一般​に​広まっ​て​いる​概念

「ローマ​・​カトリック​教会,東方​正教会,プロテスタント​教会​と​いう​伝統​的​な​三つ​の​形態​の」キリスト​教​で​は,「ひとり​の​神​に​三つ​の​位格​が​ある,と​され​て​いる。すなわち,父​なる​神​と​子​なる​神​と​聖霊​なる​神​で​ある。キリスト​教​神学​に​よれ​ば,これ​は​三つ​の​神​を​認める​もの​で​は​なく,それら​三​者​が​本質​的​に​一つ​に​なっ​て​いる​の​で​ある」。―新​ブリタニカ​百科​事典(英語)。

聖書​の​教え​て​いる​真実

神​の​子​で​ある​イエス​が,自分​は​天​の​父​と​同等​もしくは​同一​実体​で​ある,と​主張​し​た​こと​は​あり​ませ​ん。それどころか,『わたし​は​父​の​もと​に​行こ​う​と​し​て​い​ます。父​は​わたし​より​偉大​な​方​です』と​言い​まし​た。(ヨハネ 14:28)また,弟子​の​一​人​に,「わたし​は,わたし​の​父​また​あなた方​の​父​の​もと​へ,わたし​の​神​また​あなた方​の​神​の​もと​へ​上る」と​も​告げ​まし​た。―ヨハネ 20:17

聖霊​は​人格​的​存在​で​は​あり​ませ​ん。初期​クリスチャン​は「聖霊​に​満たさ​れ」まし​た。また​エホバ​は,「自分​の​霊​の​幾らか​を​あらゆる​たぐい​の​肉​なる​者​の​上​に​注ぎ​出(す)」と​言わ​れ​まし​た。(使徒 2:1‐4,17)聖霊​は,三位一体​の​一部​で​は​あり​ませ​ん。神​の​活動​力​な​の​です。

真実​を​知る​こと​が​重要​な​の​は​なぜか

カトリック​の​学​者​カール​・​ラーナー​と​ヘルベルト​・​フォルグリムラー​の​説明​に​よれ​ば,三位一体​は「啓示​なく​し​て​は​知り​得​ず,啓示​を​受け​て​も​完全​に​は​理解​し​がたい」事柄​です。だれ​に​せよ,自分​が​知る​こと​も​理解​する​こと​も​でき​ない​相手​を​実際​に​愛する​こと​など​でき​ませ​ん。ですから,三位一体​の​教理​は,神​を​知っ​て​愛する​こと​を​妨げる​もの​な​の​です。

前​の​記事​で​紹介​し​た​マルコ​は,三位一体​を​妨げ​と​みなし​まし​た。こう​言っ​て​い​ます。「神​は​ご自分​が​だれ​な​の​か​を​わたし​に​は​分から​ない​よう​に​し​て​おら​れる,と​思い​まし​た。その​ため,わたし​に​とっ​て​神​は,遠い,謎めい​た,近づき​難い​存在​に​なっ​て​い​まし​た」。しかし,神​は「わたしたち​ひとりひとり​から​遠く​離れ​て​おら​れる​わけ​で​は​あり​ませ​ん」。(使徒 17:27)ご自分​が​だれ​な​の​か,分から​ない​よう​に​は​せ​ず,ご自分​を​知っ​て​ほしい​と​思っ​て​おら​れ​ます。イエス​が,「わたしたち​は​自分​の​知っ​て​いる​もの​を​崇拝​し​て​い​ます」と​述べ​た​とおり​です。―ヨハネ 4:22

マルコ​は,「神​は​三位一体​の​一部​で​は​ない,と​いう​こと​が​分かっ​て,ようやく​神​と​個人​的​な​絆​を​結ぶ​こと​が​でき​まし​た」と​言っ​て​い​ます。わたしたち​も​エホバ​を,他​と​はっきり​区別​できる​人格​的​存在​と​見る​なら,だれ​だ​か​分から​ない​謎めい​た​存在​と​考える​場合​より,愛する​こと​は​ずっ​と​容易​に​なり​ます。「愛さ​ない​者​は​神​を​知る​よう​に​なっ​て​い​ませ​ん。神​は​愛​だ​から​です」と,聖書​は​述べ​て​い​ます。―ヨハネ​第​一 4:8