内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

聖書の質問に答える

聖書の質問に答える

なぜ 祈る べき です 

エホバ  は,わたしたち  自分  心配事  つい  いつも 祈る こと  望ん  おら  ます。(ルカ 18:1‐7)神 は,わたしたち  関心  抱い  おら れる  で,耳  傾け  ください ます。天    ご親切   祈る よう 勧め  くださっ  いる  ですから,それ  応じ たい  思う    ない でしょ  か。―フィリピ 4:6  読ん  ください。

祈り は,助け  求める ため だけ  もの   あり ませ ん。祈る なら,神  身近  感じる こと  でき ます。(詩編 8:3,4)自分  気持ち  いつも   打ち明ける よう  すれ ば,神   親しい 関係  築か   ゆき ます。―ヤコブ 4:8  読ん  ください。

どの よう  祈る べき です 

 は,わたしたち  祈る 際,仰々しい 言葉  用い たり 暗記   文句  繰り返し たり する こと  望ま  ませ ん。また,特定  姿勢  取る こと  求め  おら  ませ ん。しかし,心 から 祈る よう 勧め  おら  ます。(マタイ 6:7)例えば,古代  イスラエル で,ハンナ  いう 女性 は,悩ん    家族   問題  つい  祈り まし た。後 に,その 祈り  聞き届け られ  苦悩  喜び  変わっ    は,神  感謝 し,心 から  祈り  ささげ まし た。―サムエル  一 1:10,12,13,26,27; 2:1  読ん  ください。

わたしたち は,実  素晴らしい 特権  与え られ   ます。創造   ある   近づい  自分  心配事  話せる  です。また,神  賛美  たり,わたしたち  ため    くださっ  こと    感謝  たり する こと  でき ます。確か に,その よう  貴重  特権  ないがしろ   べき   ない でしょ う。―詩編 145:14‐16  読ん  ください。