アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年12月

『その山々からは銅を掘り取ることができる』

『その山々からは銅を掘り取ることができる』

考古    調査   ユダ  荒野  ある 峡谷  洞窟  踏査    て,絶壁    高い     時,一つ  洞窟  見つけ まし た。そこ     価値 ある 物,もしか  たら 古代  工芸  か「死海 写本」の よう  古い 写本  ある でしょ  か。調査   驚き まし た。正真正銘  宝庫  発見    です。それ 以降,そこ  ナハル  ミシュマル  宝物   命名   まし た。

  むしろ  包ま   状態    裂け目  隠さ     その 収集  は,1961  3   発見   まし た。400 余り  物品  大半    製品 でし た。王冠,笏,器具,職 杖,武器 など から 成る 装具 一式  含ま    まし た。発見    それら   は,聖書 読者  とっ  興味深い もの です。創世記 4  22   トバル  カイン  こと が「銅    あらゆる 道具  鍛造 する 者」と 述べ られ  いる から です。

この 宝物   由来  背景  関し  は,多く    まだ   まま です。と  いえ,その 発見  より,聖書     大昔 から   採掘  精錬  鋳造  行なわ    た,と いう こと  分かり ます。

約束       採掘   あっ 

イスラエル   約束    入る 態勢  整え    時,モーセ   に,『その   山々 から    掘り取る こと  できる』と 語り まし た。(申命記 8:7‐9)考古   たち は,イスラエル  ヨルダン  各地 に,フェイナーン,ティムナ,キルバト  エン  ナハス など,古代  鉱石 採掘   精錬   発見  まし た。それら  遺跡    明らか    いる でしょ  か。

フェイナーン  ティムナ  は,辺り 一帯  浅い   点在    ます。少なく   2,000   わたっ  採掘  たち  その     採っ   です。今日  も,そこ  訪れる  は,緑色  斑紋  ある,銅  含ん    かけら  散乱   いる   見る こと  でき ます。古代  採掘  たち は,目  見える 鉱脈 から   採る ため に,骨折っ  石器    掘削  まし た。そして,表面    採り尽くす と,鉄  道具  使っ  さらに 深く 掘り,洞穴  大きく し,縦 また   坑道  掘っ  行き まし た。聖書  ヨブ   は,その よう  採掘 作業  こと  述べ られ   ます。(ヨブ 28:2‐11)それ   労働 でし た。実際,西暦 3 世紀 から 5 世紀 まで ローマ 当局 は,常習     囚人 たち に,フェイナーン   採掘    労働  いう   宣告  まし た。

キルバト  エン  ナハス(「銅  遺跡」の 意)では,スラグ(鉱滓)の 大きな   あり,銅  精錬  産業  なっ    よう です。学  たち は,フェイナーン  ティムナ  いっ  近く  鉱床 から そこ  鉱石  運ん   られ  た,と 考え   ます。鉱石 から   抽出 する   は,炭火  温度   1,200  まで 上げ  8 時間 ない  10 時間 保た せる ため  吹管  足踏み 送風   使わ  まし た。普通,銅   1  抽出 する   鉱石  5  必要 でし た。抽出      鋳型  流し込ま  て,様々  品物  作ら  まし た。

  古代 イスラエル   使わ  

シナイ   ふもと  エホバ  は,地元  採掘  れる この 輝く 金属  幕屋  造営  用いる よう 具体   指示  お与え  なり,後代  エルサレム  神殿  それ  同じ よう    用い  建造   まし た。(出エジプト 記 27 )イスラエル  は,エジプト  移住 する  から 金属 細工  関する 知識  幾らか 持っ     か,あるいは エジプト  いる   その 知識       しれ ませ ん。エジプト  脱出 する  まで  は,鋳物  子牛  作る 技術  持っ   まし た。また,大きな 水盤,なべ,シャベル,肉刺し など,幕屋   奉仕  必要  多く  銅製  品々  作る こと  でき まし た。―出エジプト 記 32:4

   は,荒野  旅し    時,銅  豊富  採れる 地域  あっ  恐らく プノン(現代  フェイナーン  思わ れる)辺り で,マナ  飲料   こと  不平  言い まし た。エホバ      毒蛇  送り込ま れ,多く    死に まし た。イスラエル   悔い改め  後,モーセ  執り成し     で,エホバ  モーセ に,銅    似せ    作っ      掲げる よう お命じ  なり まし た。記録  は,「蛇    かん  場合  も,その     見つめる と,その   生き長らえる   あっ た」と 述べ られ   ます。―民数記 21:4‐10; 33:43

ソロモン   時代   使わ  

エルサレム  神殿  備え付け られ    多く    造ら    

ソロモン  は,エルサレム  神殿  備え付ける   製作  莫大      用い まし た。その 多く は,父親 ダビデ  シリア  征服       もの でし た。(歴代  一 18:6‐8)銅製 の「鋳物  海」すなわち 祭司 たち    洗う ため  用い  大きな 水盤 は,容量   6万6,000   重量   30  あっ た,と 思わ  ます。(列王  一 7:23‐26,44‐46)また,神殿  入口  は,巨大    円柱  2  立っ   まし た。それら  高さ  8  で,頂  高さ 2.2   柱頭  載せ られ   まし た。円柱  中空  なっ   て,銅  厚さ  7.5 ㌢,直径  1.7  でし た。(列王  一 7:15,16。歴代  二 4:17)それら   だけ  も,造る   必要  され    膨大    上っ  こと でしょ う。

  聖書 時代  人々  日常 生活   広く 活用     まし た。例えば,武器,すね当て,楽器,扉 など,銅製    こと  記さ    ます。(サムエル  一 17:5,6。列王  二 25:7。歴代  一 15:19。詩編 107:16)イエス  財布  入れる「銅」の お金  言及 し,使徒 パウロ は「銅 細工  アレクサンデル」の こと  述べ まし た。―マタイ 10:9。テモテ  二 4:14

ナハル  ミシュマル  宝物   関する   はじめ,聖書 時代    財宝  出どころ  解明  よう  する 考古    歴史  は,依然    多く  疑問  抱え   ます。それでも,聖書   記録  確証  なっ  いる とおり,イスラエル   相続   土地  確か に「良い 地」で,『その 山々 から    掘り取る こと  でき た』と いう 事実  変わり  あり ませ ん。―申命記 8:7‐9