内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 特集​記事 | 喫煙 ― 神​は​どう​見​て​おら​れる​か

神は喫煙をどう見ておられるか

神は喫煙をどう見ておられるか

冒頭​の​記事​で​紹介​し​た​直子​さん​は,喫煙​の​習慣​から​抜け出せ​た​こと​に​つい​て,「神​の​特質​や​目的​に​関する​真理​を​知っ​た​の​で,生き方​を​変える​こと​が​でき​まし​た」と​述べ​て​い​ます。聖書​を​学ん​で​真理​を​知っ​た​の​です。聖書​は,たばこ​の​こと​を​述べ​て​は​い​ませ​ん​が,喫煙​に​対する​神​の​見方​を​理解​する​うえ​で​助け​に​なり​ます。 * 多く​の​人​に​とっ​て,そう​し​た​知識​は,喫煙​し​ない​ため​の,あるいは​その​習慣​を​断つ​の​に​必要​な​動機づけ​と​なり​まし​た。(テモテ​第​二 3:16,17)それで,喫煙​の​有害​な​影響​の​中​で​も​よく​知ら​れ​て​いる​もの​を​3​つ​取り上げ,それぞれ​に​つい​て​聖書​が​何​と​述べ​て​いる​か,見​て​み​ましょ​う。

依存​症​に​なる

たばこ​に​は,人​を​依存​症​に​ならせる​こと​で​知ら​れる​薬物​の​中​で​も​特に​強い​もの,すなわち​ニコチン​が​含ま​れ​て​い​ます。これ​に​は​興奮​作用​も​あれ​ば​鎮静​作用​も​あり​ます。喫煙​する​と,ニコチン​が​瞬時​に,また​幾​度​も​脳​に​伝わり​ます。1​服​吸う​たび​に​1​単位​の​ニコチン​を​摂取​する​こと​に​なる​の​で,たばこ​を​1​日​平均​1​箱​吸う​人​は,ニコチン​を​1​日​に​約​200​単位​摂取​し​て​いる​こと​に​なり​ます。この​摂取​量​は,他​の​どんな​薬物​の​場合​より​も​多い,と​言え​ます。ニコチン​は,それ​ほど​頻繁​に​摂取​さ​れる​ゆえ​に,人​を​依存​症​に​ならせる​力​が​他​に​類​を​見​ない​ほど​強い​の​です。常用​癖​が​つい​て​しまっ​た​喫煙​者​は,ニコチン​に​対する​渇望​が​満たさ​れ​ない​と,禁断​症状​を​呈し​ます。

「その​者​に​従う​が​ゆえに​その​奴隷​と​な(る)」。―ローマ 6:16

たばこ​に​依存​し​て​奴隷​状態​に​ある​なら,本当​に​神​に​従える​だろ​う​か

わたしたち​が​その​問題​に​対する​正しい​見方​を​持つ​うえ​で,聖書​の​この​言葉,すなわち「自分​を​奴隷​と​し​て​だれ​か​に​差し出し​て​それ​に​従っ​て​ゆく​なら,その​者​に​従う​が​ゆえに​その​奴隷​と​な(る)」と​いう​言葉​は​助け​に​なり​ます。(ローマ 6:16)だれ​に​せよ,たばこ​を​渇望​し​て​それ​ば​かり​考え,絶え​ず​その​渇望​を​満たす​なら,たちまち,そう​し​た​下劣​な​習慣​に​つなが​れ​た​奴隷​と​なり​ます。しかし,神​エホバ​は​わたしたち​に,体​を​害する​だけ​で​なく​霊​を​も​汚す,すなわち​精神​の​支配​的​傾向​を​も​汚す​よう​な​習慣​に​つなが​れ​ない​で​自由​で​いる​こと​を​望ん​で​おら​れ​ます。(詩編 83:18。コリント​第​二 7:1)ですから,人​は​エホバ​に​対する​感謝​の​念​や​敬意​が​深まれ​ば,エホバ​の​ため​に​最善​を​尽くす​べき​こと,また​致死​的​な​習慣​の​奴隷​と​なっ​て​い​て​は​神​の​ため​に​最善​を​尽くせ​ない​こと​を​認識​する​よう​に​なり​ます。また,そう​悟れ​ば,有害​な​欲望​に​屈し​ない​よう​に​し​よう​と​いう​意欲​が​湧い​て​き​ます。

