アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年8月

 その 信仰  倣う | ノア

彼は「ほかの七人と共に安全に」守られた

彼は「ほかの七人と共に安全に」守られた

ノア  その 家族 は,雨    よう  降っ  来る と,身  寄せ合い まし た。想像     ください,箱船    薄暗がり  ランプ    揺らめき,それぞれ    ぼんやり  見え ます。雨  激しく 屋根  打ち,側面   吹き付ける  に,みな 驚い    丸く    ます。ものすごい        違いあり ませ ん。

ノア は,自分  忠実   と,たくましい 息子 3 人,および それぞれ   から 成る,愛する 家族 一人一人     て,心 から 感謝  たい  思っ   違いあり ませ ん。暗たん     でし  が,自分  最愛  家族  全員,無事 で,共     です。きっと ノア は,家族  代表  て,騒音       聞こえる よう 大きな   感謝  祈り  ささげ  こと でしょ う。

ノア は,際立っ  信仰  持ち主 でし た。その 信仰  ゆえに,神 エホバ  ノア  その 家族  保護 する こと  され   です。(ヘブライ 11:7)では,雨  降り 始め  時,信仰  抱く 必要  なくなっ  でしょ  か。そう   あり ませ ん。試練  なる 日々  待ち受け  おり,引き続き 信仰  必要 でし た。それ  同じ こと が,騒然    現代  わたしたち  つい   言え ます。ですから,ノア  信仰 から どんな こと  学べる か,見   ましょ う。

「四十  四十 夜」

  は,豪雨 が「四十  四十 夜」続き まし た。(創世記 7:4,11,12)水かさ  どんどん 増し  ゆき まし た。そう   状況    ノア は,神 エホバ  義人  保護 する  同時  悪人  処罰  れる    まし た。

その  洪水  よっ て,天使 たち    生じ    反逆  阻止   まし た。それ まで は,サタン  利己   態度  影響    多く  天使 が,天  おける「ある べき 居所」を 捨て  人間  女性  一緒  暮らし,ネフィリム  呼ば れる 混血  子孫  生み出し     です。(ユダ 6。創世記 6:4)サタン は,反逆  そう   進展   て,ほくそ笑ん   違いあり ませ ん。その 反逆  よっ て,地上  おける エホバ  創造  極み  ある 人間  一層 堕落   から です。

しかし,洪水  よる 水かさ  増す と,反逆   天使 たち は,物質    解い    領域  戻ら ざる   ず,再び 肉体  まとう こと  もう でき なく なり まし た。妻  子孫    残し,洪水  人間 社会 もろとも 溺死 する  任せ まし た。

エホバ は,ほぼ 7 世紀   エノク  時代 から 人類 に,邪悪   敬虔  人々  滅ぼす こと  警告   おら  まし た。(創世記 5:24。ユダ 14,15)それ 以降,人々  ますます 悪く なっ て,地  損なわ れ,暴虐  満ちる よう  なっ     です。そして,とうとう 滅び  臨み まし た。そう     執行 を,ノア  その 家族  喜ん  でしょ  か。

その よう  こと  あり ませ ん。彼ら  憐れみ深い  も,喜ん だり  され ませ  でし た。(エゼキエル 33:11)エホバ は,できる だけ 多く    救う ため    尽くし,エノク  用い  警告 させ,ノア   箱船  建造 する よう お命じ  なっ   まし た。ノア  家族  その  仕事  取りかかり,人々    さらさ  ながら 何十    骨折っ  働き まし た。それ だけ  なく,ノア  エホバ  導か  て「義  伝道 者」と    行動  まし た。(ペテロ  二 2:5)それ 以前  エノク  同じ よう に,世  臨も     いる 裁き  つい  人々  警告    です。人々  どんな 反応  示し  でしょ  か。そう   出来事   から     イエス は,後  ノア  時代  人々  こと を,「洪水    彼ら すべて  流し去る  まで 注意  ませ  でし た」と 述べ   ます。―マタイ 24:39

