内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2014年6月

命のパンを味わったことがありますか

命のパンを味わったことがありますか

観光 旅行  ベツレヘム     たち は,旧 市街  史跡  幾つ  見て回っ   で,おなか  すかせ,何  地元  食べ物  味わい たい  思っ   まし た。旅行     が,ファラフェル  出す レストラン    留め まし た。ファラフェル  は,味  良い ヒヨコ   つぶし  トマト  玉ねぎ など  野菜  一緒  ピタ  パン  挟ん  食べ物 です。皆 は,この おいしい 軽食  取っ  新た    得,旅  続け まし た。

それら 旅行  たち  知ら なかっ    しれ ませ  が,質素  その ピタ  パン  食べ  こと は,その   経験     最も いわれ  ある 事柄 だっ た,と 言え ます。ベツレヘム  は「パン  家」と いう 意味  あり,その 地域   幾千    から パン焼き  行なわ    まし た。(ルツ 1:22; 2:14)ピタ  パン  今日,ベツレヘム なら では  パン  一つ  なっ   ます。

ほぼ 4,000  前,ベツレヘム から 南方  少し 行っ  場所 で,アブラハム   サラ は,不意  訪れ   3   食事    焼きたて  パン  供し まし た。(創世記 18:5,6)サラ  使っ た「上等  麦粉」は,エンマ 小麦  大麦   だっ    しれ ませ ん。その パン を,大急ぎ  準備  なけれ  なり ませ  でし た。練っ  パン 生地 を,焼く ため に,熱し      置い   だろ   思わ  ます。―列王  一 19:6

そう   記述 から 分かる とおり,アブラハム  家族  自分 たち  パン  作っ  焼き まし た。遊牧 生活  送っ     で,サラ  その  たち は,パン  焼く  に,故郷  ウル  普通  使わ     よう  かまど  使え なかっ  こと でしょ う。また,用い  上等  麦粉 も,地元   穀物  ひい  もの でし た。持ち運べる 手臼 と,恐らく  すり鉢  すりこぎ  使っ    する  は,重 労働 だっ   思わ  ます。

それ から 4 世紀 後,モーセ  律法 は,手臼  借金  担保    取っ   なら ない  いう 規定  あり まし た。手臼   の「魂」つまり 生計  もと だっ  から です。(申命記 24:6)それ  なけれ  家族  日用  パン  作れ なかっ  ため,神  手臼  肝要  もの  ご覧  なっ   です。―「 聖書 時代   ごと  粉ひき  パン焼き」と いう 囲み  ご覧 ください。

  支える パン

聖書   パン   言及   350  あり ます。聖書 筆者 たち  しばしば パン  いう   食物  同義     用い まし た。イエス  教え  とおり,神  仕える   確信  抱い て,「今日 この   ため  パン  わたしたち  お与え ください」と 祈る こと  でき ます。(マタイ 6:11)この「パン」は 食物 一般  指し  おり,イエス  そう 言っ  教え  とおり,わたしたち  日々    得る ため    頼る こと  でき ます。―詩編 37:25

しかし,パン すなわち 食物 より  重要  もの  あり ます。「人 は,パン だけ  よら ず,エホバ   から 出る すべて  ことば  よっ  生き なけれ  なら ない」と イエス  言っ  とおり です。(マタイ 4:4)その 言葉 は,イスラエル     供給   くださる もの  全く 依存     時代  念頭  置い  語ら  まし た。神 から  食物  供給 は,イスラエル   エジプト  出国     なく 始まり まし た。民 が,シナイ 砂漠  入っ  1 か月 ほど 過ぎ  頃,食糧  なくなっ    ため,その 不毛  荒野  餓死   しまう  考え て,エジプト  は「パン  満ち足りる まで 食べ   た」と 不平 不満  述べ   です。―出エジプト 記 16:1‐3

