アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2014年3月

中世のスペインで神の言葉を広める

中世のスペインで神の言葉を広める

「スペイン  赴く   は……あなた方  一目 会い,共  過ごし  まず 幾分    満足  得,その 後,途中 まで あなた方  付き添っ  もらっ  そこ  行こ   希望    ます」。―ローマ 15:23,24

これ は,西暦 56  頃,使徒 パウロ が,ローマ  いる 仲間  クリスチャン たち  宛て  書い  言葉 です。パウロ  実際  スペイン まで      どう か,聖書  述べ   ませ ん。いずれ  せよ,パウロ    クリスチャン 宣教  たち  努力  よっ て,西暦 2 世紀 まで  は,神  言葉 聖書 から  良い 知らせ  スペイン  伝わっ  こと は,確か です。

  なく,スペイン  クリスチャン 共同   発展   盛ん  活動 する よう  なり まし た。それ  伴っ て,スペイン  人々 は,聖書  ラテン   翻訳   もらう 必要  感じ まし た。それ は,スペイン  2 世紀 まで ローマ  支配   あり,広大  ローマ 帝国 全域  ラテン   共通   なっ    から です。

ラテン  聖書  必要  満たす

スペイン    初期  クリスチャン  幾つ   ラテン    作り まし た。それら  すべて ウェトゥス  ラティナ  ヒスパナ  いう 呼び名  知ら  まし た。それら ラテン  聖書 は,西暦 5 世紀  ヒエロニムス  有名  ラテン  ウルガタ   完成 する まで,多年  わたり スペイン  流布   まし た。

ヒエロニムス  その   完成    場所  パレスチナ  ベツレヘム でし  が,それ  記録   速さ  スペイン  伝わり まし た。裕福  聖書 研究  だっ  ルシニウス が,ラテン    ヒエロニムス  準備   いる  知り,できる だけ 早く その 新しい   1     たい  思い,写字   6  ベツレヘム  遣わし  訳文  写し  作ら せ,スペイン  持ち帰ら    です。続く  世紀  うち に,ウルガタ   次第 に,ウェトゥス  ラティナ  ヒスパナ  取って代わり まし た。そう   ラテン    あっ   で,スペイン  人々  聖書  読ん  その メッセージ  理解 する こと  でき まし た。しかし,ローマ 帝国  終わり  迎える と,別  言語   翻訳  必要  なっ   まし た。

石板  記さ   聖書

5 世紀  は,西 ゴート     ゲルマン 諸族  スペイン  侵入   結果,イベリア 半島  新た  言語,ゴート     れる よう  なり まし た。それら 侵入  たち は,アリウス 主義    知ら れる 宗派  キリスト   信奉 し,三位一体  退け   まし た。また,聖書  独自  翻訳,すなわち ウルフィラス  ゴート   聖書  携え   まし た。この 聖書 は,西 ゴート    レカーレド  カトリック 教徒  なっ  アリウス 主義  捨てる 6 世紀  まで,スペイン  読ま    まし た。レカーレド は,ウルフィラス 聖書  含め アリウス     すべて 集め    葬り去り まし た。その 結果,ゴート   書物  みな スペイン から 姿  消し まし た。

石板  聖句  ラテン   方言  記さ   いる。西暦 6 世紀

  いえ,神  言葉 は,この 期間   引き続き 広まり まし た。スペイン  は,多く    ゴート   ほか  ラテン    方言  話し   まし た。その 方言   に,イベリア 半島    れる 幾つ   ロマンス   なっ   です。 * ラテン    その 方言  書か   最古  文書 は,西 ゴート  石板  いう 呼び名  知ら    ます。石    書か     から です。それら  6 世紀 ない  7 世紀  もの で,その 一部  は「詩編」と 福音  から 抜き書き   聖句  含ま    ます。ある 石板   詩編 16  全体  記さ    ます。

