アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年11月

 その 信仰  倣う | ラハブ

「業によって義と宣せられた」女性

「業によって義と宣せられた」女性

都市 エリコ  周り  平原  夜明け    照らし 始める と,ラハブ  自分     から   様子  うかがい まし た。そこ   進攻     軍隊 ― イスラエル  軍勢 ― が 集結    ます。その 軍隊  都市  周り  またも 行進  始め,後  ほこり  舞い上がり,再び 角笛  吹き鳴らさ れる   辺り 一帯  響き渡り まし た。

エリコ  ラハブ  生ま  育っ  都市  あり,ラハブ は,市内  あちこち  街路,家々,にぎやか  市場    もちろん,そこ  暮らす 人々  こと  よく 知っ   まし た。そして 今,人々     恐怖   募っ   ます。ここ  日,イスラエル  一日    都市  周り  行進 する  いう 奇妙  儀式  続け    から です。しかし,角笛    エリコ  街路  広場  こだま   も,ラハブ は,住民  同じ よう  恐怖   絶望   抱い   ませ ん。

ラハブ  見守っ  いる と,その 軍隊 は,この      朝早く 行進  始め まし た。イスラエル  兵士 たち  ただ中 で,祭司 たち  角笛  吹き鳴らし,その  エホバ  臨在  象徴 する  なる   担い   ます。ラハブ は,エリコ  大きな 城壁    見下ろせる  から 垂らし  緋色      置い      しれ ませ ん。自分  家族  とっ  その  が,都市  滅び  生き残れる  いう 希望  よりどころ  なっ    から です。ラハブ  反逆  だっ   でしょ  か。もちろん,エホバ  対し   そう   あり ませ ん。エホバ  ラハブ  際立っ  信仰  持ち主    おら  まし た。では,ラハブ  関する 物語  最初 から たどり ながら,どんな こと  学べる  調べ   ましょ う。

遊女 ラハブ

ラハブ  売春  でし た。昔  聖書 注釈     は,その 赤裸々  表現  当惑 し,『ラハブ  宿屋  主人  あっ   すぎ ない』と 主張 する    まし た。しかし 聖書 は,はっきり 述べ  おり,事実  覆い隠そ       ませ ん。(ヨシュア 2:1。ヘブライ 11:31。ヤコブ 2:25)ラハブ  職業  カナン   社会   十分 許容  れる 仕事  あっ た,と 考え られ ます。と  いえ,どんな 文化    育っ     も,良心  いう,エホバ  人間 すべて  お与え  なっ た,正邪  関する 内奥  感覚 は,消え  なくなる もの   あり ませ ん。(ローマ 2:14,15)ラハブ  自分  堕落   生き方    いる こと  痛感 し,恐らくは,今日 そういう 仕事    いる 多く    同じ よう に,『どう する こと  でき ない。家族  扶養   ゆく ため  は,ほか  選択   ない』と 感じ    こと でしょ う。

ラハブ は,もっと 良い 人生  送り たい,と   願っ     違いあり ませ ん。自分    は,近親姦  獣姦  含め 暴力  堕落   行為  はびこっ   ます。(レビ 記 18:3,6,21‐24)その   おける そう     氾濫  は,宗教  大いに 関係    まし た。神殿  は,儀式   売春  推し進め られ,バアル 崇拝  モレク 崇拝 など 悪霊    する 崇拝  は,子ども  いけにえ    火あぶり  する こと  含ま      です。

エホバ は,カナン  行なわ     事柄    つぶっ   おら  ませ  でし た。事実,カナン   習わし      多く  邪悪  事柄  ゆえに,「その   汚れ  おり,わたし  その とが  ゆえに それ  処罰  加え,その   そこ  住む   吐き出す   ある」と 言わ  まし た。(レビ 記 18:25)『その とが  ゆえ  処罰』と は,大まか  言え ば,神 エホバ が,イスラエル  対する 約束 どおり,「これら   国民  あなた   から 徐々  押しのけ られる」こと です。(申命記 7:22)エホバ は,その   アブラハム  一族  与える,と  世紀   から 約束   おら れ,「偽る こと  でき ない」神   です。―テトス 1:2。創世記 12:7

