イエス​は,ある​日​エルサレム​で,天​の​父​エホバ​に​つい​て​語り,当時​の​宗教​指導​者​たち​の​教え​が​偽り​で​ある​こと​を​明らか​に​し​まし​た。(ヨハネ 8:12‐30)その​時​の​イエス​の​言葉​から,神​に​つい​て​今日​一般​に​信じ​られ​て​いる​事柄​の​真偽​を​確かめる​方法​が​分かり​ます。イエス​は​こう​言っ​た​の​です。「わたし​の​言葉​の​うち​に​とどまっ​て​いる​なら,あなた方​は​ほんとう​に​わたし​の​弟子​で​あり,また,真理​を​知り,真理​は​あなた方​を​自由​に​する​でしょ​う」。―ヨハネ 8:31,32

イエス​は​ここ​で,「わたし​の​言葉​の​うち​に​とどまっ​て​いる」なら,と​言う​こと​に​より,宗教​上​の​教え​が「真理」つまり​真実​か​どう​か​に​関し,判断​規準​を​定め​て​い​ます。それで,神​に​つい​て​の​説明​を​聞い​た​時​に​は,『これ​は​イエス​の​言葉​や​他​の​聖句​と​調和​し​て​いる​だろ​う​か』と​自問​し​て​み​て​ください。使徒​パウロ​の​話す​事柄​を​聞い​て,「それ[知っ​た​事柄]が​その​とおり​か​どう​か​と​日​ごと​に​聖書​を​注意深く​調べ​た」人​たち​に​倣っ​て​ください。―使徒 17:11

この​特集​記事​の​冒頭​で​紹介​し​た,マルコ,ローサ,レモンド​は,エホバ​の​証人​から​聖書​の​教え​を​学び,それ​まで​信じ​て​い​た​事柄​を​注意深く​調べ​まし​た。どう​思っ​た​でしょ​う​か。

マルコ: 「わたし​と​妻​に​聖書​を​教え​て​くださっ​て​い​た​証人​は,わたしたち​の​抱い​て​い​た​疑問​一つ​一つ​に,聖書​を​開い​て​答え​て​ください​まし​た。エホバ​に​対する​わたしたち​の​愛​は​強まり,夫婦​と​し​て​の​親密​さ​も​深まり​まし​た」。

ローサ: 「当初​わたし​は,聖書​も​神​を​人間​の​推論​に​よっ​て​説明​し​よう​と​する​哲学​書​の​一つ​に​すぎ​ない,と​思っ​て​い​まし​た。しかし,徐々​に​です​が,自分​の​抱い​て​い​た​疑問​の​答え​を​聖書​に​見いだし​まし​た。そして​今,エホバ​は​わたし​に​とっ​て​現実​の​存在​と​なっ​て​い​ます。わたし​の​信頼​できる​方​です」。

レモンド: 「わたし​は​神​に,『あなた​に​つい​て​知る​こと​が​できる​よう​助け​て​ください』と​祈り​まし​た。その​後​ま​も​なく,夫​と​共​に​聖書​を​勉強​する​よう​に​なり​まし​た。そして​ついに,わたしたち​は​エホバ​に​つい​て​真実​を​知っ​た​の​です。エホバ​が​どんな​神​な​の​か​が​分かっ​て,とても​うれしく​思い​まし​た」。

聖書​は,単に​神​に​つい​て​の​うそ​偽り​を​暴露​し​て​いる​だけ​で​は​なく,神​の​魅力​的​な​特質​に​つい​て​の​真実​を​明らか​に​し​て​い​ます。霊感​に​よる​神​の​言葉​な​の​で,「その​ご親切​に​よっ​て​神​から​与え​られ​て​いる​物事​を​わたしたち​が​よく​知る」つまり​真実​を​理解​する​助け​に​なり​ます。(コリント​第​一 2:12)あなた​も,神​に​つい​て,また​人生​の​目的​や​人類​の​将来​に​つい​て,だれ​も​が​抱く​基本​的​な​疑問​に​聖書​が​どう​答え​て​いる​か,調べ​て​み​て​は​いかが​です​か。そう​し​た​疑問​の​答え​は,ウェブサイト​www.jw.org​の「聖書​の​教え > 聖書​の​質問​に​答える」から​お読み​に​なれ​ます。また​ウェブサイト​上​で,あるいは​エホバ​の​証人​の​だれ​か​に,聖書​レッスン​を​申し込む​こと​も​でき​ます。そうすれば,神​を​身近​に​感じ,愛する​こと​が,もしか​し​たら​思いのほか,容易​で​ある​こと​に​お気づき​に​なる​に​違いあり​ませ​ん。