内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 特集​記事

この戦争で世界は一変した

この戦争で世界は一変した

100​年​前,何千万​人​と​いう​若者​が,自国​で​の​安定​し​た​暮らし​を​後​に​し​て,出征​し​まし​た。愛国​主義​の​波​に​押さ​れ​て​志願​し​た​の​です。1914​年​に​米国​の​一​志願​兵​は,「前途​に​待ち受け​て​いる​素晴らしい​日々​を​思う​と,胸​が​躍り,幸せ​です」と​書き​まし​た。

しかし,そう​し​た​熱意​は​すぐ​悲痛​に​変わり​まし​た。国々​の​大​規模​な​軍隊​が​ベルギー​と​フランス​で​何​年​間​も​動き​が​取れ​なく​なる​と​は,だれ​も​予想​し​て​い​ませ​ん​でし​た。その​戦争​は,当時“大​戦争”と​呼ば​れ,今日​で​は​第​一​次​世界​大戦​と​し​て​知ら​れ​て​い​ます。

この​戦争​は,死傷​者​の​数​から​し​て​確か​に​大戦​でし​た。幾つ​か​の​推定​で​は,死者​が​1,000万​人,手​や​足​を​失っ​た​人​が​2,000万​人​に​も​上っ​た,と​され​て​い​ます。その​戦争​は​また,大​失策​の​結果​で​も​あり​まし​た。ヨーロッパ​の​政治​家​たち​は,国際​的​な​緊張​が​世界​的​な​抗争​へ​と​エスカレート​し​て​ゆく​の​を​阻止​でき​なかっ​た​の​です。そして​恐らく,さらに​重要​な​の​は,“大​戦争”が​大きな​傷跡​を​残し​た​こと​でしょ​う。世界​は​様々​な​面​で​一変​し,その​影響​が​今日​に​まで​及ん​で​いる​から​です。

 過ち​を​重ね​て​信頼​が​損なわ​れ​た

第​一​次​大戦​が​勃発​し​た​の​は,数々​の​誤算​が​あっ​た​から​です。「諸​王朝​の​没落 ― 旧​秩序​の​崩壊 1905​年–1922​年」(英語)と​いう​文献​に​は,ヨーロッパ​の​指導​者​たち​は「夢遊​病​者」の​よう​に​行動​し,「1914​年​の​あの​平穏​な​夏,突然,破滅​と​いう​岩​に​つまずい​た」と​説明​さ​れ​て​い​ます。

オーストリア​皇太子​が​暗殺​さ​れ​て​数​週​間​も​たた​ない​うち​に,ヨーロッパ​の​主要​な​列強​すべて​が,自ら​の​意​に​反し​て​戦争​に​突入​し​て​ゆき​まし​た。戦闘​が​始まっ​て​数​日​後,ドイツ​の​首相​は,「一体​どうして​こんな​こと​に​なっ​た​の​か」と​尋ね​られ​て,残念​そう​に,「だれ​か​知っ​て​いる​人​が​いれ​ば​いい​の​だが」と​答え​まし​た。

その​戦争​に​至る​幾つ​も​の​重大​な​決定​を​下し​た​指導​者​たち​は,結末​が​どう​なる​か,全く​知り​ませ​ん​でし​た。しかし​間​も​なく,ざんごう​の​中​に​い​た​兵士​たち​は,現実​に​気づく​よう​に​なり​まし​た。政治​家​に​失望​さ​せ​られ,聖職​者​に​欺か​れ,司令​官​に​だまさ​れ​た​こと​を​悟っ​た​の​です。どうして​そう​言える​でしょ​う​か。

政治​家​に​失望​さ​せ​られ,聖職​者​に​欺か​れ,司令​官​に​だまさ​れ​た

政治​家​は,「この​戦争​に​よっ​て,より​良い​新​世界​へ​の​道​が​開か​れる」と​約束​し​まし​た。ドイツ​の​首相​は,「我々​は,平和​的​な​産業​の​生み出し​た​もの​を​守り,偉大​な​歴史​の​遺産​を​守り,自分​たち​の​将来​を​守る​ため​に​戦っ​て​いる」と​言明​し​まし​た。米国​の​大統領​ウッドロー​・​ウィルソン​は,この​戦争​は「世界​を​民主​主義​に​とっ​て​安全​な​所​と​する」と​いう​受け​の​いい​スローガン​を​掲げる​こと​に​一役​買い,英国​の​人々​は​大戦​を「戦争​を​終わらせる​ため​の​戦争」と​考え​た​の​です。それら​は​みな,間違っ​て​い​まし​た。

聖職​者​は,熱意​を​こめ​て​大戦​を​支持​し​まし​た。「コロンビア 世界​の​歴史」(英語)と​いう​文献​に​は,「神​の​言葉​の​守護​者​たち​は​戦い​の​音頭​を​取っ​た。国​を​挙げ​て​戦っ​た​結果,国民​全体​が​憎しみ​を​抱く​よう​に​なっ​た」と​あり​ます。そして​聖職​者​は,憎しみ​の​炎​を​鎮める​どころ​か,あおり​まし​た。「キリスト​教​の​歴史」(英語)と​いう​本​に​は,こう​述べ​られ​て​い​ます。「聖職​者​は,キリスト​教​の​信仰​を​国家​主義​に​優先​さ​せる​こと​が​でき​なかっ​た。大体​に​おい​て​その​気​が​なかっ​た。大部分​は​安易​な​逃れ​道​を​選び,キリスト​教​を​愛国​心​と​同一​視​し​た。あらゆる​教派​の​クリスチャン​の​兵士​は,救い主​の​名​に​おい​て​殺し合う​よう​強く​勧め​られ​た」。

司令​官​は,「短​期間​で​簡単​に​勝利​を​収め​られる」と​約束​し​まし​た​が,実際​に​は​そう​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。しばらく​する​と,相対する​軍​が​膠着​状態​に​陥り,その​後,幾百万​人​も​の​兵士​が,歴史​家​の​言う「人​の​肉体​と​精神​が​耐え​て​き​た​試練​の​中​で​最も​残酷​で​大​規模​と​思わ​れる​もの」に​直面​し​まし​た。非常​に​多く​の​人命​が​失わ​れ​て​い​た​に​も​かかわら​ず,司令​官​は​部下​たち​を​敵陣​の​有刺​鉄線​や​機銃​掃射​に​向かっ​て​送り出し​まし​た。ですから,あちこち​で​兵士​が​反乱​を​起こし​た​の​も​意外​な​こと​で​は​あり​ませ​ん。

第​一​次​世界​大戦​は​社会​に​どんな​影響​を​及ぼし​た​でしょ​う​か。ある​歴史​書​に​は,「その​大戦​に​よっ​て……当時​の​人々​の​心​と​人格​も​焦土​と​化し​た」と​いう​退役​軍人​の​言葉​が​引用​さ​れ​て​い​ます。実際,大戦​の​結果,幾つ​も​の​帝国​が​そっくり​消滅​し​まし​た。その​悲惨​な​戦闘​は,人類​史​上​最も​流血​の​多い​世紀​へ​の​序幕​と​なり,革命​や​ストライキ​も,ありふれ​た​こと​の​よう​に​なり​まし​た。

大戦​に​よっ​て​世界​が​すっかり​変わっ​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。大戦​は​大​規模​な​事故​に​すぎ​なかっ​た​の​でしょ​う​か。それら​の​答え​を​知れ​ば,将来​に​つい​て​何​か​分かる​でしょ​う​か。