内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年4月

 その 信仰  倣う | ノア

「まことの神と共に歩んだ」人

「まことの神と共に歩んだ」人

ノア は,背筋  伸ばし,痛む 筋肉  ほぐし まし た。太い     腰掛け,箱船  巨大  枠組み  眺め ながら,一休み   いる ところ です。辺り  は,熱し  タール  刺激臭  漂い,木材  加工 する   鳴り響い   ます。ノア  座っ  いる 場所 から は,材木  組ん  大きな 構築   各所  働い  いる 息子 たち  姿  見え ます。愛する   息子 たち 夫婦  皆,もう 何十     この  仕事  取り組ん   まし た。工程  かなり 進ん  いる   いえ,完成 まで   まだ 相当 かかり そう です。

地域  人々 は,ノア  家族  愚か者   なし,箱船    次第  はっきり   くる と,大 洪水  起き  全地    覆わ れる  いう 予告  あざ笑い まし た。ノア  警告  続ける その  惨事 が,とても 起こり そう  ない,途方  ない こと  よう  思え,そんな 愚か  骨折り 仕事  ため  自分  家族  人生  無駄  する など  いう こと  信じ られ なかっ   です。しかし,ノア   エホバ  ノア を,人々   大いに 異なる 観点 から   おら  まし た。

  言葉 聖書  は,「ノア  まこと      歩ん だ」と あり ます。(創世記 6:9)それ は,神  地上  歩か    か,ノア  何らか  仕方    行っ た,と いう 意味   あり ませ ん。ノア  自分   エホバ  緊密  従い,エホバ  深く 愛し     で,あたかも         一緒  歩ん  いる   よう  あっ た,と いう こと です。幾千     聖書  ノア  こと を,『自分  信仰  よっ      定め た』と 述べ まし た。(ヘブライ 11:7)どの よう に『世    定め た』の でしょ  か。今日  わたしたち は,ノア  信仰 から どんな こと  学べる でしょ  か。

ねじけ    あっ  とが  ない 

ノア は,急速  悪化   ゆく     成長  まし た。世 は,曾祖父 エノク  時代   すでに 悪く なっ   まし た。エノク は,やはり     歩ん  義人 で,世   敬虔  人々  裁か れる   来る こと  予告    まし た。そして ノア   に,道徳 状態     悪く なっ   まし た。実際,エホバ  見地 から すれ ば,地  損なわ    まし た。暴虐  満ち     です。(創世記 5:22; 6:11。ユダ 14,15)一体 どうして それ ほど 悪く なっ   でしょ  か。

      ある 天使 たち   に,大変  悲劇  起き   まし た。彼ら  ひとり  すでに,神  中傷 し,アダム  エバ  言葉 巧み  誘惑     犯さ せる こと  より,エホバ  反逆 し,悪魔 サタン  なっ   て,ノア  時代     天使 たち も,エホバ  正当  支配  反抗  始め まし た。天   から 与え られ    持ち場  放棄 し,地    人間  姿  とり,美しい 女性  自分       です。それら 反逆   高慢  利己   天使 たち は,人間   有害  影響  もたらし まし た。―創世記 3:1‐5; 6:1,2。ユダ 6,7

さらに,肉体  付け  天使  人間  女性    自然  結びつき  よっ て,並外れ  体格    持つ 混血     生み出さ  まし た。聖書  それら    ネフィリム  呼ん   ます。「倒す  たち」つまり     倒れ させる  たち,と いう   その 字義 です。ネフィリム  卑劣  乱暴   あり,世  残忍   敬虔  精神  助長  まし た。創造   観点 から すれ ば,「人      あふれ,その   考え  すべて  傾向  終始 ただ   向かう」と 言え   も,うなずけ ます。エホバ は,その 邪悪  社会  120  以内  拭い去る,と 決断   まし た。―創世記 6:3‐5

