内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2014年4月

ご存じでしたか

ご存じでしたか

ローマ 世界  奴隷 たち  どんな 境遇  あっ  でしょ  か。

ローマ  奴隷  首輪

ローマ 帝国  は,大勢  人々 が,武力  征服   て,あるいは 誘拐    奴隷  なり まし た。捕虜 たち  売ら れ,大抵  自分  故郷  家族     見る こと  あり ませ  でし た。

捕虜  うち 農場 労働  また 召使い  され   たち は,死ぬ まで 鉱山  働かさ   多く  奴隷  比べれ ば,まだ まし でし た。奴隷  は,「逃亡     所有   もと  連れ戻し     謝礼   支払わ  ます」と いう,銘  刻ま  た,あるいは   付さ  た,鉄  首輪  強制   はめ られ まし た。繰り返し 逃亡  よう      は,額  fugitivus<フギティーウス>(逃亡 者)の  文字  ある F  いう 焼き印  押さ れる こと  あり まし た。

聖書  フィレモン   手紙  よれ ば,使徒 パウロ  逃亡 奴隷  オネシモ  その 所有   あっ  フィレモン  もと  送り返し まし た。フィレモン   オネシモ  厳しく 罰する 法的 権利  あり まし  が,パウロ  クリスチャン   個人   友情  基づい  フィレモン に,「彼  親切  迎え  あげ  ください」と 頼み まし た。―フィレモン 10,11,15‐18

古代  フェニキア    染料  有名 だっ    なぜ でしょ  か。

現代  レバノン  辺り  位置     フェニキア は,ティルス   染料  生産     知ら    まし た。その 名称  都市 ティルス  由来  ます。古代 イスラエル  ソロモン  は,自国  神殿  一部 に,ティルス 出身  職人    よる「赤紫  染め  羊毛」を 用い まし た。―歴代  二 2:13,14

ティルス  は,当時,最も 貴重  染料 でし た。それ  貴ば      に,生産  多大  労力  要し  から です。まず,漁師 たち   から アクキガイ     * 大量  集め まし た。衣 1    染料  採る  に,その   1万2,000   必要 だっ   です。次 に,それら     から   引き抜い  染料 分泌   取り まし た。染料 生産  たち は,取り集め  大量  分泌     混ぜ合わせ て,3  間,天日 干し   後,容器  入れ  覆い  し,さらに   間,海水   まし た。

フェニキア   何百   も,交易  入植  より,ティルス   市場  染料 生産  能力  保持    まし た。その 染料 生産  名残 が,スペイン  地中海 沿岸 に,また 遠く  西部  カディス 地方    られ ます。

^ 8節 この  は,長さ  5  ない  8  です。