内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 神​に​近づく

『神の見えない特質は,明らかに見える』

『神の見えない特質は,明らかに見える』

あなた​は​神​を​信じ​て​おら​れ​ます​か。もし​そう​なら,神​の​存在​を​示す​証拠​を​挙げる​こと​が​でき​ます​か。実​の​ところ,知恵​と​力​と​愛​に​満ち​た​創造​者​なる​神​の​存在​を​示す​証拠​は,わたしたち​の​身​の​回り​の​至る所​に​見​られ​ます。その​証拠​は​どんな​もの​で,どれ​ほど​説得​力​が​ある​でしょ​う​か。答え​と​し​て,使徒​パウロ​が​ローマ​の​クリスチャン​に​宛て​た​手紙​の​言葉​を​取り上げ​ましょ​う。

パウロ​は​こう​述べ​て​い​ます。「神​の​見え​ない​特質,すなわち,その​とこしえ​の​力​と​神性​と​は,造ら​れ​た​物​を​通し​て​認め​られる​の​で,世界​の​創造​以来​明らか​に​見える​から​で​あり,それゆえに​彼ら​は​言い訳​が​でき​ませ​ん」。(ローマ 1:20)創造​者​は,ご自分​の​造っ​た​物​に,いわば​証印​を​押さ​れ​た​の​です。パウロ​が​言お​う​と​し​て​い​た​の​は​その​こと​です。では,パウロ​の​言葉​を​さらに​分析​し​て​み​ましょ​う。

神​の​特質​は「世界​の​創造​以来」見える,と​パウロ​は​述べ​て​い​ます。この​文脈​で「世界」と​訳さ​れ​て​いる​元​の​ギリシャ​語​は,地球​で​は​なく​人類​を​指し​て​い​ます。 * ですから,パウロ​が​言っ​て​いる​の​は,人間​は​創造​さ​れ​た​時​から,神​の​お造り​に​なっ​た​物​に​神​の​特質​の​証拠​を​見る​こと​が​できる,と​いう​こと​です。

そう​し​た​証拠​は,至る所​に​あり​ます。自然​界​の​中​に​隠さ​れ​て​いる​の​で​は​なく,「明らか​に​見える」の​です。創造​さ​れ​た​物​は,最大​の​もの​から​最小​の​もの​まで,創造​し​た​方​の​実在​だけ​で​なく,その​方​の​素晴らしい​特質​も,明らか​に​し​て​い​ます。自然​界​が​理知​的​に​設計​さ​れ​て​いる​極めて​明白​な​証拠​は​神​の​知恵​を,満天​の​星​や​砕け散る​荒波​は​神​の​力​を​示し​て​いる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。また,わたしたち​の​味覚​を​楽しま​せる​多種​多様​な​食物​や,美しい​朝焼け​や​夕焼け​は,人類​に​対する​神​の​愛​の​表われ​で​は​ない​でしょ​う​か。―詩編 104:24。イザヤ 40:26

それら​の​証拠​は,どれ​ほど​はっきり​し​た​もの​です​か。それ​は​全く​明白​な​もの​な​の​で,それ​を​見​ず​に​神​を​信じ​よう​と​し​ない​人​は「言い訳​が​でき​ませ​ん」。ある​学​者​は​その​こと​を,こんな​例え​で​述べ​て​い​ます。車​を​運転​し​て​いる​人​が「右折​禁止」と​いう​標識​を​無視​し​て​右折​し​ます。すると,警察​官​に​捕まっ​て​違反​切符​を​切ら​れ​ます。その​時,『標識​を​見​ませ​ん​でし​た』と​言っ​て​も,許し​て​は​もらえ​ない​でしょ​う。その​標識​は​はっきり​見える​もの​で​あり,その​人​の​視力​に​も​欠陥​は​ない​から​です。それ​に,ドライバー​に​は,その​よう​な​標識​を​見​て​注意​を​払う​責務​が​ある​の​です。自然​界​に​見​られる,神​が​実在​する​証拠​も,それ​と​同じ​です。その“標識”は​はっきり​見える​もの​で​あり,わたしたち​に​は​見る​能力​が​あり​ます。ですから,それ​を​無視​し​たら,言い訳​は​でき​ませ​ん。

創造​者​は​ご自分​の​造っ​た​物​に​証印​を​押さ​れ​た

実際,自然​界​と​いう“本”は,それ​を​創造​し​た​神​に​つい​て​多く​の​こと​を​明らか​に​し​て​い​ます。しかし​その​ほか​に,その​神​に​つい​て​は​る​か​に​多く​の​こと​を​明らか​に​し​て​いる​本​が​あり​ます。それ​は​聖書​です。わたしたち​は​聖書​から,この​地球​と​人間​に​対する​神​の​目的​は​何​か,と​いう​非常​に​重要​な​問い​に​対する​答え​を​知る​こと​が​でき​ます。それ​を​知れ​ば,神​に​近づい​て​ゆけ​ます。神​の「見え​ない​特質」は,わたしたち​の​身​の​回り​に「明らか​に​見える」の​です。

8​月​の​聖書​通読​の​範囲

ローマ 1​章–16​章

^ 3節 聖書​に​は,罪​を​受け継い​だ​ため​救い​を​必要​と​し​て​いる「世界」つまり「世」の​こと​も​述べ​られ​て​い​ます。その​よう​な​文脈​で​は,この​語​が​地球​で​は​なく​人類​を​指し​て​いる​こと​は​明らか​です。―ヨハネ 1:29; 4:42; 12:47