想像     ください。ノア  その 家族 は,エホバ  箱船    閉じ られ  あと,最初  40    どの よう  過ごし  でしょ  か。来る   来る     よう    箱船  降り注ぐ 中,家族 8  は,互い  世話  し,部屋  手入れ  し,囲い    動物 たち  必要    あてがう など,日課   言える 務め  果たして ゆく よう  なっ  こと でしょ う。しかし,ある 日,突然 その 巨大  構築  全体  ぐらっ  揺れ ます。箱船  動い  いる  です。かさ  増す   大きく 揺ら  ながら,どんどん 押し上げ られ  ゆき,『それ   より 高い ところ  浮かび』まし た。(創世記 7:17)全能   エホバ の,実  驚く べき   表われ です。

ノア  感謝      違いあり ませ ん。それ は,箱船  入ら なかっ  人々  滅び去っ   に,自分  家族  安全  守ら   から  あり,また 人々  警告 する ため エホバ  憐れみ  より 用い  いただけ  から   あり ます。かつて 骨折っ  働い      は,報わ  ない よう  思え    しれ ませ ん。人々  全く こたえ応じ ませ  でし た。考え     ください,大 洪水  生じる 以前 ノア   兄弟  姉妹,甥      こと でしょ う。しかし,自分  家族 以外  だれ  聞き従わ なかっ   です。(創世記 5:30)今や 箱船    安全  守ら   八つ   は,過去  振り返り,悔い  ない 穏やか  気持ち     違いあり ませ ん。長い 年月  わたっ  人々 に,生き残る 機会  差し伸べ  から です。

エホバ は,ノア  時代   も,変わっ  おら  ませ ん。(マラキ 3:6)イエス  キリスト  説明  よれ ば,今  時代 は「ノア  日」に よく    ます。(マタイ 24:37)苦難  満ちる 際立っ  時代  あり,腐敗   世界   事物  体制  滅び    過ぎ去る こと  なっ   ます。今日,神    警告  音信 を,聞く  すべて  伝え   ます。あなた  その 音信  こたえ応じ ます か。もし すでに,命  救う その 音信  真理  受け入れ  おら れる なら,あなた  それ     たち  伝える こと  でき ます か。ノア  その 家族 は,わたしたち すべて  倣う べき 模範  残し   です。

『無事    切り抜け た』

うねる 波間  漂う 箱船    は,太い   きしむ   響き渡っ    こと でしょ う。ノア は,波  大きさ  箱船   構造  安全   心配   でしょ  か。いいえ。今日  懐疑 主義  たち  その よう  懸念  抱く   しれ ませ  が,ノア  そう   あり ませ  でし た。「信仰  よっ て,ノア は……箱船  建造  まし た」と 聖書  記さ    ます。(ヘブライ 11:7)何  対する 信仰 でしょ  か。エホバ は,大 洪水    ノア および     いる  たち すべて  無事  切り抜け させる,と いう 契約 つまり 正式  約定  立て  おら  まし た。(創世記 6:18,19)この 宇宙  地球 および そこ  生きる もの すべて  造っ   なら,その 箱船  損なわ  ない よう  保た せる こと  できる    ない でしょ  か。もちろん です。ですから ノア は,エホバ  約束  守っ  くださる,と 信じる こと  でき   です。そして,まさしく ノア  その 家族 は「無事    切り抜け まし た」。―ペテロ  一 3:20

40  40   過ぎ て,ついに   やみ まし た。それ      言え ば,西暦  2370   12    こと です。しかし,箱船      家族  とっ  危険   言える この 状態 は,まだ 終わっ   ませ  でし た。水  山々   まで  すっかり 覆っ  大海原  なり,多く  生き物  載せ  この  だけ  水面  漂っ   まし た。(創世記 7:19,20)ノア は,すべて  動物    与え,清潔  状態 を,そして 健康  保た せる こと  できる よう,比較  きつい 仕事  息子  セム,ハム,ヤペテ  分担   行なっ  こと でしょ う。言う まで  なく,神  それら 野生 動物 すべて を,箱船  入っ  行く ほど 御し やすく させ   ですから,大 洪水  期間   同じ よう  おとなしく させる こと  でき まし た。 *

