内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2013年7月

宗教を信頼できますか ― 戦争に関して

宗教を信頼できますか ― 戦争に関して

アルベルト は,ほぼ 10  間,軍務  就い   まし た。当時  こと  こう 述べ   ます。「従軍 司祭  わたしたち  祝福  て,『神  あなた方    おら れる』と 言い まし た。しかし わたし は,『聖書  は「なんじ 殺す なかれ」と ある  に,人  殺し  行く  か』と 考え まし た」。

レイ は,第   世界 大戦 中,海軍   まし た。ある 時,従軍 牧師 に,「あなた  この    て,部隊  ため  勝利  求め  祈っ  ください ます が,敵  同じ よう  こと    いる    あり ませ  か」と 尋ね まし た。その 牧師  答え は,主  働き  神秘  包ま   いる,と いう もの でし た。

その 答え  納得 でき ます か。でき ない    も,それ  あなた だけ   あり ませ ん。

聖書    教え  いる 

イエス  よれ ば,神  最も 大きな おきて  一つ は『隣人  自分 自身  よう  愛する』こと です。(マルコ 12:31)イエス は,隣人  居住   国籍  基づい  隣人愛  限度  設ける よう  こと   ず,弟子 たち に,『あなた方      あれ ば,それ  よっ  すべて   は,あなた方  わたし  弟子  ある こと  知る でしょ う』と 語り まし た。(ヨハネ 13:34,35)つまり,互い  愛する こと が,身分   言える ほど 顕著  もの  なる  です。弟子 たち は,他      奪う どころ か,自分        ため  与える から です。

初期 クリスチャン は,イエス  言葉  調和   生き方   まし た。「宗教 百科 事典」(英語)に  こう 書か    ます。「テルトゥリアヌス  オリゲネス など  初期  教会 教父  言明 する ところ  ある が,クリスチャン      奪っ   なら なかっ た。その 原則  ゆえに ローマ  軍隊  入る こと  でき なかっ た」。

エホバ  証人  どうか

エホバ  証人 は,ほとんど すべて    いる  で,国家   紛争  どちら     住ん   ます。それでも,自分 たち  身分    言える   保つ よう 最善  尽くし   ます。

宗教 指導  たち    クリスチャン   教え    だろ  

例えば,1994   ルワンダ  フツ   ツチ     民族 紛争  続い  期間  ずっ と,エホバ  証人  厳正 中立  立場  保ち まし た。一方  部族  証人 たち が,しばしば 自分    非常  危険  さらし て,他方  部族  証人 たち  かくまい まし た。フツ   民兵 組織 インテラハムウェ は,ツチ   証人 たち  かくまっ  フツ   証人    捕まえ て,「おまえ   ツチ   逃亡  助け た。だから 殺し  やる」と 言い まし た。痛ましい こと に,フツ   その 証人 たち      殺さ  まし た。―ヨハネ 15:13

どう 思わ  ます か。エホバ  証人  行動 は,自己 犠牲     関する イエス  言葉  調和   いる    ない でしょ  か。