内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2013年9月

 ライフ  ストーリー

貧しくても霊的には富んでいる

貧しくても霊的には富んでいる

  祖父 も,現在  モルドバ  北部  ある コティジャニ  いう 農村  住ん   まし た。家   完成  まま  粗末  もの でし た。わたし は,1939  12   その   生ま  まし た。父  祖父 は,1930 年代  初期 に,エホバ  証人  なり まし た。母 も,祖父  聖書    司祭 より よく 知っ  いる こと  気づい て,エホバ  証人  なり まし た。

わたし  3   時,父  叔父  祖父 が,クリスチャン     中立  立場 ゆえ に,強制 収容   送り込ま  まし た。そして,父 だけ  生き残り,第   大戦   1947  に,背骨  痛め  状態    戻っ   まし た。身体   衰弱      もの の,信仰  うち  堅く 立っ   まし た。

生活  大きく 変わる

わたし  9   時,うち  家族    幾百    モルドバ  エホバ  証人  シベリア  流刑  され ます。1949  7  6 日,家畜 運搬  車両  入れ られ,12    わたっ  6,400     し,レブヤジェ   降ろさ  まし た。そこ   地元  警察   待ち受け   て,証人 たち  小さな グループ  分け られる  すぐ,その 地域 一帯  分散   られ まし た。わたしたち  グループ は,使わ    なかっ  学校  小さな 校舎  住む こと  なり まし た。疲れ切っ て,気持ち  沈ん   まし  が,一緒    ある 年配  女性 が,第   大戦   証人 たち  作曲     口ずさむ と,すぐ    加わり,心  こめ  こう 歌い まし た。

「非常  多く  兄弟 たち が,非常  遠く  流刑  へ,

 へ,北  と,連れ  行か  た。

    行なっ   ため,逆境    言い渡さ  て,死  よう  試練  耐え忍ん だ」。

やがて,わたしたち は,住まい から  13      毎週 日曜   開か れる 聖書  集会  出席 できる よう  なり まし た。冬    まだ 暗い うち から,気温  零下 40   積雪    高さ まで ある  を,歩い  出かける こと  よく あり まし た。そして,19 平方㍍  部屋  わたしたち 50  余り  入り込み まし た。初め    二,三  歌い,心  こもっ  祈り  ささげ,聖書  質問  幾つ  討議  まし た。それ  1 時間  そこら 続き,その あと また      歌っ  から,さらに 聖書  質問  討議  楽しみ まし た。それ  霊的  強め られる 本当  素晴らしい ひととき でし た。

新た  試練  直面 する

ジャンコイ  で。1974  

流刑  され  証人 たち は,1960    以前 より  自由  与え られ   まし た。貧しい 生活 でし  が,わたし  モルドバ  行く こと  でき,そこで ニーナ  知り合い まし た。ニーナ  両親  祖父母  エホバ  証人 です。やがて わたしたち  結婚 し,シベリア  戻り まし た。そして シベリア  1964     ディーナ が,1966    息子  ビクトル  生ま  まし た。それ から 2  後,わたしたち  ウクライナ  移住 し,クリム 半島  ある,ヤルタ  から  160  離れ  都市 ジャンコイ  小さな   住み まし た。

エホバ  証人  活動  依然    ソ連 全土  禁令    あり,クリム   そう でし  が,わたしたち    厳しく 制限      わけ  も,ひどく 迫害      わけ   あり ませ  でし た。その ため,一部  証人 たち    緩め  しまい,シベリア  あれ ほど 苦しん   だから   幾らか 物質   安楽  暮らす ため  骨折っ  働く   いい だろ う,と 考え まし た。

  躍る よう  進展

1991  3  27 日,当時 ソ連    知ら      領域  おける わたしたち  活動 が,法的  認可   まし た。それ  直ちに,全国  7 か所  2    特別 大会  計画   まし た。わたしたち  8  24  から 始まる,ウクライナ  オデッサ   大会  出席 する こと  なり まし た。わたし は,大きな サッカー 競技   大会  開く 準備  手伝う ため,1 か月   到着  まし た。

わたしたち は,何    一生 懸命 働き,夜   よく 競技   ベンチ  眠り まし た。エホバ  証人  女性 たち  チーム  組ん  競技  周辺  駐車   清掃  まし た。運び去ら   ごみ    70    上り まし た。宿舎 部門  働い   たち は,出席 する 予定  1万5,000   宿  見つける ため,市内  探し回り まし た。ところ  突然,ショッキング  知らせ  受け ます。

大会  始まる わずか 5    8  19 日,ヤルタ  近く  休暇  過ごし   た,ソ連  当時  大統領 ミハイル  ゴルバチョフ  拘束  れ,大会  開催 許可  取り消さ   しまっ   です。大会 事務   は,出席 する  たち から,「バス  列車  予約  どう  べき か」と いう 電話  かかっ   始め まし た。大会  組織 する 責任  たち  熱烈  祈り  ささげ  後,「取りあえず,来  ください」と 返答  まし た。

引き続き 準備  進め られ,祈り  ささげ られ   まし た。輸送  担当   部門 は,ソ連 各地 から やっ    出席  たち  出迎え て,それぞれ  宿舎  案内  まし た。大会 委員 たち は,市  役人 たち  会う ため  毎朝,事務    て,毎晩,朗報  なく 帰っ   まし た。

祈り  聞き届け られる

大会      なっ た,8  22 日,木曜 日,大会 委員 たち  良い 知らせ  持っ  戻っ   まし た。そう です,大会  許可     です。わたしたち    開会    祈り  加わり,喜び  あふれ まし た。そして,土曜   結び    終わっ  あと も,夕方 遅く まで そこ  とどまり,会話   友情  新た   まし た。そこ     は,非常  強い 信仰 ゆえに 最も 難しい 試練   耐え  クリスチャン たち でし た。

オデッサ   大会。1991 

その 大会  22  余り  わたっ て,目覚まし  霊的 成長   られ まし た。ウクライナ  至る所  王国 会館  建て られ,1991   2万5,000  だっ  王国 伝道     増加  て,今   15万   超え  いる  です。

   霊的  富ん  いる

わたしたち 家族   も,人口 4万  ほど  都市 ジャンコイ  ある,同じ 小さな   住ん   ます。1968   シベリア から やっ    時,この   エホバ  証人  ほんの  家族 しか  ませ  でし  が,今   会衆  六つ あり ます。

わたし  家族  人数  増え まし た。今  は,わたしたち 夫婦 と,子ども と,孫 と,ひ孫 の,4 世代    エホバ  お仕え    ます。