アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年12月

 ライフ  ストーリー

エホバへの奉仕を生涯の仕事にして

エホバへの奉仕を生涯の仕事にして

わたし は,1937  1   高校  卒業  て,米国 中西部  自宅 地域 から さほど 遠く ない アイオワ 州立 大学  入学  まし た。授業  受ける ため  通学 する  とも に,授業   払う ため 働か なけれ  なら なかっ   で,ほか  こと  する 時間  ほとんど あり ませ  でし た。若い  から,つり橋  高層 ビル  研究  専念    まし た。

   世界 大戦  米国  参戦     なく,1942   初め 頃,わたし  大学 5   で,あと       建築 工学  学士   取得 可能  なる  いう   こと です。二   ルームメート  共同 生活       です が,その   から「下    連中    いつも 来る」人       たら,と 言わ  まし た。わたし  その 提案 どおり   て,エホバ  証人  ジョン  O  ブレマー  知り合い まし た。その 時,どんな 質問   ジョン  聖書 から 答え られる こと  驚き まし た。それで,ジョン  定期   聖書 研究  始め,やがて,都合  つく    いつ   ジョン  伝道 活動  付い  行く よう  なり まし た。

ジョン  父親 オットー は,アイオワ  ウォルナット  ある 銀行  頭取 だっ    エホバ  証人  なり,その 地位  なげうっ   時間 奉仕     まし た。やがて わたし も,オットー  その 家族  立派  模範  励まさ  て,ある 重大  決定  下す こと  なり まし た。

決定  

ある 日,学部  から,「君  成績  下がっ  いる。過去  良い 評価 だけ  卒業 する こと  でき ない」と 言わ  まし た。わたし は,エホバ   熱烈  祈っ    覚え   ます。導き  与え  くださる よう 願い求め   です。その    なく,工学  教授  もと  呼ば れ,「技師    雇い たい  いう 電報  受け   で,君  意向  尋ね なかっ  が,もう 承諾  返事    あげ  よ」と 言わ  まし た。わたし  教授  感謝  つつ も,自分  エホバ   奉仕  生涯  仕事  する  決意   理由  説明  まし た。そして,1942  6  17   バプテスマ  受け,ほぼ 同時 に,エホバ  証人   時間 奉仕   ある 開拓     奉仕 する よう 任命   まし た。

その 同じ   後日,わたし  召集 令状  受け,徴兵 委員    で,戦争  加わる こと  良心    ない 理由  説明  まし た。また,大学  教授 たち  書い  くれ た,わたし  性格  温厚 で,建築 工学 技術        優秀  ある  いう 供述   提出  まし た。しかし,その よう  良い 証言  あっ    かかわら ず,結局,1万   罰金  課せ られ,カンザス  レベンワース  ある 刑務    5     宣告   まし た。

刑務    生活

今日  レベンワース 連邦 刑務 所。かつて わたしたち  230   投獄     

すでに エホバ  証人  若者 230  余り が,レベンワース 連邦 刑務    施設  ある 受託 農場   懲役   宣告      まし た。わたしたち  その 農場   仕事  割り当て られ,数   看守  監視   ながら 働き まし た。看守 たち    は,クリスチャン     わたしたち  中立  つい  知っ   て,その 立場  好意      まし た。

少数 ながら 協力   看守   て,聖書  集会  定期   開こ   する わたしたち  努力  協力   くれ まし た。また,聖書 文書  刑務    持ち込む 手助け    くれ まし た。「慰め」誌(今 の「目ざめよ!」誌)を 予約   いる 刑務   さえ    です。

釈放 そして 宣教  奉仕

わたし は,5   刑期  うち 3   務め  後,第   大戦  終わっ   か月   1946  2  16   釈放   まし た。そして,すぐ  また 開拓      時間 奉仕  始め まし た。割り当て られ  奉仕 区域 は,なんと カンザス  レベンワース でし た。わたし    重く なり まし た。そこ   エホバ  証人  対する 偏見  強かっ  から です。自活 する ため  仕事  就く こと  難しく,住まい  見つける   もっと 難しい 状況 でし た。

   覚え   ます が,区域     そこ  主人  あっ  看守 から,「ここ から   行け!」と 怒鳴ら   こと  あり ます。その     野球  バット  持っ     で,わたし  恐ろしく なっ て,すぐ  立ち去り まし た。別    は,一   女性 が,「ちょっと 待っ   なさい」と 言っ  ドア  閉め まし た。わたし  待っ  いる と,突然 2     開き,食器  洗っ  あと  汚い   浴びせ られ まし た。それでも,宣教 奉仕   祝福  伴い まし た。後  分かっ  こと です が,聖書 文書  わたし から 受け取っ   たち      エホバ  証人  なっ   です。

1943 年,ニューヨーク  北部 に,宣教   養成 する ため  学校  開設   まし た。わたし   10   クラス  入る よう 招待 され,1948  2  8   卒業  まし た。その 学校 は,ものみの塔 ギレアデ 聖書 学校  呼ば れる よう  なり まし た。卒業  は,黄金 海岸(現在  ガーナ)で 奉仕 する よう 割り当て られ まし た。

