アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年4月

ご存じでしたか

ご存じでしたか

古代 ニネベ が「流血  都市」と 呼ば     なぜ でしょ  か。

戦士 たち  描い  浮き彫り。敵  捕虜  頭部  取っ  積み上げ  いる ところ

ニネベ は,アッシリア 帝国  首都  あり,壮大  宮殿  神殿,広い 街路,巨大  城壁  有する 強大  都市 でし た。ヘブライ   預言  ナホム  この 都市 を「流血  都市」と 呼び まし た。―ナホム 3:1

それ  適切  描写 でし た。ニネベ  セナケリブ 宮殿  ある 多く  浮き彫り  見る と,アッシリア   残酷   分かる から です。その 一つ  は,地面  押さえつけ られ  囚人    拷問   ねじり 上げ  いる 様子  描か    ます。数々  碑文  は,捕虜        突き通し,それ    付け  引い  行っ  こと  誇らしげ  記さ    ます。捕虜  なっ  高官    は,それぞれ    生首  グロテスク  首飾り  よう  掛け られ まし た。

  攻略     残虐 行為  つい て,アッシリア   アーチボルド  ヘンリー  セイス  こう 述べ   ます。「征服    場所  は,生首  山積み  され た。少年  少女 は,生き  まま 火あぶり  される か,もっと ひどい   遭わさ  た。男 たち  串刺し  され,生皮  はがさ れ,盲目  され,手足  切り取ら れ,耳    そぎ落とさ れる など  た」。

ユダヤ   どんな 目的    屋上  欄干  巡らし   でしょ  か。

ユダヤ    から こう 命じ られ   まし た。「新しい   建てる 場合,あなた  屋根  ため  欄干  造ら なけれ  なら ない。転ぶ   そこ から 落ち て,あなた  自分        もたらす こと  ない ため  ある」。(申命記 22:8)欄干 は,必要  安全 対策  一つ でし た。聖書 時代  ユダヤ  家族 は,屋上  よく 使っ    から です。

当時,家  屋根  相当 する 部分  大抵,平ら でし た。屋上 は,ひなたぼっこ   たり,心地よい   当たっ たり,いろいろ  家事   たり する  に,うってつけ  場所 でし た。夏  は,快適   場所   なり まし た。(サムエル  一 9:26)農夫  屋上 に,亜麻,臼  挽い    する   穀粒,いちじく,ぶどう など  干し まし た。―ヨシュア 2:6

屋上 は,真  崇拝   偶像 崇拝   用い られ まし た。(ネヘミヤ 8:16‐18。エレミヤ 19:13)使徒 ペテロ   頃,祈り  ため  屋上  上がり まし た。(使徒 10:9‐16)ぶどう  ヤシ   など  日よけ  設け  屋上 は,気持ち  良い 憩い    なっ   違いあり ませ ん。

「聖地  聖書」(英語)と いう 文献  よる と,イスラエル     は「家  外,中庭  内側 に」屋上  上る ため  階段  はしご  あり,その     屋上 から 下りる とき   入る 必要  あり ませ  でし た。イエス が,滅びる 都市 から 逃れる   緊急   つい て,『屋上  いる  は,家 から   取り出そ     下り   なり ませ ん』と 述べ   も,うなずけ ます。―マタイ 24:17

 

もっと調べる

聖書の歴史におけるアッシリア

古代アッシリアに関する聖書の説明は,一般の歴史と一致していますか。事実を確かめてください。