アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年7月

 聖書  つい   話し合い

神は人の苦しみを気にかけておられますか

神は人の苦しみを気にかけておられますか

以下 は,エホバ  証人  近所    行なう 話し合い  典型    です。エホバ  証人  メグ が,サラ  いう 女性    訪ね    ましょ う。

どうして こんな こと  起きる  です 

メグ: 今日  ご近所  皆さん に,これ  差し上げ   ます。「真理  知り たい  思わ  ませ  か」と いう パンフレット です。どうぞ。

サラ: これ,宗教   すね。

メグ: そう です。ここ   六つ  質問  載せ られ   ます が,どの 質問 が……

サラ: あのー,わたし  話し   時間  無駄 です よ。

メグ: あら,どうして です か。

サラ: わたし    信じ  なんか  ませ  から。

メグ: そう です か。率直  答え  くださっ て,ありがとう ござい ます。これ まで ずっ  そう だっ   です か。

サラ: いえ,若い   教会  通っ   まし た。でも,ずっ    やめ まし た。

メグ: そう でし  か。ところで,わたし  メグ  言い ます が,奥様 は?

サラ: サラ です。

メグ: そう です か。どうぞ よろしく。サラ さん,わたし  自分  信仰  押しつけ    わけ   あり ませ  が,差し支え なけれ ば,神  存在  信じ られ なく なっ  わけ  教え  いただけ ませ  か。

サラ:  は,17      交通 事故  巻き込ま  て。

メグ: まあ。けが  され   です か。

サラ: ええ。それ 以来,体  麻痺   しまっ   です。

メグ: それ  お気   です。辛い です ね。

サラ: 本当    いる  なら,どうして こんな こと  起きる  だろ う,っ  考え  しまう  です。神  なぜ こんな 苦しみ  許さ れる  です か。

理由  尋ねる   間違っ  こと です 

メグ: そういう 気持ち  なっ て,その よう  疑問  抱く  は,無理  ない こと です。苦しみ  遭え ば,だれ  も『なぜ』と 考え ます もの。実際,聖書 時代  忠実   たち  さえ,そう 考え まし  から ね。

サラ: えっ,本当 です か。

メグ: 本当 です よ。聖書 から 実例    いただけ ます か。

サラ: ええ,ぜひ。

メグ: 忠実  預言  ハバクク      尋ね  か,ご覧 ください。ハバクク 1   2   3  こう 書か    ます。「エホバ よ,いつ まで わたし  助け  叫び求め なけれ  なら ない  です か。そして あなた  聞い  くださら ない  です か。いつ まで わたし  暴虐 から  救助  呼び求め,そして あなた  救っ  くださら ない  です か。有害  事柄  わたし   させ,あなた  難儀  ただ   おら れる   どうして です か」。こう   問いかけ は,サラ さん  抱い  おら   疑問  よく   いる    ない でしょ  か。

サラ: あら,そう です ね。

メグ: エホバ  は,その よう  こと  尋ね  ハバクク  叱っ たり  され ませ  でし  し,『あなた   もっと 信仰  必要 だ』など  言っ たり  され ませ  でし た。

サラ: 本当  すね ー。知り ませ  でし た。

エホバ  苦しみ    耐え 難く 感じ  おら れる

メグ: 聖書 は,神    苦しみ  知っ  おら れ,気遣っ  おら れる,と 教え   ます。

サラ: 気遣っ  くださっ  いる  です か。

メグ: はい,その 良い  が,出エジプト 記 3  7   あり ます。この   読ん  いただけ ます か。

サラ: いい です よ。「すると エホバ  なおも こう 言わ  た。『わたし は,エジプト  いる わたし    苦悩  確か   た。彼ら  駆り立て  働か せる  たち ゆえ  その 叫び  聞い た。わたし  彼ら  忍ぶ 苦痛  よく 知っ  いる   ある』」。

