アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2014年2月

 その 信仰  倣う | エリヤ

不公正を目にしながらも耐え忍んだ人

不公正を目にしながらも耐え忍んだ人

エリヤ は,ヨルダン 渓谷  歩い   まし た。遠く  ホレブ  から  へ,もう            です。そして 今,ようやく イスラエル  戻り,故国  おける 様々  変化     まし た。長期  わたっ  干ばつ  影響  薄らい  おり,穏やか  秋雨  降り 始め   て,農夫 たち    すき返し   まし た。土地  いやさ   いる     エリヤ は,幾らか ほっ      しれ ませ  が,やはり 気がかり だっ      こと です。霊的    人々  極めて  健全  状態  あり まし た。依然    バアル 崇拝  災厄  蔓延   おり,エリヤ   行なう べき 事柄  たくさん あり まし た。 *

アベル  メホラ  いう   近く  エリヤ は,大 規模  農業  推し進め られ  いる      まし た。24   雄牛  2  ずつ くびき  つながれ,その 12     並ん で,湿っ  畑地  すき返し,畝  平行     作っ     です。一番 後ろ  1   雄牛  操っ     は,エリヤ  探し     エリシャ でし た。エホバ  エリヤ  後継        おら    です。エリヤ は,かつて   忠節    自分 だけ   思っ     で,その エリシャ  会う こと  切望    違いあり ませ ん。―列王  一 18:22; 19:14‐19

  いえ,自分  責任  一部  委ねる こと や,特権  分け合う こと,あるいは いつ    交替  ざる   ない こと で,幾分 ためらい  あっ  でしょ  か。それ  分かり ませ  が,エリヤ は「わたしたち  同様  感情  持つ 人」だっ   ですから,ちゅうちょ する 可能  など なかっ    言いきれ ませ ん。(ヤコブ 5:17)いずれ  せよ,聖書  は,「エリヤ    ところ  渡っ  行き,自分  職服      投げかけ た」と 記録     ます。(列王  一 19:19)羊  やぎ  毛皮  でき     思わ れる その 職服 は,外とう  あり,エホバ から 特別  任命  受け  いる こと  表わす もの でし  から,それ  エリシャ    投げかけ   は,意味深長  行為 でし た。エリヤ は,後継     エリシャ  任命 せよ,と いう エホバ  命令  進ん  服従  まし た。自分    信じ  従っ   です。

エリヤ  謙遜   エリシャ  自分  後継     任命  

比較  若かっ  エリシャ  ほう は,年長  預言  エリヤ  ぜひ 助け たい  思っ   まし た。エリシャ は,すぐ エリヤ    継い  わけ   なく,約 6  間,謙遜  エリヤ  付き添っ  補佐 し,後  は「エリヤ      注い だ」者    知ら れる よう  なり まし た。(列王  二 3:11)エリヤ  とっ て,その よう  有能  有用  従者  いる  は,実  心強い こと でし た。二   友情  固い   結ば   こと でしょ う。互い  励まし合い,それ が,地  蔓延     ひどい  公正     ながら  耐え忍ぶ うえ で,助け  なっ   違いあり ませ ん。特に  アハブ  邪悪  は,増し加わっ   まし た。

あなた   公正      こと  あり ます か。この 腐敗      大抵 だれ   経験    ます。神  愛する   いれ ば,耐え忍ぶ 助け  なり ます。また,エリヤ  信仰 から いろいろ 学ん   公正  対処 する こと  でき ます。

「立っ て……イスラエル   アハブ  会い  下っ  行け」

エリヤ  エリシャ は,民  霊的  築き上げる ため 懸命  努力  まし た。率先     預言  たち  訓練   よう です。それら 預言  たち は,幾つ   グループ  分け られ   教育  受け       しれ ませ ん。やがて エリヤ は,エホバ から 新た  務め  割り当て られ まし た。「立っ て……イスラエル   アハブ  会い  下っ  行け」と 命じ られ   です。(列王  一 21:18)アハブ       でしょ  か。