ドイツ​に​住ん​で​いる​オラフ​と​いう​男性​は,12​歳​の​時​から​16​年​間​続い​た,たばこ​依存​症​を​克服​し​まし​た。こう​言っ​て​い​ます。「初めて​たばこ​を​吸っ​た​時,それ​は“雪​の​玉”の​よう​に​無害​に​思え​まし​た​が,年月​が​たつ​うち​に,“雪崩”の​よう​に​手​に​負え​なく​なり​まし​た。たばこ​を​切らし​た​ある​時​など​は,非常​に​いらいら​し​て,灰皿​から​吸い殻​を​かき集め,それ​を​新聞​紙​の​切れ端​で​巻い​て​吸っ​たり​も​し​まし​た。いま​思え​ば,本当​に​浅ましい​こと​です」。では,喫煙​と​いう​下劣​な​習慣​を,どの​よう​に​し​て​断っ​た​の​でしょ​う​か。「決定​的​な​要素​は,エホバ​を​喜ばせ​たい​と​いう​気持ち​でし​た。人類​に​対する​エホバ​の​愛​や​差し伸べ​ て​くださっ​て​いる​希望​を​知っ​た​こと​が,常用​癖​を​きっぱり​断つ​ため​の​力​に​なり​まし​た」と​述べ​て​い​ます。

健康​が​損なわ​れる

「たばこ​アトラス」(英語)と​いう​雑誌​は,「喫煙​する​と,体内​の​ほぼ​すべて​の​臓器​に​害​が​及び,罹病​率​や​死亡​率​が​高く​なる,と​いう​こと​が​科学​的​に​証明​さ​れ​て​いる」と​述べ​て​い​ます。喫煙​に​よっ​て,がん​や​心臓​病​や​肺​疾患​など​非​伝染​性​の​病気​が​引き起こさ​れる​こと​は,よく​知ら​れ​て​い​ます。しかし,世界​保健​機関(WHO)に​よれ​ば,喫煙​は,結核​と​いっ​た​伝染​性​の​病気​に​かかっ​て​死亡​する​主​な​要因​と​も​なっ​て​い​ます。

「あなた​は,心​を​こめ,魂​を​こめ,思い​を​こめ​て​あなた​の​神​エホバ​を​愛さ​ね​ば​なら​ない」。―マタイ 22:37

神​から​与え​られ​た​体​を​何らか​の​悪習​に​よっ​て​汚し​て​いる​なら,神​へ​の​愛​や​敬意​を​示し​て​いる​と​言える​だろ​う​か

エホバ​神​は,ご自分​の​言葉 聖書​を​通し​て,わたしたち​が​自分​の​命​や​体​や​能力​に​対する​正しい​見方​を​持つ​よう,教え​て​くださっ​て​い​ます。神​の​子​イエス​は​その​点​に​注意​を​引い​て,「あなた​は,心​を​こめ,魂​を​こめ,思い​を​こめ​て​あなた​の​神​エホバ​を​愛さ​ね​ば​なら​ない」と​語り​まし​た。(マタイ 22:37)神​が​わたしたち​に,命​と​体​を​善用​し​大事​に​する​よう​望ん​で​おら​れる​こと​は​明らか​です。わたしたち​は,エホバ​と​その​数々​の​約束​に​つい​て​学ぶ​と,エホバ​が​し​て​くださっ​て​いる​事柄​すべて​を,うれしく,ありがたく​思い​ます。そして,何​で​あれ​自分​の​体​を​汚す​よう​な​こと​は​し​たく​ない,と​いう​気持ち​に​なり​ます。

インド​の​医師​ジャヤバント​は,38​年​間,喫煙​者​でし​た。こう​述べ​て​い​ます。「いろいろ​な​医学​雑誌​を​読み,喫煙​の​危険​に​つい​て​知り​まし​た。喫煙​が​良く​ない​こと​は​分かっ​て​い​まし​た​し,患者​たち​に​は​喫煙​を​やめる​よう​勧め​まし​た。しかし,自分​は​やめる​こと​が​でき​ませ​ん​でし​た。五,六​回​試み​た​の​です​が,だめ​でし​た」。それでも,ついに​やめる​こと​が​でき​まし​た。何​が​助け​に​なっ​た​の​でしょ​う​か。「聖書​研究​を​し​た​から​です。エホバ​に​喜ば​れ​たい​と​思い,すぐ​に​喫煙​の​習慣​を​断ち​まし​た」と​言っ​て​い​ます。

他​の​人​を​害する

喫煙​者​の​吐き出し​た​煙​や,くすぶっ​て​いる​たばこ​の​煙​は,有毒​です。それ​を​吸い込む​と,がん​など​の​病気​が​引き起こさ​れ,毎年,非​喫煙​者​60万​人​が​死亡​し​て​い​ます。大​多数​は​女性​や​子ども​です。WHO​に​よる​ある​報告​で​は,「これ​ぐらい​なら​受動​喫煙​し​て​も​安全,と​いっ​た​基準​は​ない」と​警告​さ​れ​て​い​ます。