粗末  石板  記さ   聖句  存在 する こと は,当時,ごく 普通  人々    言葉  読ん  書き写し    こと  示す もの です。読み書き  学ぶ 学童 たち  練習  ため に,教師  聖句  用い    もの  思わ  ます。石板  書写 材料   て,中世  修道院  挿絵 入り  聖書  作る ため  用い られ  高価  羊皮   比べれ ば,安価 でし た。

きらびやか  彩飾    レオン 聖書  細部。この よう  聖書 は,貴重  あっ    いえ,人々      言葉  メッセージ  広める   は,ほとんど   立た なかっ 

スペイン  レオン   ある サン  イシドロ 教会  は,値踏み でき ない ほど 高価 な,挿絵 入り 聖書  1  収蔵     ます。西暦 960   もの で,1,028 ページ から 成り,おおよそ  47 ㌢,横 34  で,重さ  18  あり ます。中世  おける 非常  きらびやか  彩飾    もう 一つ  聖書 は,現在 バチカン 図書   ある,リポル  聖書 で,西暦 1020   もの です。その よう  芸術   生み出す ため に,1   修道  が,頭 文字 1   創作 する    1 日,また 表題   準備 する   1   費やし    しれ ませ ん。しかし,それら  聖書 は,貴重  あっ    いえ,人々      言葉  メッセージ  広める   は,ほとんど   立ち ませ  でし た。

アラビア   聖書

8 世紀  なる   は,イスラム 教徒  イベリア 半島  侵入   結果,スペイン  また   言語  根づき 始め   まし た。イスラム 教徒  入植   は,ラテン  より アラビア    ほう  優勢  なり,この 新しい 言語  聖書  必要  なり まし た。

スペイン  人々 は,西暦 5 世紀 から 8 世紀 まで  ラテン   アラビア   聖書  あっ   で,神  言葉  読む こと  でき 

中世  スペイン  は,聖書 の ― 特に 福音  の ― アラビア    数多く 流布      違いあり ませ ん。8 世紀  は,セビリア  司教 フアン  聖書 全巻  アラビア   翻訳   よう です。残念  こと に,それら アラビア    ほとんど 残っ   ませ ん。福音   10 世紀 半ば  アラビア    一つ が,スペイン,レオン   聖堂  保管     ます。

福音   アラビア  訳。西暦 10 世紀

スペイン    現われる

中世  後期  なっ て,カスティリャ  つまり スペイン   イベリア 半島  人々    使わ  始め,この 新しい 言語    言葉  広める ため  重要  手段  なり まし た。 * 聖句  スペイン   翻訳     初期   は,13 世紀  初期 の「海  越え    証書」と いう   登場  まし た。この   は,イスラエル   旅行  関する 記述  載せ られ  おり,五書<ペンタチューク>その他  ヘブライ  聖書 から  引用 や,福音   書簡  言葉  含ま    ます。

 アルフォンソ 10   聖書  スペイン    翻訳  支援  

教会 当局  この   喜び ませ  でし た。1234 年,タラゴナ 教会 会議 は,現地   聖書   どの   すべて 地元  聖職   引き渡さ   焼却   なけれ  なら ない,と 布告  まし た。それでも,幸い,聖書 翻訳  途絶える こと  あり ませ  でし た。スペイン   散文  創始   みなさ   いる,王 アルフォンソ 10 世(1252 年‐1284 年)は,聖書  新た  言語   翻訳  望み,翻訳  支援  まし た。その 時期 以降  スペイン    は,いわゆる アルフォンソ 以前  聖書 と,その すぐ   現われ  アルフォンソ 聖書  含ま    ます。アルフォンソ 聖書  当時  スペイン         最大  もの でし た。