ノア  その   子ども たち  悪い 影響  から 守ら なけれ  なら なかっ 

その よう      家庭  築く   大変 だっ  はず です。それでも ノア は,良い   見いだし,500   なっ  から, 息子  3  もうけ まし た。すなわち,セム,ハム,ヤペテ です。 *      合わせ て,息子 たち  周囲  悪い 影響 から 守ら なけれ  なり ませ  でし た。男    は「力 ある  たち」や「名 ある 人々」に 驚嘆  たり あこがれ たり する 傾向  あり,ネフィリム  まさに その よう   たち だっ  から です。ノア  その  は,子ども たち  それら 巨人 たち  英雄  行為  つい   うわさ  何一つ 聞か  ない よう  する こと  でき なかっ  でしょ う。しかし,あらゆる   憎ま れる エホバ   つい   魅力   真理  教える こと  でき  はず です。『エホバ    暴力  反逆 ゆえに   痛め  おら れる』と いう こと  理解 する よう,息子 たち  助ける 必要  あっ   です。―創世記 6:6

今日,子育て    いる   は,ノア  その   気持ち  分かる こと でしょ う。今    暴力  反抗   精神   影響  染まっ   ます。子ども 向け  娯楽  さえ そう です。賢明   は,最善  尽くし  その よう  影響   立ち向かい,子ども に,あらゆる 暴力    なく 終わらせ  くださる 平和   エホバ  つい  教え ます。(詩編 11:5; 37:10,11)そう する こと  可能 です。ノア  その   そう  まし た。息子 たち  成長   立派  大人  なり,やはり まこと   エホバ  生活       する 女性  結婚  まし た。

「あなた 自身  ため に……箱船  造り なさい」

ある 日,ノア  人生  一変  まし た。エホバ  この 愛する  に,当時  世界  終わらせる  いう ご自分  目的  告げ,「あなた 自身  ため に,やに質      箱船  造り なさい」と お命じ  なっ   です。―創世記 6:14

それ は,一般  考え られ  いる よう  普通        もの   あり ませ ん。船首  船尾  なく,竜骨    なく,どこ   湾曲     あり ませ  でし た。要する に,一   巨大   だっ   です。エホバ  ノア に,その 正確  寸法  造り  関する 幾らか  詳細  事柄  知らせ,箱船  内側  外側  タール  覆う よう    指示  与え,その 理由  つい て,『わたし  いま,地   洪水  もたらす。地  ある もの  すべて 息絶える  あろ う』と お告げ  なり まし た。しかし ノア  は,「あなた  箱船  入ら   なら ない。あなた も,また あなた  息子 たち,妻,息子 たち    あなた   に」と いう 指示  与え,あらゆる 種類  動物  それぞれ   ずつ 箱船  入れる よう お命じ  なり まし た。箱船  入っ  動物 だけ が,やがて 生じる  洪水  生き残れる  です。―創世記 6:17‐20

ノア は,膨大  仕事  する こと  なり まし た。その 箱船 は,おおよそ 全長 133 ㍍,幅 22 ㍍,高さ 13   いう 巨大  もの で,現代  建造    遠洋 航海   最大  木造  より はるか  大きな もの  なり ます。ノア  その 務め から   引い たり,その 難しさ  不平  述べ たり,少し でも   する ため  手抜き   たり   でしょ  か。聖書   こう 記さ    ます。「ノア  すべて  から 命じ られ  とおり    いっ た。まさに その とおり  行なっ た」。―創世記 6:22

その 仕事 は,完成 まで  何十   要する もの でし た。恐らく 四,五十   かかっ  でしょ う。樹木  切り倒し,丸太  運び,切っ  梁材  し,成形   繋ぎ合わせ なけれ  なり ませ ん。箱船 は,3  建て で,数多く  部屋  仕切ら    おり,側面  一つ    設ける こと  なっ   まし た。屋根  上部  沿っ    幾つ  あり,屋根  中央  尾根  よう  少し 高く なっ  おり,水  流れ落ちる よう 両側   傾斜     よう です。―創世記 6:14‐16