「あなた​は​隣人​を​自分​自身​の​よう​に​愛さ​ね​ば​なら​ない」。―マタイ 22:39

隣人​や​家族​を,受動​喫煙​の​危険​に​さらす​なら,本当​に​愛し​て​いる​こと​に​なる​だろ​う​か

 イエス​に​よれ​ば,隣人​すなわち​家族​や​友人​や​身近​に​いる​人​を​愛する​の​は,神​を​愛する​こと​に​次い​で​重要​な​こと​です。イエス​は,「あなた​は​隣人​を​自分​自身​の​よう​に​愛さ​ね​ば​なら​ない」と​言い​まし​た。(マタイ 22:39)もし​近しい​人​たち​の​害​に​なる​よう​な​習慣​を​続け​て​いる​なら,隣人愛​を​示し​て​いる​と​は​言え​ませ​ん。真​の​愛​を​抱い​て​いれ​ば,「おのおの​自分​の​益​で​は​なく,他​の​人​の​益​を​求め​て​ゆき​なさい」と​いう​聖書​の​訓戒​に​従う​はず​です。―コリント​第​一 10:24

アルメニア​に​住ん​で​いる​アルメン​と​いう​男性​は,かつて​の​自分​を​思い起こし,「家族​から​は,『自分​たち​も​害​を​受ける​の​で​たばこ​を​やめ​て​ほしい』と​言わ​れ​まし​た。でも,家族​に​有害​な​影響​が​及ぶ​こと​を​認め​よう​と​し​ませ​ん​でし​た」と​述べ​て​い​ます。しかし,その​態度​を​なぜ​変え​た​の​か​に​つい​て,こう​説明​し​て​い​ます。「聖書​に​つい​て​知り,エホバ​を​愛する​よう​に​なっ​て,禁煙​する​の​も,喫煙​が​自分​だけ​で​なく​周囲​の​人​たち​に​も​有害​で​ある​こと​を​認める​の​も,容易​に​なり​まし​た」。

喫煙​は​永久​に​なくなる!

オラフ,ジャヤバント,アルメン​に​とっ​て,自分​と​他​の​人​たち​の​害​と​なる​下劣​な​習慣​から​抜け出す​の​に,聖書​の​知識​が​助け​に​なり​まし​た。首尾​よく​抜け出せ​た​の​は,単に​喫煙​が​有害​で​ある​こと​を​知っ​た​から​で​は​あり​ませ​ん。エホバ​を​愛する​よう​に​なり,エホバ​を​喜ばせ​たい​と​思っ​た​から​です。その​愛​の​重要​な​役割​が,ヨハネ​第​一 5​章​3​節​で​強調​さ​れ​て​い​ます。そこ​に​は,「その​おきて​を​守り行なう​こと,これ​が​すなわち​神​へ​の​愛​だ​から​です。それでも,その​おきて​は​重荷​で​は​あり​ませ​ん」と​述べ​られ​て​い​ます。もちろん,聖書​の​教え​に​従う​の​は​必ずしも​楽​な​こと​で​は​あり​ませ​ん。しかし,神​を​深く​愛する​なら,従う​こと​は​重荷​で​は​なくなり​ます。

エホバ​神​は​目下,世界​的​な​教育​キャンペーン​を​繰り広げる​こと​に​より,幾百万​と​いう​人々​が​たばこ​へ​の​隷属​状態​から​抜け出す​よう,あるいは​奴隷​に​なら​ない​よう​に,助け​の​手​を​差し伸べ​て​おら​れ​ます。(テモテ​第​一 2:3,4)そして​間​も​なく,ご自分​の​王国​を​用い​て,つまり​ご自分​の​子​イエス​・​キリスト​を​頭​と​する​天​の​政府​を​用い​て,貪欲​な​商業​体制​を​除き去ら​れ​ます。その​体制​が​幾百幾千万​と​いう​人々​を​たばこ​の​奴隷​に​し​た​から​です。神​は,喫煙​と​いう​流行​病​を​永久​に​根絶​し,従順​な​人々​が​心身​共​に​完全​な​者​と​なる​よう​助け​て​ゆか​れ​ます。―イザヤ 33:24。啓示 19:11,15

あなた​は​今,禁煙​し​よう​と​苦闘​中​です​か。そう​で​あれ​ば,頑張っ​て​ください。エホバ​を​愛し,喫煙​に​対する​神​の​見方​を​受け入れる​なら,あなた​も,喫煙​を​やめる​の​に​必要​な​意欲​や​意志​力​を​得る​こと​が​でき​ます。エホバ​の​証人​は,あなた​が聖書​の​教え​を​学ん​で​ご自分​に​当てはめ​られるよう,喜ん​で​実際​的​な​一対一​の​援助​を​差し伸べる​こと​が​でき​ます。エホバ​は​必ず,たばこ​依存​症​から​抜け出す​ため​の​助け​を​望む​あなた​に,必要​な​力​を​与え​て​ください​ます。―フィリピ 4:13

^ 3節 ここ​で​言う​喫煙​と​は,紙巻き​か​葉巻き​か​を​問わ​ず,また​パイプ​を​使う​か​どう​か​に​かかわり​なく,たばこ​に​火​を​付け​て​その​煙​を​直接​吸う​こと​です​が,原則​は,かみ​たばこ​や​嗅ぎ​たばこ,ニコチン​入り​の​電子​たばこ​など​の​使用​に​も​等しく​当てはまり​ます。