アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2014年1月

 特集記事 | 死んだらそれ終わりです

死別の悲しみ

死別の悲しみ

一般に,死話題すること好まません。しかしだれも,遅かれ早かれ,死ぬことなります。また,死別悲しみは,堪えがたいほど深いものなります。

だれも,親,配偶者,あるいは子ども亡くす準備十分できるなどません。悲劇不意に,あるいは情け容赦なく襲いかかっます。いずれも,死別苦痛回避することできず,悲嘆暮れる場合あります。

父親交通事故亡くしアントニオは,こう説明ます。「自分だれ封鎖取り上げられよう気持ちです。ほんの少し戻ることできません。覚えいる事柄思い出すことしかできないです。これ新た現実です。あまりに不当こと思えるで,現実否定ようも,どうすることできません」。

47亡くし,同じよう経験ドロシーは,納得ゆく答え知りたい思いました。日曜学校先生だっで,『死んだら終わりだ』と思わなかっものの,明確答え知っわけありません。それで,英国国教会牧師に,「死んだらどうなるですか」と尋ねました。すると牧師は,「本当ことだれ知りません。死んない分かりません」と言いました。

実際,死んない分からないでしょか。死んだらそれ終わりどうか,確かこと知る方法ないでしょか。