年月  経過 し,箱船    整っ  くる  つれ,ノア  家族 から  支援  非常  嬉しく 思っ  こと でしょ う。その 仕事  は,箱船 建造 より はるか  難しかっ   思わ れる     あり まし た。聖書  よれ ば,ノア は「義  伝道 者」でし た。(ペテロ  二 2:5)当時 の,神  認め ない 邪悪  社会  人々 に,臨も     いる 滅び  つい  警告 する  で,勇敢  率先    です。人々  どんな 反応  示し  でしょ  か。後  イエス  キリスト が,ノア  時代  つい て,人々 は「注意  ませ  でし た」と 言っ   ます。(マタイ 24:37‐39)人々 は,食べ たり 飲ん だり 結婚  たり  いっ  日常  事柄  かまけ て,ノア  言葉  全く 留意  なかっ   です。(マタイ 24:37‐39)多く    ノア  その 家族  あざけっ   違いあり ませ ん。中  は,ノア  脅し たり 反対   暴力  振るっ たり    たち    こと でしょ う。

ノア    祝福      こと  明らか だっ    かかわら ず,人々  ノア  あざけり,ノア  伝える 音信  無視  

それでも,ノア  その 家族  やめ ませ  でし た。箱船  建造  いう 自分 たち  人生  おける 主要  仕事 を,無 意味  見当 違い の,あるいは 愚か  こと  よう  思わ  よう  する       かかわら ず,忠実  その 仕事   続け まし た。今日  クリスチャン 家族 は,ノア  その 家族  信仰 から 多く  こと  学べ ます。今 は,聖書  この 世界 体制 の「終わり  日」と 呼ば   いる 時代  から です。(テモテ  二 3:1)イエス も,『現代  まさに ノア  箱船  建造   時代  よう  なる』と 言い まし た。わたしたち クリスチャン が,神  王国  音信  対する   人々 から   関心  反応,あざけり,さらに  迫害  直面   なら,ノア  模範  思い起こす   良い こと です。そう   難題  直面 する   自分  初めて   ない  です。

「箱船  入り なさい」

幾十   経過 し,箱船  最終     なっ   まし た。ノア は,600   なろ       頃,親族       死別  経験  ます。父親  レメク  亡くなり, * その 5   に,レメク  父親  ノア  祖父  当たる メトセラ  969   亡くなり まし た。人間  寿命    は,聖書  記録    一番 長い もの です。(創世記 5:27)メトセラ  レメク も,最初  人間 アダム  同じ 時代   でし た。

メトセラ  亡くなっ  その  に,族長 ノア は,エホバ  から 新た に,「あなた  あなた     たち  みな 箱船  入り なさい」と いう 指示  受け まし た。それ  同時 に,あらゆる 種類  動物  箱船    入れる よう 告げ られ まし た。犠牲   ふさわしい 清い 動物  7  ずつ,そして   動物  2  ずつ 導き入れる  です。―創世記 7:1‐3

その 光景  忘れ 難い もの  なっ   違いあり ませ ん。地平線  かなた から 動物 たち  続々  やっ   ます。歩い  来る もの や,飛ん  来る もの,はっ  来る もの,ひょこひょこ と,あるいは のっしのっし と,大きさ  姿  性質  千差万別  あらゆる もの  やっ  来る  です。ノア  それら 野生 動物 すべて  捕まえ たり,集め たり,なんとか なだめ たり  て,箱船    狭い 空間  入ら  よう  する,大変  情景  想像 する 必要  あり ませ ん。動物 たち は「ノア  ところ へ,箱船    入っ 」と 記さ    ます。―創世記 7:9

『そんな こと  あり得 ない。それら 動物 すべて  狭い 空間    穏やか  共存 する こと など 考え られ ない』と 疑っ  かかる   いる でしょ う。しかし,宇宙  創造     とっ て,ご自分  造っ  動物  制御 し,さらに  必要  応じ    なつか せ,おとなしく させる   無理  こと でしょ  か。思い出し  ください,エホバ  紅海    左右  分け たり,太陽  静止   たり      です。その  に,ノア   関する 記述   どの 出来事  せよ,生じ させる こと  でき ない はず  あり ませ ん。現に 生じ させ られ   です。

