アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2014年3月

 ライフ  ストーリー

弱くても強められています

車椅子  座っ  いる 体重 29    そう  わたし を,強い  思う    ない でしょ う。しかし わたし は,体力  なくなっ    も,内面   強さ    前進    ます。では,わたし  弱い ながら  どの よう  強め られ  生活     か,ご説明  ましょ う。

4   

子ども    振り返る と,両親  一緒  住ん   た,フランス 南部  田舎     幸福  日々  よみがえり ます。父  ぶらんこ  作っ  くれ,わたし    走り回る   大好き でし た。1966 年,エホバ  証人      訪れ    会話 し,話し合い   時間  及び まし た。そして,わずか 7 か月 後,父  エホバ  証人  なる こと  決意  まし た。母  すぐ    歩み  従い,両親  わたし  温かい 家庭 環境    育て  くれ まし た。

わたし  問題  抱え 始め   は,両親    その 故国  ある スペイン  戻っ    なく  こと です。わたし は,手  足首 に,刺す よう  痛み  感じる よう  なり,親  連れ られ  2   いろいろ  医師  訪ね  後,ある 有名  リウマチ 専門     もらい まし た。ところが,その 医師 から 重々しく「もう 手遅れ です」と 言わ れ,母  泣き崩れ まし た。その 冷たい 灰色  部屋 じゅう に,「慢性  自己 免疫 疾患」,「若年  多発  関節 炎」 * いっ  聞き慣れ ない 病名  こだま  まし た。わたし は,10  だっ    ほとんど 理解 でき ませ  でし  が,良く ない 知らせ  ある こと  分かり まし た。

その 医師 は,小児 専門  療養   治療  受ける よう 勧め まし た。わたし  そこ  到着 し,飾り気  ない その 建物   て,困惑  まし た。そこ  規律  厳しい もの で,修道  たち  わたし      切り,地味  制服   させ まし た。わたし  泣き ながら,『ここ   生活  耐え られる だろ  か』と 思い まし た。

エホバ  現実  存在  なる

わたし は,両親 から エホバ  仕える よう 教え られ     で,療養    カトリック  儀式  参加 する こと  拒み まし た。しかし,修道  たち は,わたし  なぜ それ  拒む  か,理解 でき ませ  でし た。わたし  エホバ に,『わたし  見捨て ない  ください』と 懇願  まし た。すると すぐ,エホバ  わたし      回し  守っ  くださっ    よう  思え まし た。愛情 深い 父親 から 温かく,しっかり 抱き締め られ  よう  感じ でし た。

両親 は,土曜   わたし    時間  面会  許さ     て,わたし  信仰  強く 保つ ため  読める よう 聖書  出版   持っ    くれ まし た。子ども たち  通常,自分    持つ こと  でき ませ  でし  が,修道  たち  わたし  自分  聖書    出版   手元  置い  おく こと  許し  くれ まし た。それで,毎日 読む こと  でき まし た。また,ほか     たち に,だれ  病気  なる こと  ない 楽園  なる 地上  永遠  生きる  いう 希望  つい    まし た。(啓示 21:3,4)時   寂しく  悲しく なっ たり   まし  が,エホバ  対する 信仰  信頼  強まっ  いる こと  喜び  感じ まし た。

半年 たっ  ようやく,医師 たち  わたし    帰ら   くれ まし た。病状  和らい  わけ   あり ませ  が,わたし  両親  もと  戻る こと  でき て,うれしく 思い まし た。関節  変形  ひどく なり,痛み  強く なっ て,非常  弱い   13   迎え まし た。それでも,14    に,天    最善  尽くし  仕え よう  決意 し,バプテスマ  受け まし た。しかし,時   失意 落胆  て,「どうして こんな   遭わ なけれ  なら ない  です か。わたし  癒やし  ください。こんな  苦しん  いる     おら  ない  です か」と 祈る こと  あり まし た。

わたし  とっ  若い その  は,とても つらい 時期 でし た。良く  なら ない こと  受け入れ なけれ  なり ませ  でし た。何   つけ  自分 を,とても 健康  快活  友人 たち  比べ  しまい,自分  劣っ  いる よう  思え て,内向   なり まし た。でも,家族  友人 たち  わたし  支え  くれ まし た。アリシア  こと  懐かしく 思い ます。わたし より 20  年上 です が,親友  なり まし た。アリシア は,病気  癒やさ れる   こと  思う よう,また 自分  問題  くよくよ 考える    なく     関心  払う よう 助け  くれ まし た。