しかし,エホバ  その   幾つ     完全  拭い去ら れる こと  布告 なさい まし た。(申命記 7:1,2)義  かなっ た「全地  裁く 方」と  て,一人一人    読ん で,彼ら    堕落  どれ ほど 根深い   よく ご存じ だっ   です。(創世記 18:25。歴代  一 28:9)ラハブ は,その よう  断罪    都市  住ん   て,どんな 気持ち だっ  でしょ  か。イスラエル  こと  伝え聞い  どう 感じ  でしょ  か。イスラエル   が,エジプト  虐げ られ    ご自分    導い て,当時  世界 最強  戦闘 部隊  ある,エジプト  軍隊  対し  完全  勝利  お与え  なり,今 その イスラエル  エリコ  攻撃  よう     ます。にもかかわらず,この 都市      行ない 続け  いる  です。その こと  考える と,聖書  に,ラハブ  仲間  カナン  たち  こと が「不 従順  行動    たち」と 述べ られ  いる   理解 でき ます。―ヘブライ 11:31

しかし,ラハブ  異なっ   まし た。それ まで   も,イスラエル  その  エホバ  つい  聞い  事柄  熟考       しれ ませ ん。エホバ  カナン   神々   全く 違い ます。自分    犠牲  する どころ    ため  戦う 神,自分  崇拝   堕落  せる どころ  その 道徳   向上  せる  です。女性 を,単なる  関係  対象    売り買い  せ,卑しめ  下劣  崇拝  携わら  たり  ず,貴重  存在    扱う    です。ラハブ は,イスラエル  ヨルダン   向こう  宿営 し,侵入    よう    いる   知っ  時,それ  自分      意味 する   考え  動揺     しれ ませ ん。エホバ は,ラハブ    留め て,その 良い   高く 評価    でしょ  か。

今日,ラハブ  よう    大勢  ます。『自分  生き方   品位  喜び  ない けれど,どう する こと  でき ない』,『自分  だれ     留まら ない  価値  人間 だ』と 思っ   ます。しかし,ラハブ  つい  考えれ ば,神    留まら ない   だれ   ない こと  分かり,慰め られ ます。自分  どれ ほど 卑しく 思え  も,「神 は,わたしたち ひとりひとり から 遠く 離れ  おら れる わけ   あり ませ ん」。(使徒 17:27)ご自分  信仰  置く   は,すぐ そば   て,いつ   希望  差し伸べ  ください ます。ぜひとも 希望  与え たい,と 思っ  おら れる  です。ラハブ   エホバ  信仰  置い  でしょ  か。

彼女  斥候 たち  迎え 

イスラエル  エリコ  周り  行進 する しばらく   ある 日,見知ら     人,ラハブ    戸口  現われ まし た。二          気づか    立ち去る こと  望ん   まし  が,張り詰め  雰囲気  その 都市  は,多く    イスラエル  斥候 つまり スパイ  見つけ よう    配っ   まし た。観察   鋭い ラハブ は,二   応対  て,すぐ  ぴん      しれ ませ ん。見知ら    やっ  来る   異例  こと   なかっ  もの の,その    遊女   なく,宿  求め  だけ だっ  から です。

その   は,まさしく,イスラエル  陣営 から   スパイ でし た。彼ら  司令  ヨシュア が,エリコ  強み  弱み  見極める ため  遣わし   です。エリコ は,イスラエル  進攻  よう      カナン  最初  都市  あり,カナン   最も 強固  都市  あっ   思わ  ます。ヨシュア は,自分  兵士 たち  立ち向かう   様子  つい  知り たい  思っ   まし た。その 斥候 たち  あえて ラハブ    選ん   違いあり ませ ん。どこ より  そこ 遊女   なら,よそ者  も,来  目的  気づか    立ち去れる から です。そして 恐らく,そこで 小耳  挟む 雑談 から 有益  情報   よう   考え     でしょ う。