 メグ: ありがとう ござい ます。この 聖句  よれ ば,神  ご自分    苦しん    時,その こと  知っ  おら   でしょ  か。

サラ: そう です ね。知っ  おら   よう です ね。

メグ: しかも,何  起き  いる  気づい  おら   だけ,と いう わけ   あり ませ ん。もう 一度,この   最後  部分  ご覧 ください。神 は「彼ら  忍ぶ 苦痛  よく 知っ  いる」と 言っ  おら  ます。冷たく  近寄り 難い   言葉  よう  思え ます か。

サラ: いいえ,そう   あり ませ  ね。

メグ: もちろん,ある 状況  気づい  も,それ    動かさ れる,つまり その 状況    感情  かき立て られる   限り ませ   ね。

サラ: ええ,そう 思い ます。

メグ: この こと  念頭  置い て,神    苦しん    もう 一つ     こと  つい  読ん   ましょ う。イザヤ 63  9   記さ    ます。この   最初  ところ に,「彼ら  苦難  遭っ  いる とき,どの 苦難    苦難  与える もの  あっ 」と あり ます ね。どう でしょ う,神  ご自分    苦しみ      感じ  おら   でしょ  か。

サラ: 確か に,感じ  おら   よう です ね。

メグ: そう です,神  わたしたち  こと  深く 気遣い,わたしたち  苦しむ     耐え 難く 感じ  おら  ます。わたしたち  辛い 時,神  辛い 思い  される  です。

  なぜ   され ない  です 

メグ: 失礼 する  に,もう 一つ だけ,いい でしょ  か。

サラ: ええ,いい です よ。

メグ:     つい  聖書    教え  いる か,考え    ください。エレミヤ 10  12    です が,読ん  いただけ ます か。

サラ: はい。「神  その   よっ    造っ  方,その 知恵  よっ  産出     堅く 立て  方,その 理解  よっ    張り伸ばし    ある」。

メグ: ありがとう ござい ます。この 聖句  つい  ちょっと 考え  ください。神  とっ て,広大  宇宙  その   あらゆる   創造 する  に,多大    必要 だっ     ない でしょ  か。

サラ: もちろん,そう でしょ  ね。

メグ:  あれ ば,あらゆる   創造 する   ある   は,創造     制御 する   ある,と 考え       ない でしょ  か。

サラ: ええ。

メグ: では,もう 一度,お母さん  こと  考え    ください。その 苦しみ  見る  忍びない   なぜ でしょ  か。

サラ: それ は,愛し  いる から です よ。母 です から ね。

メグ: もし サラ さん に,お母さん  治す   ある なら,そう  れる    ない でしょ  か。

サラ: もちろん です。

メグ: では,考え    ください。聖書 は,神  わたしたち  苦しみ  知っ  おら れ,同情   おら れ,しかも 膨大    持っ  おら れる,と 教え   ます。その   事態  介入 なさら ず,わたしたち  苦しみ  すぐ  なくす こと  され ない  ですから,相当  自制   働か   おら れる  違いあり ませ ん。そう 思わ  ませ  か。

サラ: 確か に,そう です ね。そんな ふう  考え  こと,あり ませ  でし た。

メグ:   わたしたち  抱え  いる 様々  問題  終わらせる ため  まだ 介入   おら  ない  は,十分  理由  あっ   こと   ない でしょ  か。 *

サラ: うーん,そう   しれ ない  ね。

メグ: あら,お電話  かかっ    よう です ね。では,これ  失礼  ます。また 今度,続き  お話し合い  できれ  うれしい です。

サラ: そう です ね。 *

これ まで 聖書  関する    疑問  抱い  こと  おあり です か。あるいは,エホバ  証人  信じ  いる 事柄  宗教   活動  つい て,何  疑問  思わ   こと  あり ます か。そう  あれ ば,この   エホバ  証人  会う   尋ね     いかが です か。喜ん  その   つい  答え  くれる でしょ う。

^ 59節 詳しく は,エホバ  証人  発行  「聖書  実際    教え   ます か」と いう    11   ご覧 ください。

^ 62節 この シリーズ  今後  記事 で,神  苦しみ  許し  おら れる 理由  つい  取り上げ ます。

もっと調べる

神はなぜ苦しみをなくさないのですか

聖書の巻頭の書は,神が不幸をなくす力を持っているのにそうされないのはなぜなのか,について説明しています。