13 世紀  アルフォンソ 以前  聖書(左)と アルフォンソ 聖書(右)の ページ

それら  聖書  いずれ も,まだ 新しかっ  スペイン   確立  充実  寄与  まし た。学   トマス  モンゴメリー は,アルフォンソ 以前  聖書  関し て,こう 述べ   ます。「この 聖書  訳者 は,正確      言葉  優雅     も,称賛  値する 翻訳  行なっ た。……その 言葉遣い  簡明,明快 で,ラテン   通じ   ない 人々  ため  聖書    必要  こたえる もの  なっ  いる」。

しかし,それら 初期 スペイン  聖書 は,原語 から   なく ラテン  ウルガタ  から  翻訳 でし た。14 世紀  なっ  から,ユダヤ     たち  ヘブライ  聖書  直接 ヘブライ  から スペイン   翻訳   聖書  幾つ  作り まし た。当時,スペイン   ヨーロッパ 最大  ユダヤ  社会  あり,ユダヤ   翻訳  たち  翻訳 作業  ため に,良い ヘブライ  写本  幾つ  参照 する こと  でき   です。 *

その 一例    際立っ  いる  は,15 世紀  完成   アルバ 聖書 です。スペイン  著名  貴族 ルイス    グスマン  ユダヤ  学者 モイセス  アラヘル  委託  て,聖書  きっすい  スペイン   翻訳     です。グスマン は,この 新しい 翻訳  要請 する  当たっ て,理由  2  挙げ,第 1 に「今日  ロマンス  聖書   間違い  多い」,第 2 に「我々  よう  凡人  は,意味  分かり にくい   理解 する  に,ぜひとも 欄外   必要 だ」と 述べ まし た。その  要請 から,当時  人々  聖書  読ん  理解 する こと  鋭い 関心  抱い    こと や,スペイン   すでに 現地   聖書  かなり 流布     こと  分かり ます。

中世  翻訳   写字  たち  おかげ で,スペイン  教養 ある  たち は,自分  言語  聖書  わりと 支障 なく 読む こと  でき まし た。その 結果  関し  歴史   フアン  オルツ  ゴンザレス は,「スペイン  人々  聖書 を,ルター  時代 以前 から ドイツ  英国  人々 より はるか  よく 知っ   た」と 述べ   ます。

「スペイン  人々  聖書 を,ルター  時代 以前 から ドイツ  英国  人々 より はるか  よく 知っ   た」。―歴史  フアン  オルツ  ゴンザレス

ところが,15 世紀  終わり   は,スペイン  異端 審問  が,いかなる 現地   聖書  翻訳  所有  禁じ まし た。聖書  関し  スペイン  長い     包ま れ,禁令  最終   解除  れる まで  3 世紀  経過  ます。その 困難  時代  も,少数 ながら 勇敢  翻訳  たち が,新しい スペイン    作っ て,ひそか  スペイン  持ち込み まし た。 *

中世  スペイン  おける,こう   聖書  歴史 から 明らか  よう に,反対  たち は,様々  方法  全能    言葉  封じ よう     まし た。それでも,そう する こと  でき ませ  でし た。―詩編 83:1; 94:20

聖書 は,多く     精力   努力  よっ て,中世  スペイン  根づい  広まり まし た。現代  翻訳  たち も,聖書  ラテン 語,ゴート 語,アラビア 語,スペイン   翻訳   それら 開拓  たち  足跡  従っ   まし た。その 結果,今日,スペイン   話す 幾百万  いう 人々 が,神  言葉  自分    響く 言語  読める よう  なっ  いる  です。

^ 10節 これら  は,カスティリャ 語,カタロニア 語,ガリシア 語,ポルトガル   含ま  ます。

^ 17節 今日,スペイン   母語  する    は,約 5億4,000万   上り ます。

^ 20節 本誌 2011  12  1   「神  名 ― アルフォンソ    サモラ  本文  正確   追求  た」 いう 記事  ご覧 ください。

^ 23節 本誌 1996  6  1   「スペイン   聖書  ため  カッシオドーロ    ライナ  闘い」 いう 記事  ご覧 ください。