アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年7月

   近づく

神はわたしたちの「心を存分に」満たしてくださっている

神はわたしたちの「心を存分に」満たしてくださっている

エホバ  は,人間  こと  本当  気遣っ  おら れる でしょ  か,それとも,この 地上  人々  苦しみ   関心 でしょ  か。この 問い  対する 聖書  答え は,心 温まる もの です。神  現に 人類  気遣い,わたしたち  生活  楽しむ こと  望ん  おら  ます。毎日,人々 に ― 全く 感謝  ない  たち  さえ ― ご自分  豊か  善良   恩恵  及ぶ   許し  おら れる  です。その   使徒 パウロ  言葉 から 考え   ましょ う。使徒 14:16,17  読ん  ください。

パウロ は,エホバ  崇拝     なかっ た,ルステラ  いう 都市  人々 に,こう 言い まし た。「過去  世代  おい て,神   国民 すべて  自分    進む   許さ  まし た。と  いえ,ご自分  善い こと  行なっ て,あなた方   から    実り  季節  与え,食物  楽しさ   もっ  あなた方    存分  満たさ    ですから,決して ご自身  証し  ない まま    おか   わけ   あり ませ ん」。人々  これ  聞い て,どんな 感化  受け  でしょ  か。

ルステラ  人々 は,パウロ  言っ  事柄  すぐ 理解 でき まし た。農耕  営む,肥沃    豊か  地域  住ん    から です。しかし,パウロ  思い起こさ   よう に,雨  実り  季節  もたらし  くださる    です。ですから 人々 は,豊か  実っ  穀物  収穫   食事  楽しむ たび に,神  善良   恩恵  あずかっ  いる  です。

わたしたち は,ルステラ  人々  パウロ  語っ  言葉 から,エホバ   つい  幾つ   重要  事柄  学べ ます。

エホバ  わたしたち  自由 意志  与え  くださっ  いる。エホバ  異邦  国民 すべて に「自分    進む」の  許さ  た,と いう   注目   ください。聖書 翻訳   参考   よれ ば,この 表現 は「自分  好き  よう  進む」もしくは「自分 自身  最善  考える とおり  行なう」こと  意味 する 場合  あり ます。エホバ は,無理やり ご自分  崇拝   たり  され ませ ん。人間  自由 意志 ― 生き方  自分  選ぶ 能力 ― を 授け  おら れる から です。―申命記 30:19

エホバ  わたしたち  ご自分  知っ  ほしい  思っ  おら れる。 は「ご自身  証し  ない」まま  され  わけ   ない,と パウロ  説明    ます。先 ほど  参考   よる と,この 表現  含む 一文 は,「神  人々  ご自分  一体 どんな   ある   はっきり 示し  こら  た」と  訳せ ます。神  創造  は,善良 さ,知恵,力,愛  いっ た,神 の「見え ない 特質」を 雄弁  証し    ます。(ローマ 1:20)エホバ  ご自身  つい  さらに 多く  こと  聖書    明示   おら  ます。(テモテ  二 3:16,17)ご自分  知っ  ほしい  思っ  おら れる こと  明らか   ない でしょ  か。

  毎日,人々 に ― 全く 感謝  ない  たち  さえ ― ご自分  豊か  善良   恩恵  及ぶ   許し  おら れる

エホバ  わたしたち  幸福    ほしい  思っ  おら れる。 は『食物  楽しさ   もっ  わたしたち    存分 に』満たし  おら れる,と パウロ  述べ   ます。エホバ  認め ない 罪人  さえ,心ゆく まで 食事  楽しみ,幸福   ある 程度 味わう こと でしょ う。しかし   わたしたち に,永続 する   幸福  享受   ほしい  思っ  おら  ます。わたしたち は,神  つい   真理  学ん  自分  生活  当てはめれ ば,その よう  幸福  享受 でき ます。―詩編 144:15。マタイ 5:3

わたしたち  皆,日々 エホバ  善良  から   受け   ます。では,わたしたち   を『食物  楽しさ   もっ  存分 に』満たし  くださっ  いる  に,どう すれ  感謝  表わす こと  できる か,さらに 学ん   いかが です か。

7   聖書 通読  範囲

使徒 11 章–28