アハブ  すでに 背教   なっ  おり,当時 まで  イスラエル 歴代   たち  うち 最悪   でし た。イゼベル  結婚 し,領地   バアル 崇拝  盛ん  ならせ,自ら  それ  加わっ     です。(列王  一 16:31‐33)バアル 崇拝  は,豊饒 祈願  祭儀,儀式     売春,さらに  子ども  いけにえ  含ま    まし た。それ だけ  なく アハブ は,しばらく  に,邪悪  シリア   ベン  ハダド  処刑 せよ  いう エホバ から  命令   背い   まし た。アハブ  ベン  ハダド  処刑  よう   なかっ   は,金銭   利得  見込み  あっ  から  あろ   思わ  ます。(列王  一 20 )しかし 今や,アハブ  イゼベル  貪欲  物質 主義  暴虐 は,かつて なく 著しい もの  なり まし た。

アハブ は,サマリア  宮殿 を ― まさに 巨大  王宮 を ― 持っ   まし  が,37  ほど 離れ  エズレル   宮殿  持っ   まし た。その 別邸  隣接   ぶどう   一つ あり まし た。アハブ  貪欲  も,その わずか  土地,ナボテ  いう   地所  自分  もの   たい  思い まし た。それで,ナボテ  呼び寄せ て,お金    ぶどう   引き換え  その ぶどう   譲っ  くれ,と 持ちかけ まし た。しかし ナボテ は,「私  父祖 たち  世襲 所有   あなた  譲る など,エホバ  見地 から  て,私   考え られ ない こと です」と 言い まし た。(列王  一 21:3)頑固 で,向こう見ず だっ   でしょ  か。多く    そう 思っ   ます が,実  そう   あり ませ ん。ナボテ  エホバ  律法  従っ     です。律法  よれ ば,イスラエル   自分  家族  世襲 所有   恒久   売り渡し   なら なかっ  から です。(レビ 記 25:23‐28)ナボテ  とっ て,神  律法  破る など,考え られ ない こと でし た。ナボテ  信仰  勇気   でし た。アハブ  盾突く   危険  ある こと  知っ    から です。

もちろん アハブ は,エホバ  律法 など      ませ  でし た。自分  思いどおり  なら なかっ  こと で「不機嫌  なり,がっかり  て」家  帰り まし た。「それ から    いす  横たわり,顔  背け て,パン  食べ なかっ た」と 記さ    ます。(列王  一 21:4)イゼベル は,夫  すね  子ども  よう  膨れ     いる     し,即座 に,夫  欲しい もの    入れ させる ため の ― また その 過程 で,廉直  家族  抹殺 する ため の ― 企て  考え出し まし た。

その たくらみ  邪悪   は,がく然  させ られ ます。王妃 イゼベル は,重大  訴え  する 場合,それ  認め られる ため   証人 2   証言  なけれ  なら ない,と いう   律法  知っ   まし た。(申命記 19:15)それで,アハブ    手紙  書き,エズレル  著名   たち に,ナボテ  濡れ衣  着せる   2  見つけよ,と 命じ まし た。死刑  なる 冒とく    訴え よう  いう  です。イゼベル  悪巧み は,なんと   奏し まし た。「どう  よう  ない  たち」2   ナボテ  有罪  する 偽り  証言    結果,ナボテ  石打ち  され  死に まし た。それ だけ   あり ませ ん,ナボテ  息子 たち  殺さ    です。 *列王  一 21:5‐14。レビ 記 24:16。列王  二 9:26)アハブ      放棄    同然 でし た。妻  横暴  振る 舞っ  無実   たち  抹殺 する,と いっ  こと  許し  から です。

想像     ください,エリヤ は,王  王妃    こと   エホバ から 知らさ   時,どんな 気持ち  なっ  でしょ  か。邪悪      ない   打ち負かし  いる よう  思える と,失意 落胆 する もの です。(詩編 73:3‐5,12,13)今日   しばしば,ひどい  公正   られ ます。時  は,神  代理  務め  いる  言う 権力  たち  不正  あり ます。しかし,聖書  この 記述  慰め  見いだせ ます。聖書  ここ で,エホバ    留まら ない もの    ない,と いう 事実  思い起こさ    ます。エホバ  すべて お見通し   です。(ヘブライ 4:13)では,ご覧  なる 悪事  関し て,何  行なっ  おら れる でしょ  か。