もちろん   動物 たち      方法  救う こと  でき まし  が,そう   ない  賢明  も,人間  委ね  本来  仕事  思い起こさ せる よう  方法  選ば  まし た。その 仕事  は,この 地上  生き物 すべて  世話 する こと でし た。(創世記 1:28)ですから,今日,子ども  育て  いる  たち    は,子ども  ノア  物語  話し て,エホバ  ご自分  造っ  人間  動物  大切  思っ  おら れる こと  教え  いる   少なく あり ませ ん。

エホバ  ノア に,『1      洪水  生じる』と お告げ  なり まし た。ノア  家族  とっ  慌ただしい 日々  なっ  こと でしょ う。様々  動物  その  すべて  所定  場所  入れ,家族  持ち物  運び上げ なけれ  なら なかっ  から です。ノア  妻,および セム,ハム,ヤペテ  それぞれ   は,箱船    どう すれ  住み やすく できる   特に 関心  あっ    しれ ませ ん。

当時  一般  人々 は,ノア  その 努力  エホバ  祝福    いる 多く  証拠    当たり    も,依然   て「注意  ませ  でし た」。動物 たち  続々  箱船  入っ  行く 様子  注目  ざる   なかっ   に,無 関心 だっ   です。その こと  驚く べき   あり ませ ん。今日  人々 は,今  世界   事物  体制  末期  ある こと  圧倒   証拠  注意  ませ ん。使徒 ペテロ  予告 どおり,あざける  たち  あざけり  抱い  やっ   て,神  警告  従う  たち  あざけっ   ます。(ペテロ  二 3:3‐6)古代  おい   同様 に,人々  きっと ノア  その 家族  あざけっ  こと でしょ う。

そう   あざけり は,いつ 終わっ  でしょ  か。記述  よれ ば,ノア  自分  家族  動物 たち  箱船    入れ  しまう と,「エホバ    後ろ    閉じ られ」まし た。あざける   だれ  近く     すれ ば,神  その 行動   て,何  言え なく なっ   違いあり ませ ん。その  あざけり  やめ なかっ     も,雨  降っ      は,やめ ざる   なかっ  でしょ う。実際,雨  降り 始め まし た。やむ こと なく    降り続け,エホバ  予告 どおり,全 世界    覆わ  まし た。―創世記 7:16‐21

エホバ は,決して それら 邪悪  人々    喜び  され  わけ   あり ませ ん。(エゼキエル 33:11)前もって 人々 に,生き方  改めて 正しい こと  する 機会  十分  与え  おら  まし た。では,人々  生き方  改めて 生き残る こと  でき   でしょ  か。ノア  自分  生き方  よっ て,『エホバ    歩み,あらゆる     従う こと  より,生き残る こと  可能 だ』と いう こと  示し まし た。そういう 意味  ノア  信仰 は,当時      定め,その 世代  邪悪   白日    さらし   です。ノア  信仰 は,ノア 自身  その 家族  とっ    守り  なり まし た。あなた も,ノア  信仰  倣う なら,あなた 自身  家族  ため  大変 有益  こと    いる こと  なり ます。ノア  同じ よう に,友  なっ  くださる エホバ     歩む こと  でき ます。そうすれば,その 関係  永遠  続く もの  なる  です。

^ 10節 初期  時代  人々  寿命 は,今日  わたしたち より はるか  長い もの でし た。それ は,当時  人々  アダム  エバ  かつて 持っ    生命   完全  から さほど 離れ   なかっ  から でしょ う。

^ 20節 レメク  息子  ノア ― 多分,「休息; 慰め」の 意 ― と 名づけ,ノア  その   意味 どおり,人類  のろわ   地面  おける 労苦 から  休息  もたらす  あろ う,と 預言    まし た。(創世記 5:28,29)レメク  その 成就  見る まで 生き    ませ  でし た。