エジプト  パン    良かっ   違いあり ませ ん。モーセ  時代,エジプト   パン焼き 職人 たち  人々  多種 多様  パン  菓子  提供    まし た。と  いえ,エホバ  ご自分    どんな パン  食べ られ ない まま  する こと  など 意図   おら  ませ  でし た。「いま わたし  あなた方  ため   から パン  降らせる」と 約束 なさい まし た。まさに その とおり,天 から  パン が,朝早く 地上  現われ まし た。見  ところ     よう な「細かい 薄片   もの」です。イスラエル  たち は,それ  初めて    て,「これ   だろ う」と 言い合い ます。「これ  エホバ  食物    あなた方  お与え  なっ  パン です」と モーセ  説明  まし た。民  それ  マナ  * 呼び,その パン  その  40  間,民  支え   です。―出エジプト 記 16:4,13‐15,31

当初 イスラエル  は,奇跡  よっ  生じ  マナ  感激    違いあり ませ ん。「蜜  入れ  平焼き 菓子」の よう   で,一人一人  十分    あり まし た。(出エジプト 記 16:18)しかし,時 たつ うち   は,エジプト  食べ    多種 多様  もの  ない こと  不満  思う よう  なり,「目  する もの  いえ  ただ マナ ばかり だ」と 愚痴  言い まし た。(民数記 11:6)後  は,「わたしたち    この 卑しむ べき パン  うんざり  た」と,怒り  ぶちまけ まし た。(民数記 21:5)彼ら  とっ て,「天 から  パン」は 結局,嫌悪    起こさ せる よう  もの  なっ   です。―詩編 105:40

  パン

実際 パン は,他  多く  もの  同様,ある   当たり前  思わ  がち です。しかし 聖書  は,軽んじ   いけ ない 極めて 特別  パン  こと  述べ られ   ます。その パン,すなわち イエス    イスラエル  から ひどく 嫌わ   マナ  なぞらえ  パン は,人  永遠     させる もの です。

イエス は,耳  傾け     たち に,こう 語り まし た。「わたし    パン です。あなた方  父祖  荒野  マナ  食べ まし  が,それでも 死に まし た。これ   から 下っ  来る パン  あり,だれ   それ  食べる   死な ない ため  もの です。わたし   から 下っ    生き  パン です。だれ   この パン  食べる なら,その   永久  生き ます。そして,本当  こと です が,わたし  与える パン  は,世    ため  わたし     です」。―ヨハネ 6:48‐51

  傾け     たち  多く は,「パン」や「肉」の 比喩    意味  理解 でき ませ  でし た。しかし,その 例え は,極めて 適切  もの です。当時  ユダヤ   とっ て,文字どおり  パン   ごと    あり,それ は,古代  イスラエル   とっ  荒野   40 年間 マナ    あっ    同じ です。マナ は,神 から  贈り物 でし  が,人  永遠     させる もの   あり ませ  でし た。一方,イエス  犠牲 は,信仰  働か せる   まさに その よう     させる もの です。イエス  まさしく「命  パン」な  です。

だれ  も,恐らく おなか  すい    は,パン    伸ばす こと でしょ う。そして,そう  た「日用  パン」を   感謝 する   しれ ませ ん。(マタイ 6:11,「欽定 訳」[英語])わたしたち は,おいしい   ぜひ 感謝 する  とも に,イエス  キリスト  いう「命  パン」の 価値  決して 忘れる こと  ない よう   たい もの です。

では,モーセ  時代  感謝    欠け  イスラエル     なり,計り知れない 価値  ある この パン  当たり前  もの   考え   ない こと を,どの よう  示せる でしょ  か。イエス は,「もし わたし  愛する なら,あなた方  わたし  おきて  守り行なう でしょ う」と 言い まし た。(ヨハネ 14:15)ですから,イエス  おきて  守り行なう   は,パン  食べる 喜び  とこしえ まで  味わう  いう 見込み  ある  です。―申命記 12:7

^ 10節 「マナ」と いう  は,ヘブライ  で「それ   か」と いう 意味 の「マーン フー」と いう 表現  由来 する,と 考え られ ます。