気遣っておられます

神はあなたのことを気遣っておられます

「わたし​は​苦しん​で​おり,貧しい​の​です。エホバ​ご自身​が​わたし​の​こと​を​考慮​に​入れ​て​ください​ます」。 * 西暦​前​11​世紀​の​イスラエル​の​ダビデ。

「諸​国民​は​手おけ​の​一​しずく​の​よう​で​あ(る)」。―イザヤ 40:15

ダビデ​は,自分​の​こと​を​神​が​気遣っ​て​くださる​と​考え​まし​た​が,それ​は​道理​に​かなっ​た​こと​でしょ​う​か。神​は​あなた​の​こと​を​気遣っ​て​おら​れる​でしょ​う​か。全能​の​神​が​気​に​かけ​て​くださる​と​は​思え​ない,と​言う​人​は​少なく​あり​ませ​ん。なぜ​でしょ​う​か。

一つ​と​し​て,神​は,弱小​な​人間​より​も​ずっ​と​高い​次元​の​存在​だ​から​です。神​の​高い​位置​から​見れ​ば,諸​国民​は​全部​集まっ​て​も「手おけ​の​一​しずく​の​よう​で​あり,彼ら​は​はかり​の​上​の​塵​の​薄い​層​の​よう」な​もの​な​の​です。(イザヤ 40:15)神​を​信じ​ない,現代​の​ある​著述​家​は,「自分​の​一挙一動​に​神​が​目​を​留め​て​すぐ​に​関心​を​払っ​て​くれる​など​と​考える​の​は,甚だ​し​い​うぬぼれ​だ」と​まで​述べ​まし​た。

一方,自分​は​行ない​が​よく​ない​の​で​神​から​気​に​かけ​て​いただく​に​値し​ない,と​考える​人​も​い​ます。例えば,ジム​と​いう​中年​の​男性​は,こう​語っ​て​い​ます。「わたし​は​心​の​穏やか​さ​と​自制​心​を​祈り​求め​まし​た​が,すぐ​に​また​腹​を​立て,しまい​に​は,『わたし​は​根っから​の​悪人​で,神​も​わたし​を​助ける​こと​など​でき​ない』と​思う​よう​に​なり​まし​た」。

神​は,人間​から​余りに​も​遠く​離れ​て​いる​ゆえ​に,わたしたち​に​目​を​留め​たり​され​ない​の​でしょ​う​か。わたしたち​不​完全​な​者​の​こと​を,実際​どう​思っ​て​おら​れる​の​でしょ​う​か。人間​は​神​から​の​啓示​を​受け​ない​限り,だれ​も​正当​に​神​に​代わっ​て​それら​の​疑問​に​答える​こと​は​でき​ませ​ん。しかし,神​が​人類​へ​の​メッセージ​と​し​て​霊感​の​もと​に​書か​せ​た​聖書​に​は,神​は​個々​の​人​に​無​関心​な​遠い​存在​で​は​ない​こと​が​示さ​れ​て​い​ます。「実際​の​ところ​神​は,わたしたち​ひとりひとり​から​遠く​離れ​て​おら​れる​わけ​で​は​あり​ませ​ん」と​述べ​られ​て​い​ます。(使徒 17:27)この​あと​の​4​つ​の​記事​で​は,個々​の​人​に​対する​神​の​関心​に​つい​て​神​ご自身​が​何​と​述べ​て​おら​れる​か,また​あなた​個人​に​対する​関心​を​どの​よう​に​示し​て​こら​れ​た​か,を​考え​ます。

^ 3節 詩編 40:17。エホバ​と​は,聖書​中​に​啓示​さ​れ​て​いる,神​の​名​です。