ノア  出来事  丹念  記録   よう です。その 記録  は,雨  いつ 降り 始め て,いつ まで 続い    記さ   おり,地    150   みなぎっ  こと  明記     ます。ついに,水  引き 始め まし た。そして,記念  べき こと に,ある 日,箱船  静か  地面  下り て「アララト  山」に とどまり まし た。その   現代  トルコ  あり ます。西暦  2369  4   こと でし た。それ から 73    6  に,山々    見える よう  なり,さらに 3 か月   9 月,ノア  箱船  覆い,つまり 屋根  一部  取りのける こと   まし た。重 労働 だっ   思わ  ます が,その   日光   でき,新鮮  空気   一杯  吸える よう  なり まし た。それ 以前  ノア は,外  環境  安全  居住  適し  いる  どう   調べる こと  始め   まし た。1   渡りがらす  放っ   です。その  は,しばらく 行っ たり  たり  て,その      箱船  屋根  留まっ  もの  思わ  ます。その 後,ノア  1   はと  放ち まし た。はと  ノア  もと  戻っ     まし  が,やがて ねぐら  できる   見つけ まし た。―創世記 7:24–8:13

ノア は,最も 暗たん    時代  あっ  も,家族  崇拝  率先    違いない

ノア  日課 は,霊的  事柄  重き  置く もの  あっ   違いあり ませ ん。定期   家族 みんな    祈っ たり,保護   くださっ      つい  語り合っ たり   こと でしょ う。ノア は,重要  決定  する   いつ   エホバ  頼り まし た。箱船    1  余り たっ   が「すっかり 乾い て」いる       さえ,戸  開け  家族  箱船 から 連れ出し たり   ませ  でし た。(創世記 8:14)エホバ  言葉  待った  です。

今日,家族   は,その 忠実   から 非常  多く  こと  学べ ます。ノア  物事  きちんと 行なう,勤勉 で,辛抱強い  で,自分  顧みる べき 家族 全員  よく 保護  まし た。しかし 特に,エホバ   ご意志   より     考える  でし た。わたしたち は,それら    ノア  信仰  倣う なら,自分  愛する 家族 全員  祝福  もたらす こと  でき ます。

「箱船 から  なさい」

ついに エホバ は,命令  出さ  まし た。ノア に,「あなた は,そして あなた  妻,息子 たち,息子 たち     に,箱船 から  なさい」と お告げ  なっ   です。その 命令  従っ て,ノア  家族    出,それ  続い  すべて  動物   まし た。一斉  逃げ出し   混乱  なっ  でしょ  か。いいえ,その よう  こと  あり ませ ん。記録  よれ ば,動物 は「その 種族  したがって 箱船 から  た」の です。(創世記 8:15‐19)外    ノア  その 家族 は,山  新鮮  空気  吸い,アララト  高地  見渡し まし た。清め られ    眼前  広がっ   ます。反逆   天使 たち  ネフィリム  おら ず,暴虐  なく,その 邪悪  社会  跡形  なく 消え去っ   です。 * 人類   出発 できる よう  なり まし た。

 ノア  どう  べき   わきまえ   まし た。まず 崇拝  行なっ   です。祭壇  築い て,神 から 清い  みなさ   動物 ―「七  ずつ」箱船  入れ られ    もの ― の  から     エホバ   焼燔  犠牲    ささげ まし た。(創世記 7:2; 8:20)その 崇拝  エホバ  喜ば   でしょ  か。

