アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年7月

 聖書    生き方  変える

「今はもう,世界を自分の力で変えなければならない,とは思っていません」

「今はもう,世界を自分の力で変えなければならない,とは思っていません」
  • 生ま   年: 1966 

  • 生ま   国: フィンランド

  • かつて は: 社会 運動  だっ 

過去  歩み:

わたし  子ども   から 自然   大好き でし た。家族  よく,フィンランド 中部  ある 郷里   ユバスキュラ 周辺  魅惑     美しい   出かけ まし た。わたし  動物 愛好    あり,子ども     ネコ  イヌ    すると すぐ 抱き締め よう    もの です。大人  なる  つれ,動物  しばしば 人間  虐待    いる   知り,心  痛む よう  なり まし た。やがて,ある 動物 愛護 団体  加わり,同じ よう  考え  持つ  たち  知り合い まし た。

わたしたち は,動物 保護  ため  運動  活発  行ない まし た。情報  広め たり,毛皮   動物 実験 施設  抗議 する デモ 行進  組織  たり し,また 動物 保護 団体  新た  結成 する こと さえ  まし た。自分 たち  大義  推し進め よう    過激  手段  訴え   で,よく 警察 沙汰  なり,わたし     逮捕    裁判   連行    こと  あり ます。

わたし は,動物  こと  憂慮   だけ  なく,世界 各地   られる   問題   悩まさ  まし た。それ  結局,アムネスティ  インターナショナル  グリーンピース  はじめ 幾つ   団体  関わる よう  なり まし た。そして,それら  活動  支持 する こと   精力  傾け,貧困  飢餓  苦しむ  など,恵ま  ない 人々  ため  発言  まし た。

しかし,自分    この 世界  変える こと  でき ない,と 思う よう  なり まし た。それら  団体  尽力  よっ  小さな 問題  幾つ  正さ     いえ,大きな 問題  ますます 悪化   ゆく よう  見え  から です。まるで  世界    勢力  呑み込ま   しまっ  いる  に,だれ  全く      ない   よう でし た。わたし    なさ  痛感  まし た。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

わたし は,無力  自分  悲しく なり,神  聖書  こと  考え 始め まし た。かつて エホバ   証人  聖書  教え  もらっ  こと  あっ  から です。証人 たち  親切 で,わたし  個人   関心  払っ  くれる こと  感謝     まし  が,生き方  変える まで   なっ   ませ  でし た。しかし,今度  違い まし た。

わたし  聖書  取り出し  読み 始め まし た。そして,とても 慰め られ まし た。読ん  ゆく うち  多く  箇所 で,動物  優しく 扱う よう 教え  いる こと  気づい   です。例えば 箴言 12  10   は,「善良   は,自分  動物  こと  気遣う」と あり ます。(「グッド  ニュース 訳」[英語])わたし は,神  世界   問題  原因   ない こと  理解  まし た。それら  問題 は,ほとんど      指示  従わ ない から こそ 悪化  一途  たどっ     です。わたし は,エホバ    辛抱  知っ て,深い 感動  覚え まし た。―詩編 103:8‐14

その 頃,「聖書  実際    教え   ます か」と いう   クーポン  気づき,それ  送り まし た。やがて エホバ  証人  ある 夫婦  訪ね   て,聖書  学ぶ よう 勧め  くれ   で,それ  応じ まし た。また,王国 会館   クリスチャン  集会  出席  始め まし た。こう  て,聖書  真理    深く 入る よう  なり まし た。

聖書  おかげ で,数々  変化  遂げる こと  でき まし た。喫煙  過度  飲酒  やめ,身なり  言葉遣い  正し,世俗  権威  対する 態度  改め まし た。(ローマ 13:1)また,それ まで  自由奔放   道徳 だっ   です が,そういう 生き方  やめ まし た。

一番 難しかっ    民間 団体  対する 正しい 見方  養う こと で,それ  一朝一夕   でき ませ  でし た。最初  うち は,自分  それら  団体 から   引く なら,それ  裏切り 行為  なる,と 思い まし た。しかし,神  王国 しか この 世界  本当  良く する こと  でき ない,と 認識 する よう  なり,その 王国  支持   人々  王国  つい  教える こと  全力  尽くそ う,と 決意  まし た。―マタイ 6:33

どんな   受け  か:

社会 運動  だっ    わたし は,人々       どちら   はっきり 分け   て,自分    みなし  集団   いつ   反対 運動  起こせる よう     まし た。しかし,聖書  おかげ で,今   もう     強い 憎しみ  抱い    ませ ん。すべて    クリスチャン    示す べき   培う よう 努力   いる  です。(マタイ 5:44)とりわけ,神  王国  関する 良い 知らせ  伝える こと  より,その   示し   ます。そして,この 博愛  活動  よっ  平和  幸福  促進  れ,人々    希望  抱く よう  なっ  いる こと を,うれしく 思っ   ます。

わたし は,物事  エホバ    委ねる こと  より,心  平安     ます。創造   ある エホバ は,動物  人間  虐待 され 続ける こと,また この 美しい 地球  損なわ れる こと  お許し  なり ませ ん。それどころか,これ まで  加え られ     すべて を,間  なく ご自分  王国  よっ  拭い去っ  くださる  です。(イザヤ 11:1‐9)わたし  とっ て,そう   真理  知っ  いる だけ  なく,真理  信仰  置く よう     助ける こと  できる  は,大きな 喜び です。今  もう,世界  自分    変え なけれ  なら ない,と  思っ   ませ ん。