黄金 海岸  到着   わたし は,政府  役人 たち  欧米   宣べ伝える 務め  受け まし た。そして,週末   エホバ  証人  一つ  会衆    働き,成員 たち   から    宣教 奉仕  援助  まし た。また,僻地  赴い て,そこ  いる 証人 たち  宣教 奉仕  訓練 する こと   まし た。さらに,近く  象牙 海岸(現在  コートジボワール)で 旅行 する 監督     奉仕  まし た。

わたし は,それら  地域  奉仕   いる  に,地元  アフリカ   同じ 生活  する こと  学び まし た。泥  固め  作っ  小屋  眠り,指  使っ  食事  し,古代 イスラエル   荒野      よう に「外 で」かが     足し   です。(申命記 23:12‐14)その よう     で,わたし  仲間   宣教  たち は,良い 評判  得る こと  でき まし た。地元  役人 たち      は,わたしたち  聖書 研究  する よう  なっ     ます。それで,反対  たち  わたしたち  嫌がらせ  し,わたしたち  ビザ  無効  する 命令  取り付け  時,役人   たち    圧力  かけ,その 決定  翻さ  まし た。

アフリカ  宣教  たち  多く  マラリア  かかり ます が,わたし  かかっ  しまい まし た。寒気   たり 発熱  たり  て,意識  もうろう  し,震え  止める ため  下あご  押さえ なけれ  なら ない  さえ あり まし た。にもかかわらず,その   奉仕  続け,喜び  満足  味わう こと  でき まし た。

アフリカ   最初  4  間,わたし は,米国  離れる   知り合っ    エバ  ホルキスト  文通  まし た。そして,エバ  1953  7  19   ニューヨーク  ヤンキー  スタジアム   エホバ  証人  国際 大会  ギレアデ  21   卒業 する,と いう こと  知り まし た。それで,ある 船長  掛け合い,船  乗組     働き ながら 米国 まで 乗せ  もらう こと   まし た。

荒波  もま れる こと     あり まし  が,22    到着 し,エホバ  証人  ブルックリン 本部  エバ  会う こと  でき まし た。そして,ニューヨーク   高層 ビル   見渡せる,本部  屋上  プロポーズ  まし た。後  エバ は,わたし  一緒  奉仕 する ため 黄金 海岸  やっ   まし た。

家族  顧みる

アフリカ  エバ  一緒  奉仕 する よう  なっ    後,母 から,父  がん  ため 余命 いくばく  ない  いう 手紙  受け取り まし た。それで,エバ   に,特例 休暇  いただい  米国  帰り まし た。父  容体  急速  悪化 し,間  なく 亡くなり まし た。

 に,ガーナ  戻っ  4  経過  よう      頃,わたしたち    具合  とても 悪く なっ  こと  知り まし た。友人 たち から は,母親  世話  する ため  エバ  一緒  帰国 する こと  勧め られ まし た。わたしたち は,かつて なく 決断  難い こと でし  が,宣教  奉仕  続け  15  後 ― 夫婦  始め  から 11   に ― 米国  帰り まし た。

黄金 海岸(現在  ガーナ)の 地元  首長  会っ 

その 後,幾   も,交替    介護 し,母  集会  行ける    連れ  行き まし  が,1976  1  17 日,母  86   亡くなり まし た。しかし,それ から 9  後,さらに 大きな 打撃  受け まし た。エバ  がん  かかっ  いる  診断     です。わたしたち    尽くし  病気  闘い まし  が,エバ  ついに 1985  6  4 日,70   亡くなり まし た。

満足  ゆく 仕事  さらなる 変化

1988 年,わたし  ガーナ  新た  拡張    支部  献堂   招待   まし た。実  素晴らしい 機会 でし た。約 40   ギレアデ 卒業  ガーナ  到着   時,その    エホバ  証人  数百  しか  ませ  でし た。それ  1988  まで  3万4,000   なり,今   11万4,000   達し よう    いる  です。

ガーナ  訪ね  2    1990  8  6 日,わたし は,エバ  親しい 友人  あっ  ベティー  ミラー  結婚  まし た。二   一緒 に,引き続き エホバ   奉仕  生涯  仕事     ます。わたしたち は,楽園  なっ  地上  復活   くる 祖父母  両親 そして エバ  ぜひ 再会  たい,と 願っ   ます。―使徒 24:15

エホバ  わたし  70    わたっ  奉仕  用い    ください まし た。この 大きな 特権  思う と,涙  こみ上げ   ます。それ  しばしば,この 奉仕  生涯  仕事  する よう エホバ  導い  くださっ  こと  感謝    ます。現在 わたし  90   超え   ます が,宇宙  最も 偉大  建築 工学 技術   あら れる エホバ から   勇気  いただい て,今 なお エホバ   奉仕  いう この 生涯  仕事  続け   ます。