うれしい こと  聖書  は,その 答え   て,「エホバ  安らぎ  香り  かぎ はじめ られ た」と 述べ られ   ます。神 は,ご意志  行なお   決意   いる 地上  忠実  崇拝   家族     て,人類  世界  暴虐  満たし      心痛  忘れ,安らぎ  快さ  味わう よう  なら    です。と  いえ 彼ら に,完全  ある こと  期待   おら   わけ   あり ませ ん。今  聖句  続き に,「人    傾向  その 年若い  から 悪い」と 記さ    ます。(創世記 8:21)エホバ  人類  対する 辛抱強さ  伴う 同情   その  どの よう  表明    か,見   ましょ う。

  地面  対する のろい  解か  まし た。かつて アダム  エバ  反逆    に,神  その のろい  ことば  述べ,農耕  非常  難しく され まし た。ノア   レメク は,息子 を ― 恐らく「休息」もしくは「慰め」と いう 意味 の ― ノア  名づけ,息子  人類  その のろい から  休息  得る 時代   導く こと  予告    まし た。ノア は,これ から その 預言  成就     以前 より  農耕  やすく なる,と 考え    輝か    違いあり ませ ん。ノア  すぐ  農業  始め   も,もっとも  こと です。―創世記 3:17,18; 5:28,29; 9:20

ノア  その 家族 は,箱船 から  て,清め られ    降り立っ 

同時  エホバ は,ノア  子孫 すべて に,生き  ゆく うえ   指針  なる 幾つ   明確  簡潔  律法  お与え  なり まし た。その   は,殺人    誤用   禁ずる 命令  含ま    ます。神  また,人類  対し  一つ  契約  立て て,地上   生物  滅ぼす  洪水     生じ させる こと   ない,と  約束   まし た。そして,その 信頼   示す しるし   て,人類  初めて  壮麗  自然 現象  ある   お見せ  なり まし た。今日   わたしたち は,虹  見る  に,エホバ  愛情 深い 約束  思い起こし  慰め  得る こと  でき ます。―創世記 9:1‐17

ノア  物語 は,単なる 作り話    あれ ば,その   関する 記述  終わっ     よかっ  でしょ う。しかし,ノア  実在  人物  あり,その 人生  決して   もの   あり ませ  でし た。長寿  普通 だっ  その 時代,忠実  ノア は,さらに 350  耐え忍ば なけれ  なら ず,その   多く  心痛  経験  まし た。ある  など は,酩酊 する こと  より 重大  過ち  犯し,その とが は,孫  カナン  一層 重大    犯す こと  より 増大  まし た。カナン    よっ  カナン  家族  悲惨  結果  臨ん   です。ノア  長生き  て,自分  子孫  ニムロデ  時代  偶像 礼拝  暴力 行為 など    陥る    まし た。と  いえ,明るい   あり,息子  セム  その 家族  倣う べき 立派  信仰  模範  示す    まし た。―創世記 9:21‐28; 10:8‐11; 11:1‐11

わたしたち は,ノア  同じ よう に,信仰    おい  耐え忍ば なけれ  なり ませ ん。身近  いる  たち  まこと    無視      も,さらに    仕える こと  やめ     も,ノア  よう  歩み 続ける 必要  あり ます。エホバ  その よう  忠実  忍耐  高く 評価   ください ます。イエス  キリスト  述べ  とおり,「終わり まで 耐え忍ん    救わ れる」の です。―マタイ 24:13

^ 17節 ある  たち は,神  それら  動物  冬眠  よう   活動   状態  させ    必要  減らし     しれ ない,と 述べ   ます。その 真偽  ともかく,神  ご自分  約束 どおり,箱船  入っ  すべて  もの  無事  生き残れる よう  され  こと  確か です。

^ 22節 地上 から  エデン    痕跡  なくなり まし た。大 洪水  消え去っ   考え られ ます。そう  あれ ば,園  入口  守っ    ケルブ たち は,その 時,天  戻る こと  でき,1,600   及ん  その 任務  ついに 終わり まし た。―創世記 3:22‐24