• 生ま​れ​た​年: 1974​年

  • 生ま​れ​た​国: ラトビア

  • かつて​は: 危険​を​顧み​ない​オートバイ​・​レーサー​だっ​た

過去​の​歩み:

わたし​は​ラトビア​の​首都​リガ​で​生ま​れ​まし​た。姉​と​わたし​は​母子​家庭​で​育ち​まし​た。母​は​カトリック​教徒​でし​た​が,わたしたち​が​教会​に​行く​の​は​宗教​的​な​祝日​の​時​だけ​でし​た。わたし​は​物心​が​つい​て​以来,高い​次元​の​存在​を​信じ​て​は​い​まし​た​が,他​の​様々​な​事柄​に​興味​が​あっ​た​の​で,あまり​深く​考え​ませ​ん​でし​た。

母​は,成長​期​の​わたし​に,物​を​分解​し​て​は​組み立てる​才能​が​ある​こと​に​気づき​まし​た。そして,家​に​は​分解​できる​物​が​たくさん​あっ​た​の​で,わたし​を​一​人​で​留守番​さ​せる​こと​を​いつも​心配​し​て​い​まし​た。それ​で​わたし​に,金属​製​の​部品​で​作る​模型​を​買い与え​て​くれ,わたし​は​喜ん​で​それ​を​組み立て​て​は​分解​し​まし​た。そう​し​た​こと​が​きっかけ​と​なっ​て,オートバイ​に​乗る​こと​に​も​情熱​を​傾ける​よう​に​なり​まし​た。それで,母​は​わたし​を,ゴールデン​・​モペット​と​呼ば​れる​オートバイ​・​レース​に​参加​できる​よう​に​し​て​くれ​まし​た。わたし​は,最初​モペット​つまり​ミニバイク​の​レース,そして​後​に​は​オートバイ​の​レース​に​出る​よう​に​なり​まし​た。

わたし​は,覚え​が​速かっ​た​の​で,この​高速​で​飛ばす​危険​な​スポーツ​で​すぐ​成果​を​上げる​よう​に​なり​まし​た。オートバイ​・​レース​の​ラトビア​選手​権​で​数​回,バルト​諸国​選手​権​で​2​回​優勝​し​まし​た。

聖書​に​よっ​て​どの​よう​に​生き方​が​変わっ​た​か:

選手​と​し​て​絶頂​期​に​あっ​た​頃,ガールフレンド​の​エビヤ(後​に​わたし​の​妻​に​なっ​た​人)が​エホバ​の​証人​と​接する​よう​に​なり​まし​た。エビヤ​は​すでに​証人​たち​の​出版​物​を​入手​し​て​おり,その​出版​物​に​聖書​研究​を​申し込む​ため​の​クーポン​が​付い​て​い​た​の​で,記入​し​て​郵送​し​まし​た。間​も​なく​証人​たち​2​人​の​訪問​を​受け,聖書​研究​が​始まり​まし​た。わたし​は,良い​こと​だ​と​思い​まし​た​が,当時​は​霊的​な​事柄​に​あまり​関心​が​あり​ませ​ん​でし​た。

後​に​わたし​は,エビヤ​の​聖書​研究​に​同席​する​よう​招か​れ​た​の​で,その​とおり​に​し,聞い​た​事柄​に​感心​し​まし​た。特に​感動​し​た​の​は,地上​が​楽園​に​なる​と​いう​聖書​の​約束​です。見せ​て​もらっ​た​詩編 37​編​10, 11​節​など​は​その​一例​で,そこ​に​は​こう​述べ​られ​て​い​ます。「ほんの​もう​少し​すれ​ば,邪悪​な​者​は​い​なく​なる。あなた​は​必ず​その​場所​に​注意​を​向ける​が,彼​は​い​ない。しかし​柔和​な​者​たち​は​地​を​所有​し,豊か​な​平和​に​まさに​無上​の​喜び​を​見いだす​で​あろ​う」。わたし​は​その​約束​に​感激​し​まし​た。