「我   よ,あなた  わたし  見つけ   か」

エホバ  エリヤ  アハブ  もと  遣わさ  まし た。アハブ  居所  明示  て,「彼  ナボテ  ぶどう 園……に いる」と お告げ  なっ   です。(列王  一 21:18)アハブ は,イゼベル から,ぶどう   もう あなた  もの   言わ れ,いそいそ  自分  新た  取得   なっ      行き まし た。エホバ  見守っ  おら れる  は,思い   ませ  でし た。その ぶどう   入り,どんな 表情 で,どんな こと  言っ  か,想像     ください。そこ  素晴らしい 菜園   よう と,あれこれ 思い巡らし    こと でしょ う。そこ  突如,エリヤ  現われ まし た。アハブ は,顔  喜び から 一転   怒り  憎しみ  ゆがみ,言葉  吐き捨てる   よう に,「我   よ,あなた  わたし  見つけ   か」と 言い まし た。―列王  一 21:20

「我   よ,あなた  わたし  見つけ   か」

その 言葉   2 種類  愚か   表われ   ます。第  に,「あなた  わたし  見つけ   か」と 言う こと  より,自分  霊的  盲目  ある こと  露呈  まし た。エホバ  前々 から 見つけ  おら  まし た。アハブ  強情   悪い こと  し,イゼベル  邪悪  たくらみ  結果  享受   いる   ご覧  なっ   まし  し,心   まで  て,アハブ  物質  所有   愛する あまり,憐れみ,公正,あるいは 同情   いう 感覚  鈍らせ    こと  ご存じ だっ   です。そして   に,アハブ  エリヤ に「我   よ」と 言う こと  より,エホバ    で,災難  至る 歩み  やめる よう 助け  くれる   対する 憎しみ  露呈  まし た。

わたしたち は,アハブ  愚か  から,重要  教訓  学び取る こと  でき ます。エホバ   すべて お見通し  ある,と いう こと  決して 忘れ   なり ませ ん。エホバ    ある    て,わたしたち  正しい 道筋 から 迷い出る なら,それ  ご存じ  あり,わたしたち  歩み  改める こと    望ま  ます。そして,わたしたち  助ける ため  大抵 は,ご自分  友 ― エリヤ  よう    言葉  仲間  伝える 忠実  人 ― を お用い  なり ます。ですから,神    ある     みなす   大きな 間違い です。―詩編 141:5

   光景  思い描い    ください。エリヤ  アハブ に「わたし  あなた  見つけ た」と 答え   ます。アハブ  事実 どおり,盗人,殺人 者,エホバ   対する 反逆     見つけ   です。その 邪悪  アハブ  立ち向かう  は,どれ ほど 勇気  要っ  こと でしょ う。エリヤ  アハブ    判決  言い渡し まし た。エホバ  全ぼう を ― つまり,邪悪  こと  アハブ  家族 から     広まっ  いる こと を ― ご存じ でし た。それ  エリヤ  アハブ に,神  その 王朝 を「完全  一掃」する こと,滅ぼし絶やす こと  お定め  なっ た,と 告げ まし た。イゼベル も,公正  裁き  下さ れる こと  なっ   まし た。―列王  一 21:20‐26

エリヤ は,人  悪事  不正  働い   難なく   免れ られる,と いう 冷笑   見方  持っ たり   ませ  でし た。そう   見方 は,今日  世界  あり がち です。み言葉 聖書  この 記述  読め ば,エホバ   現実  事態    おら れる だけ  なく,しかる べき   裁き  下さ れる,と いう こと  思い起こせ ます。そして 聖書  予告 どおり,エホバ   公正 すべて  終わらせ  永久  なくす その   来る こと  確信 でき ます。(詩編 37:10,11)しかし,『神  裁き  下す 際,ただ 罰する だけ   だろ  か。憐れみ   示さ れる  だろ  か』と 思う   しれ ませ ん。

「あなた  アハブ が……へりくだっ      か」

エリヤ  驚い  こと でしょ う。神 から  裁き  宣告  アハブ  どう 反応     つい て,こう 記さ    ます。「アハブ  これら  言葉  聞く や,自分    引き裂き,粗布    まとっ た……。彼  断食  続け,粗布    横たわり,しょう然  歩い   た」。(列王  一 21:27)アハブ  悔い改め     でしょ  か。