聖書  よれ ば,ラハブ は「使者 たち  親切  迎え」まし た。(ヤコブ 2:25)家    招き入れ,相手  だれ で,何  ため      感づい      かかわら ず,とどまら  まし た。恐らく,彼ら   エホバ  つい  もっと 知る こと  できれ ば,と 思っ   でしょ う。

ところ  突然,エリコ    使者 たち  やっ   まし た。イスラエル  スパイ  ラハブ      いる,と いう うわさ  広まっ     です。ラハブ  どう する でしょ  か。もし それら よそ者    かばう なら,自分  自分     全員  危険  さらす こと  なら ない でしょ  か。敵陣    かくまう なら,自分 たち 全員  エリコ  人々  殺さ れる    ない でしょ  か。しかし,もう それら    身元  はっきり   おり,自分  崇拝      より エホバ  ほう  はるか  優れ    ある こと  分かっ  いる  ですから,今 こそ エホバ    立つ    ない でしょ  か。

考える   ほとんど あり ませ  でし  が,ラハブ  臨機応変  即座  行動  ます。家  屋上  平ら  床面  亜麻    並べ  乾かし     で,それら    斥候 たち  隠れ させ  あと,王  使者 たち  こう 言い まし た。「そう です,その  たち なら 確か  わたし  ところ  やっ   まし た。でも わたし は,それ  どこ から       知り ませ  でし た。そして,暗く なっ    閉じる ころ に,その  たち    行き まし た。その  たち  どこ  行っ  か,わたし  全く 知り ませ ん。すぐ  追いかけ  ください。追いつける でしょ う」。(ヨシュア 2:4,5)ラハブ    使者 たち    見つめ  いる ところ  想像     ください。自分  心臓  どきどき   いる こと  気づか    まい か,と 不安 だっ  こと でしょ う。

ラハブ は,自分    危うく なる   覚悟 で,エホバ      亜麻      隠れ させ 

策略  うまく ゆき まし た。王  部下 たち  急い  ヨルダン  渡り場    去っ  行き まし た。(ヨシュア 2:7)ラハブ  ほっ    なで下ろし  こと でしょ う。用い  戦術  簡単  もの でし  が,真実  知る 権利  ない 残忍   たち  見当 違い  方向  行か せ,真   エホバ   たち  救え   です。

ラハブ  急い  屋上  戻り,自分    こと     斥候  話し まし た。また,この 肝要  事実,すなわち,エリコ    意気  くじか   おり,進攻   来る  たち  おびえ  いる,と いう こと  明らか   まし た。その 情報  斥候 たち    躍らせ   違いあり ませ ん。それら 邪悪  カナン  たち は,イスラエル   エホバ    おびえる よう  なっ  いる  です。ラハブ  そう 言っ  あと,わたしたち   とっ  非常  重要    明らか  し,「あなた方   エホバ は,上    おい       おい   まさしく 神……です」と 言い まし た。(ヨシュア 2:11)エホバ  つい  どれ ほど 聞い     せよ,少なく  も『イスラエル    信頼  値する』と いう こと  得心 でき,エホバ  信仰  置い   です。

ラハブ は,エホバ  ご自分    勝利  お与え  なる こと  確信    まし た。それで,憐れみ  請い求め,自分  家族    救っ  くれる よう 嘆願  まし た。斥候 たち  承諾 し,ラハブ  内密  保た   なら ず,イスラエル  兵士 たち  ラハブ  その 家族  保護 できる よう,城壁    ある    から 緋色    垂らし  おか   なら ない,と 言い まし た。―ヨシュア 2:12‐14,18

わたしたち  ラハブ から,信仰  つい   肝要  真理  知る こと  でき ます。聖書  述べる とおり,「信仰  聞く 事柄 から 生じる」の です。(ローマ 10:17)ラハブ は,エホバ     公正   つい   信頼 できる 情報  伝え聞い  ゆえ に,エホバ  信仰  信頼  置き まし た。今日  わたしたち は,エホバ  つい   知識  はるか  多く 得る こと  でき ます。では,神  知る よう  努め,神  言葉 聖書 から 学ぶ 事柄  基づい    信仰  置く でしょ  か。