わたし​の​霊的​な​関心​は​強く​なっ​て​ゆき​まし​た。宗教​上​の​偽り​が​非常​に​多い​こと​に​気づく​よう​に​なる​と​とも​に,聖書​の​教え​が​とても​理​に​かなっ​て​い​て​分かりやすい​こと​に​感銘​を​受け​まし​た。

聖書​研究​を​続け​て​ゆく​うち​に,命​が​エホバ​に​とっ​て​どれ​ほど​価値​の​ある​もの,どれ​ほど​貴重​な​もの​か​を​学び​まし​た。(詩編 36:9)その​ため,オートバイ​・​レース​へ​の​出場​に​気​が​とがめ,もう​自分​の​命​を​危険​に​さらす​こと​なく,命​を​エホバ​の​栄光​と​なる​よう​に​用い​たい,と​思う​よう​に​なり​まし​た。それで,レース​に​伴う​名声,栄光,スリル​など​も,わたし​に​とっ​て​重要​で​は​なくなり​まし​た。

自分​に​は​命​の​与え主​に​対し​て​責任​が​ある,と​いう​こと​を​理解​し​まし​た

1996​年,わたし​は,エストニア​の​タリン​で​開か​れ​た​エホバ​の​証人​の​国際​大会​に​出席​し​まし​た。そこ​は,かつて​わたし​が​よく​出場​し​て​い​た​レース​場​から​さほど​遠く​ない​所​です。様々​な​国々​から​来​た​人々​が​一致​し​て​平和​の​うち​に​集っ​て​い​まし​た。その​会場​で​の​こと,ある​証人​が​ハンドバッグ​を​なくし​た​と​聞い​た​わたし​は,もう​戻っ​て​こないだ​ろう​と​思い​まし​た。ところ​が​間​も​なく,本人​の​手元​に​戻っ​て​き​まし​た。しかも,中身​は​何​も​なくなっ​て​い​ませ​ん。別​の​証人​が​見つけ​て​届け​た​の​です。わたし​は​とても​驚き​まし​た。そして,証人​たち​は​本当​に​聖書​の​高い​規準​に​従っ​て​いる,と​いう​こと​が​分かり​まし​た。わたし​は​妻​と​共​に,聖書​研究​を​続け​て​進歩​し,1997​年​に,そろっ​て​バプテスマ​を​受け,エホバ​の​証人​と​なり​まし​た。

どんな​益​を​受け​た​か:

友人​たち​の​幾​人​か​は,荒々しく​高速​で​飛ばす​オートバイ​・​レーサー​と​し​て​命​を​落とし​まし​た。わたし​は​聖書​を​学ん​で,自分​に​は​命​の​与え主​エホバ​に​対し​て​責任​が​ある,と​いう​こと​を​理解​し​まし​た。その​よう​に​理解​し​た​から​こそ​今​も​命​が​ある​の​だ,と​思い​ます。

わたし​は​妻​と​共​に,過去​4​年​間,リガ​に​ある​エホバ​の​証人​の​支部​で​全​時間​奉仕​者​と​し​て​仕える​特権​に​あずかり​まし​た。そして​今​は,子育て​の​喜び​を​味わっ​て​おり,娘​の​アリセ​が​エホバ​を​愛する​人​と​なる​よう,願っ​て​い​ます。わたし​は,毎週​1​日,翻訳​事務​所​で​奉仕​する​特権​を​得​て,自動​車​や​他​の​壊れ​た​物​を​修理​し​て​い​ます。子ども​の​頃​に​覚え​た​技術​を​善用​できる​の​は,本当​に​喜び​です。そう​です,わたし​は​今​で​も,物​を​分解​し​て​は​再び​組み立てる​と​いう​こと​を​し​て​いる​の​です。

わたし​に​とっ​て,唯一​まこと​の​神​に​つい​て​家族​で​一緒​に​証し​できる​の​は,素晴らしい​特権​です。この​すべて​は,聖書​を​学ん​だ​おかげ​です。地上​が​楽園​に​なる​と​知っ​て​人生​が​大きく​変わり​まし​た。