アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2014年4月

 聖書    生き方  変える

どの質問にも聖書から答えが返ってきました

どの質問にも聖書から答えが返ってきました
  • 生ま   年: 1950 

  • 生ま   国: スペイン

  • かつて は: カトリック  修道  だっ 

過去  歩み:

わたし  生ま   時,両親  スペイン 北部  ガリシア 地方     規模  農業  営ん   まし た。子ども  8   て,わたし  4   でし た。家庭   は,温かい 雰囲気  あり まし た。当時  スペイン  は,どの    子ども  うち 少なく      神学   修道院  入る   一般  で,我     子ども 3   その   進み まし た。

わたし  13   時,姉  一緒 に,マドリード  修道院  入り まし た。そこ   生活  形式張っ  もの で,友情  なく,ある   規則  祈とう  苦行 だけ でし た。朝早く   黙想 する ため 礼拝   集合 する  です が,わたし  大抵 ぼうっ    いる だけ でし た。その あと,宗教     歌っ  ミサ  あずかり ます。すべて ラテン    で,わたし   ほとんど   理解 でき ず,神  遠い 存在  よう  思え まし た。毎日 が,張り詰め  沈黙  うち  過ぎ  ゆき まし た。姉  偶然 会っ    も,「いと 清き マリア   幸い あれ」と 言う こと しか でき ませ ん。おしゃべり  許さ れる  は,食後  30   だけ でし た。実家   幸福  生活  は,なんと いう 違い でしょ う。わたし  孤独  感じ,よく   こぼし まし た。

  身近  感じ  こと  あり ませ  でし  が,17    に,誓い  立て  修道   なり まし た。それ は,実  ところ,自分  期待      とおり    だけ  こと でし  から,その    なく,本当    召し  受け  そう     どう  疑問  思う よう  なり まし た。修道  たち から は,「その よう  疑念  抱い   たら,地獄  落ちる こと  なる」と 言わ  まし  が,疑念  なくなり ませ  でし た。わたし は,イエス  キリスト  世間   かかわり  絶っ たり  ず,常  人々  教え たり 助け たり   おら   こと  知っ   まし た。(マタイ 4:23‐25)そして,20   なる    もう,修道   いる べき はっきり   理由  なくなっ   まし た。意外   修道院  から は,「迷っ  いる  なら,できる だけ 早く   行っ  ほう  よい」と 言わ  まし た。院長  わたし    修道  たち  影響  及ぼす   恐れ   でしょ う。その よう  わけ で,わたし  修道院  去り まし た。

   戻る と,両親  とても 理解  示し  くれ まし た。でも,村   仕事  なかっ   で,わたし  ドイツ  移住  まし た。弟  そこ    から です。弟 は,国外 在住  スペイン   活発  共産 主義 団体  属し   まし た。わたし は,労働   権利  男女 平等  求め  闘う それら    一緒  いる こと  心地よかっ   で,共産 主義   なり,やがて その 一員  あっ  男性  結婚  まし た。そして,自分  有益  こと    いる  思い,人々  共産 主義  文書  配っ たり,デモ 行進  加わっ たり  まし た。

しかし,時 たつ うち に,また 失望  まし た。共産 主義  たち  多く  場合,自ら 唱え  いる 事柄  実践     ない,と 思っ   です。そう   不信  は,1971   募り まし た。所属 グループ  若者 たち  フランクフルト  スペイン 領事     つけ  全焼    から です。わたし は,憤り  その よう  方法  表明 する   正しく ない,と 思い まし た。

その 後,初めて    出産   時,夫 に,「もう 共産 主義  集会    ない」と 言い まし た。しかし,それ まで  友人  だれ  わたし  赤ちゃん  会い    くれ なかっ   で,とても 寂しく 思い まし た。そして,『人    ため  生き  いる  だろ う。一体,社会  改革  よう  する こと  価値  ある  だろ  か』と 考え まし た。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

1976 年,スペイン   エホバ  証人   人,うち  戸口  やっ   まし た。わたし は,聖書 文書  勧め られ   で,受け取り まし た。そして,二   再び 訪ね    時,苦しみ   平等   公正  つい  矢継ぎ早  質問    です が,驚い  こと に,どの 質問   聖書 から 答え  返っ   まし た。それで,すぐ,聖書 研究  する こと  同意  まし た。

最初  うち は,ただ 知識  関心  あっ  だけ   です が,夫  一緒  エホバ  証人  王国 会館   集会  出席  始め  から,変わり まし た。その  まで  わたしたち   子ども     まし た。証人 たち  親切  も,わたしたち    送り迎え し,集会   子ども  面倒    くれ まし た。わたし  証人 たち  ほのぼの    感情  抱く よう  なり まし た。

それでも  だ,宗教  関し  疑問  残っ   まし た。スペイン  里帰り     は,司祭  あっ  叔父 から 聖書 研究  やめる よう いろいろ 言わ  まし  が,地元  証人 たち  大いに 力づけ  くれ まし た。ドイツ  証人 たち  同じ よう に,わたし  質問  聖書 から 答え  くれ   です。わたし は,ドイツ  戻っ たら 聖書 研究  再開  よう,と   決め まし た。夫  聖書 研究  やめ まし  が,わたし  決意  貫き,1978 年,バプテスマ  受け  エホバ  証人  なり まし た。

どんな   受け  か:

聖書  教える 真理  正確  知っ   で,何  ため  生き,どう 生きる べき か,はっきり 分かる よう  なり まし た。例えば,ペテロ  一 3  1‐4    は,夫 に「深い 敬意」を 抱い て「服し なさい」,また「神    大いに 価値  ある」「温和  霊」を 培い なさい,と 勧め られ  おり,わたし  とっ  それら  原則 は,妻 また 母親     役割  果たす 助け  なっ   ます。

エホバ  証人  なっ て,かれこれ 35   なり ます が,神    する 世界   家族  一員    奉仕 でき,うれしく 思っ   ます。また,子ども 5   うち 4   わたし  同じ よう    仕え  いる  も,喜び です。