人生  有意義  もの  する

18   なっ  病気  また 悪化 し,クリスチャン  集会  出席 する だけ   疲れ果て  しまい まし た。それでも,家  の“余暇”すべて  活用   聖書  注意深く 研究  まし た。ヨブ   詩編  読ん で,エホバ   現在 わたしたち  身体      なく   霊的    世話   くださっ  いる,と いう こと  理解 でき まし た。また,頻繁  祈っ   で,神 から の「普通  超え  その 力」,また「一切  考え  勝る   平和」を 得る こと  でき まし た。―コリント  二 4:7。フィリピ 4:6,7

そして 22    から,車椅子   生活   ざる   なく なり まし た。わたし は,人々  わたし 個人    なく,病弱  女性  車椅子 しか   留め ない    ない か,と 不安 でし た。しかし,車椅子  おかげ  幾らか 自立  き,“のろい”が 祝福  なり まし た。イサベル  いう 友人 から,ある   伝道 活動  一緒  60 時間 費やす  いう 個人   目標  定め   どうか,と 勧め られ   です。

最初 そんな こと  とても でき ない  思い まし  が,エホバ  助け  求め,家族  友人 たち から 支え られ て,やっ   まし た。その 1 か月  瞬く間  過ぎ,自分  不安  気まずさ  克服   こと  気づき まし た。とても 楽しかっ   で,1996   わたし は,正規 開拓   なる こと  決心  まし た。宣教 奉仕  毎月 90 時間  費やす  です。それ  最善  決定 でし た。かつて なく   身近  感じる よう  なり,身体    強く なり まし た。宣教 奉仕  携わる こと  より,自分  信仰  多く    語り,幾          なる よう 助ける こと  でき まし た。

エホバ  ずっ  支え  くださっ  いる

2001   夏,わたし  大きな 自動  事故  遭い,両足  骨折  まし た。激しい 痛み  悩まさ  ながら 病院  ベッド  横たわっ    時,無言  うち に,「どうか エホバ,見放さ ない  ください」と 熱烈  祈り  ささげ まし た。ちょうど その 時,近く  ベッド    女性 が,「エホバ  証人   です か」と 聞い   まし た。わたし は,答える   なかっ   で,ただ うなずき まし た。すると,その  は「あなたたち  こと 知っ  いる わ。いつも 雑誌  読ん  いる  よ」と 言い まし た。わたし は,それ  聞い て,とても 強め られ まし た。そんな 惨め  状態  あっ  も,エホバ  ため  証し でき   です。なんと いう 誉れ でしょ う。

幾らか 回復   わたし は,もう 少し 証言  よう  決意  まし た。母 が,両足  ギプス  はめ  わたし  車椅子  乗せ  病棟  回っ  くれ まし た。毎日,患者    訪ね,「具合  いかが です か」と   かけ て,何らか  聖書 文書   手渡し まし た。その よう    訪ね  回る  体力  消耗  ます が,エホバ  必要    与え  ください まし た。

両親   に。2003 

ここ  年,体  うずき  痛み  増し,しかも   亡くなっ  こと  よる 苦悩  加わり まし た。それでも,積極   見方  保つ よう 努力    ます。できる    いつ  も,友人  親族  一緒  いる よう  する  です。そう する こと  より,自分  抱え  いる 問題  つい  考え ない  いら  ます。独り  いる   は,本  読ん だり,聖書  研究  たり,電話      伝道  たり    ます。

しばしば,目  閉じ て,神  約束   くださっ  いる 新しい   様子  思い描き ます

また,ちょっと   こと  喜び  得る よう      ます。そよ風    香り など  楽しむ  です。そして 感謝  ます。ユーモア  センス  大いに 助け  なり ます。ある 日,伝道      時,友人  わたし  車椅子  押し   て,メモ  取る ため    放し  途端,わたし  車椅子 ごと 坂道  下っ  行き,駐車       ぶつ かっ  しまい まし た。2   も,ショック  受け まし  が,重大  事故   なら なかっ   で,大笑い  まし た。

生活    わたし   でき ない こと  たくさん あり ます。わたし  それら  将来 かなう   呼ん   ます。しばしば,目  閉じ て,神  約束   くださっ  いる 新しい   様子  思い描き ます。(ペテロ  二 3:13)自分  健康 で,行き たい   行き,生活  心ゆく まで 楽しん  いる 様子  想像 する  です。それで,ダビデ   述べ た,「エホバ  待ち望め。勇気  出し,あなた    強く せよ」と いう 言葉    留め   ます。(詩編 27:14)体  ますます 虚弱  なっ   まし  が,エホバ  わたし  強め  くださっ   ます。わたし  相変わらず,弱く   強め られ  いる  です。

^ 6節 若年  多発  関節   は,子ども  かかる 慢性 関節     です。当人    免疫   健康  組織  攻撃   破壊 し,関節  痛み  腫れ  生じ させ ます。