強大  要塞  倒壊 する

   斥候 は,ラハブ  勧め  従っ て,窓 から 垂らし    城壁  伝い 下り,その  ひそか  山地    逃れ まし た。エリコ    は,あちこち   斜面  数多く  洞くつ  あっ て,二   ラハブ から   良い 情報  携え  イスラエル  陣営  安全  戻れる よう  なる まで,そこ    隠す こと  でき  から です。

ラハブ  イスラエル    エホバ  信仰  置い 

  エリコ  人々 は,エホバ  奇跡  より ヨルダン   流れ  断っ  イスラエル  乾い  川床  歩い  渡れる よう  され  こと  知り,きっと 恐れ  抱い  身震い   こと でしょ う。(ヨシュア 3:14‐17)しかし ラハブ  とっ て,その 知らせ は,エホバ  対する 自分  信仰  間違っ   ない こと  ますます 確信  せる もの  なり まし た。

その 後,イスラエル  エリコ  周り  行進 する 長い 日々  あり まし た。一日     行進     続い   です。そして 今日 は,七   です。過去 六日   異なっ   ます。この 記事  冒頭  述べ  よう に,行進      とも  始まり,軍隊  都市  周り  一度 巡回    も,それ  続け,エリコ  周り     行進    ます。(ヨシュア 6:15)イスラエル     する  でしょ う。

ついに その 軍隊 は,この         行進  終える と,立ち止まり まし た。角笛  鳴り 止み,辺り  静まり返り ます。都市   緊張   みなぎっ   違いあり ませ ん。その 時,ヨシュア  一つ  合図  出す と,イスラエル  軍隊  初めて   発し,一斉  力強い 叫び声  上げ まし た。エリコ  城壁      見張り たち は,叫び声  上げる だけ  奇妙  攻撃   考え    たら,その 考え違い  すぐ 気づく こと  なり ます。自分  足元  巨大  城壁  震動  始め,大きく 揺れ  亀裂  走り,崩れ落ち まし た。一   倒壊    です。ところが,ほこり  収まっ  みる と,城壁   部分 だけ 崩れ   ませ ん。ラハブ    残っ   まし た。一   女性  信仰  記念 する   よう に,ぽつん  立っ   ます。ラハブ  気持ち  想像     ください。エホバ  保護   くださっ   です。 * 自分  家族  無事 だっ   です。―ヨシュア 6:10,16,20,21

エホバ   も,ラハブ  信仰  敬意  抱き まし た。城壁  崩壊     1    だけ 残っ  いる    て,エホバ  その 女性    おら   こと  知っ  から です。ラハブ  その 家族 は,この 邪悪  都市  執行    処刑  免れ まし た。その   戦闘  終わっ  から,ラハブ は,イスラエル  宿営  近く  住む こと  許さ  まし た。やがて ユダヤ   一員  なり,サルモン  いう 男性  結婚  まし た。その 息子 ボアズ は,成長   際立っ  信仰    なり,モアブ   ルツ  結婚  まし た。 *ルツ 4:13,22)その 主立っ  家族  家系 に,ダビデ  と,後  メシア  ある イエス  キリスト  生ま  まし た。―ヨシュア 6:22‐25。マタイ 1:5,6,16

こう   ラハブ  物語  振り返る と,エホバ  とっ   意味    だれ   ない,と いう こと  分かり ます。エホバ  どの      留め,心  読ま  ます。そして,ラハブ    生じ    同じ よう  信仰  きらめき  ご覧  なる と,大いに 喜ば  ます。ラハブ  その 信仰  促さ   行動 し,聖書  記さ   いる よう に,「業  よっ    宣せ られ」まし た。(ヤコブ 2:25)その 信仰  倣う   賢明  こと   ない でしょ  か。

^ 27節   斥候  ラハブ  交わし  約束  エホバ  尊重     は,興味深い こと です。

^ 28節 ルツ  ボアズ  つい て,詳しく は,「ものみの塔」2012  7  1   10  1  の「その 信仰  倣う」と いう 記事  ご覧 ください。