内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 特集​記事 | 神​を​身近​に​感じ​られ​ない​の​は​なぜか

神は残酷な方とされている

神は残酷な方とされている

一般​に​広まっ​て​いる​概念

「大罪​を​犯し​た​まま​死ぬ​人々​の​霊魂​は,死後​直ちに​地獄​に​落ち,そこで,地獄​の​苦しみ,『永遠​の​火』に​耐え​なけれ​ば​なり​ませ​ん」。(「カトリック​教会​の​カテキズム」,日本​カトリック​司教​協議会​教理​委員​会 訳​・​監修)宗教​指導​者​たち​の​中​に​は,地獄​と​は​神​から​全く​隔絶​さ​れ​た​状態​の​こと​で​ある,と​言う​人​も​い​ます。

聖書​の​教え​て​いる​真実

「罪​を​犯し​て​いる​魂 ― それ​が​死ぬ」。(エゼキエル 18:4)死者​に​は「何​の​意識​も​な(い)」。(伝道​の​書 9:5)そう​書か​れ​て​いる​とおり​魂​は,死ん​で​意識​が​なくなる​の​で,「永遠​の​火」の​中​で​苦しむ​こと​や,神​と​の​絆​が​永遠​に​絶た​れ​た​苦痛​に​あえぐ​こと​など​あり得​ませ​ん。

英訳​聖書​の​中​で​しばしば「地獄」と​訳さ​れる​ヘブライ​語​や​ギリシャ​語​は,実際​に​は​人類​共通​の​墓​を​指し​て​用い​られ​て​い​ます。例えば​ヨブ​は,苦痛​を​伴う​病気​に​かかっ​た​時,「わたし​を​墓​の​中​に[「地獄​に」,「ドウェー​・​レーンス​訳」(英語)]隠し​て​くだされ​ば​よい​の​に」と​祈り​まし​た。(ヨブ 14:13,「聖書 ― 読み​やすい​訳」[英語])ヨブ​は,責め苦​の​場所​に​行っ​て​で​は​なく,また​神​から​疎外​さ​れ​た​状態​に​なっ​て​で​も​なく,墓​に​葬ら​れ​て​休む​こと​を​望ん​で​い​た​の​です。

真実​を​知る​こと​が​重要​な​の​は​なぜか

神​が​残酷​な​方​だ​と​し​たら,だれ​に​せよ​神​を​愛する​こと​など​でき​ませ​ん。不快​に​思う​はず​です。メキシコ​に​住ん​で​いる​ロシーオ​と​いう​女性​は,こう​言っ​て​い​ます。「幼い​頃​から​地獄​の​教理​を​教え​られ​まし​た。とても​怖く​て,神​に​何​か​良い​特質​が​ある​と​は​思え​ませ​ん​でし​た。神​は​怒っ​て​い​て​寛容​で​は​ない,と​思い​まし​た」。

ロシーオ​は,神​に​よる​裁き​や​死者​の​状態​に​つい​て​聖書​中​に​はっきり​述べ​られ​て​いる​事柄​を​知っ​て,神​に​対する​見方​が​変わり​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「感情​面​で​の​大きな​重荷​を​降ろし​た​か​の​よう​で,解放​感​を​味わい​まし​た。『神​は​わたしたち​の​最善​を​望ん​で​おら​れる』,『わたしたち​を​愛し​て​くださっ​て​いる』,『わたし​も​神​を​愛する​こと​が​できる​ん​だ』と​思える​よう​に​なり​まし​た。神​は,我​が​子​の​手​を​引い​て​導く​父親​の​よう​で,ご自分​の​子​たち​に​とっ​て​最善​の​こと​を​望ん​で​おら​れる​の​です」。―イザヤ 41:13

火​の​燃える​地獄​に​落ちる​と​いけ​ない​の​で​敬虔​な​生活​を​送る​よう​努め​た​人​は​少なく​あり​ませ​ん​が,“怖い​の​で​神​に​仕える”と​いう​こと​を​神​は​望ん​で​おら​れ​ませ​ん。イエス​に​よれ​ば,怖がる​の​で​は​なく,「あなた​の​神​エホバ​を​愛さ​ね​ば​なら​ない」の​です。(マルコ 12:29,30)さらに,わたしたち​は,『神​は​今日,不正​を​行なっ​て​は​おら​れ​ない』と​悟る​なら,神​に​よる​今後​の​裁き​も​信頼​でき​ます。ヨブ​の​友​で​あっ​た​エリフ​と​同じ​よう​に,確信​を​こめ​て,「まこと​の​神​が​邪悪​な​こと​を​行なっ​たり,全能​者​が​不正​を​行なっ​たり​する​こと​など​決して​ない」と​言う​こと​が​でき​ます。―ヨブ 34:10