少なく  も,正しい 方向  動い    言え ます。アハブ  へりくだり まし た。高慢  尊大     難しい こと だっ   違いあり ませ ん。では,それ    悔い改め だっ    どう か,後代    邪悪      アハブ より ひどかっ   思わ れる マナセ  こと  考え   ましょ う。マナセ は,エホバ  罰せ られ  時,へりくだっ  エホバ  助け  叫び求め まし た。しかし,それ 以上  こと   まし た。生き方  改め  証拠   て,かつて 自分  建て  数々  偶像 礼拝     除き去り,エホバ  仕える 努力  し,民   同じ よう  する よう 勧める こと さえ  まし た。(歴代  二 33:1‐17)しかし アハブ  場合,その よう  行動 は,残念 ながら  られ ませ ん。

エホバ は,アハブ  悲しみ  その よう    表わし  いる こと    留め,エリヤ  こう お告げ  なり まし た。「あなた  アハブ  わたし  ゆえに へりくだっ      か。彼  わたし  ため  へりくだっ   で,わたし    時代   災い  もたらさ ない。彼    時代 に,その   災い  もたらす  あろ う」。(列王  一 21:29)エホバ  アハブ  お許し  なっ     あり ませ ん。真  悔い改め  ない 限り,神  そう   憐れみ  差し伸べ られる こと  ない から です。(エゼキエル 33:14‐16)しかし,アハブ  悔恨    幾らか 示し   で,エホバ  それ  見合っ  憐れみ  もっ  お応え  なり まし た。アハブ は,自分  家族 全員  抹殺  れる  いう,見る  無残  経験     すむ こと  なっ   です。

  いえ,アハブ  対する エホバ  裁き  変わっ  わけ   あり ませ ん。エホバ   に,アハブ  だまし  致命   戦闘  加わら せる 最善  方策  つい て,天使 たち  協議   まし た。その    なく,アハブ  対する エホバ  宣告      執行   まし た。戦闘  負傷   アハブ は,兵車    出血 多量  死亡  まし た。記述  は,その 兵車  洗う         なめ   いう,細か   ながら 陰惨  事実  記さ    ます。エリヤ  アハブ  伝え  エホバ  言葉,すなわち「犬  ナボテ    なめ尽くし  その 場所 で,犬  あなた   を,あなた     なめ尽くす  あろ う」と いう 言葉 は,その よう  公然  成就    です。―列王  一 21:19; 22:19‐22,34‐38

    一員  あっ た,エリヤ  エリシャ その他  忠実   たち  とっ て,アハブ  遂げ  最期 は,エホバ  ナボテ  勇気  信仰  忘れ   おら  なかっ  こと  銘記  せる 心強い 諭し  なり まし た。公正   は,悪  対し  処罰  怠っ たり   ず,遅かれ 早かれ 必ず   下さ  ます。また,根拠  あれ  裁き  憐れみ  加味   ます。(民数記 14:18)その こと は,邪悪   アハブ  支配   何十   忍耐     エリヤ  とっ て,実  強力  教訓 でし た。あなた も,不 公正  被害  遭っ  こと  あり ます か。神    正し  くださる   ぜひ  たい  思わ  ます か。そう  あれ ば,エリヤ  信仰  倣う   良い こと です。エリヤ は,忠実  仲間 エリシャ   に,不 公正     ながら  耐え忍ん で,神  言葉  ふれ 告げ つづけ   です。

^ 3節 エホバ  それ 以前 に,雨  降らせ    肥沃  させる     崇拝      バアル  無力   暴露 する ため,3    わたる 干ばつ  生じ させ  おら  まし た。(列王  一 18 )「ものみの塔」2008  1  1   4  1  の「その 信仰  倣う」と いう 記事  ご覧 ください。

^ 13節 もしか  たら イゼベル は,ぶどう   所有   ナボテ  相続     渡っ  しまう  いけ ない  考え て,ナボテ  息子 たち  殺害  せる よう   打っ     しれ ませ ん。その よう  虐げ    なぜ 許さ れる    つい  は,この  「読者  質問」 いう 記事  ご覧 ください。