内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

ご存じでしたか

ご存じでしたか

聖書​時代​に​使わ​れ​て​い​た「じん香」と​は​何​でしょ​う​か。

じん香樹​と​は​ジンチョウゲ​科​の​香木​の​こと​だっ​た

聖書​に​よれ​ば,じん香​は,衣​や​寝床​に​香り​を​付ける​ため​に​使わ​れ​て​い​まし​た。(詩編 45:8。箴言 7:17。ソロモン​の​歌 4:14)聖書​で​言う​じん香樹​と​は,ジンチョウゲ​科​の​香木(Aquilaria​の​一​種)の​こと​だっ​た​よう​です。その​香木​は​腐る​と,芳香​の​ある​油​や​樹脂​を​分泌​し​ます。そして,ひい​て​粉末​に​され​て​から,“沈香”もしくは“伽羅”と​し​て​売ら​れ​まし​た。

聖書​で​は,イスラエル​の​天幕​が「エホバ​の​植え​た​じん香樹」に​なぞらえ​られ​て​い​ます。(民数記 24:5,6)これ​は,ジンチョウゲ​科​の​香木​の​樹形​に​言及​し​て​いる​の​か​も​しれ​ませ​ん。その​木​は,枝​を​張っ​て​30​㍍​ほど​の​高さ​に​成長​する​場合​も​あり​ます。現代​の​イスラエル​に​は​あり​ませ​ん​が,「聖書​辞典」(英語)に,「現在[この​地域​で​は]知ら​れ​て​い​ない​これら​の​樹木​が,当時​は​肥沃​で​人口​の​多かっ​た​ヨルダン​渓谷​で​栽培​さ​れ​て​い​た,と​考え​て​も​よい​だろ​う」と​述べ​られ​て​い​ます。

エルサレム​の​神殿​で​捧げ物​と​し​て​受け入れ​られ​た​の​は,どんな​もの​だっ​た​でしょ​う​か。

エルサレム​の​神殿​付近​で​発見​さ​れ​た,粘土​製​の​この​印影​は,約​2,000​年​前​の​もの

神​の​律法​に​よれ​ば,神殿​で​ささげる​どんな​犠牲​も,最良​の​もの​で​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。神​は,欠陥​の​ある​犠牲​を​受け入れる​こと​は​され​ませ​ん。(出エジプト​記 23:19。レビ​記 22:21‐24)西暦​1​世紀​の​ユダヤ​人​著述​家​フィロン​に​よる​と,当時​の​祭司​たち​は,犠牲​用​の​動物​を「頭​の​てっぺん​から​足​の​先​まで」念入り​に​調べ​て,あらゆる​点​で​健全​で「何ら​汚点​も​欠陥​も​ない」こと​を​確かめ​まし​た。

学​者​の​E​・​P​・​サンダーズ​は,こう​述べ​て​い​ます。神殿​の​役人​たち​は​恐らく「犠牲​用​の​動物​を​売る​信頼​できる​者​たち​に,祭司​に​よる​検査​済み​の​動物​や​鳥​だけ​を​売る​許可​を​与え​て​い​た​の​で​あろ​う。その​場合,売り手​は​買い手​に,それ​が​欠陥​の​ない​もの​で​ある​こと​を​示す,ある​種​の​証書​を​渡す​こと​に​なっ​て​い​た」。

2011​年,考古​学​者​たち​は​神殿​の​近辺​で,まさに​その​よう​な​証書​と​言える​物​を​発見​し​まし​た。これ​は,硬貨​ほど​の​大きさ​の​粘土​に​押さ​れ​た​印影​で,西暦​前​1​世紀​から​西暦​70​年​まで​の​期間​の​もの​です。アラム​語​2​語​から​成る​その​銘刻​は,「神​の​ため​に​清い」と​訳さ​れ​て​き​まし​た。神殿​の​役人​が​儀式​用​の​物​や​犠牲​用​の​動物​に​その​よう​な​証書​を​付け​た,と​考え​られ​て​い​ます。