アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年4月

イエス ― 有意義な人生を送る秘訣

イエス ― 有意義な人生を送る秘訣

イエス  有意義  人生  送っ た,と 本当  言える でしょ  か。質素  環境  育っ  よう です し,地上   生涯   財産  言える   ほとんど 持っ   ませ  でし た。実  ところ,『頭  横たえる   あり ませ ん』でし た。(ルカ 9:57,58)そのうえ,憎ま れ,中傷  れ,ついに   たち    かかっ  殺さ  まし た。

『そんな 人生 は,とても 有意義   思え ない』と 考える   いる でしょ う。しかし,イエス  生涯  は,だれ   考慮  べき こと が,もっと たくさん あり ます。その 生涯  四つ    調べ   ましょ う。

1. イエス は,神  ご意志  行なう  いう 人生  目的  全うし た。

『わたし  食物  は,わたし  遣わし    ご意志  行なう こと です』。―ヨハネ 4:34

イエス  言葉  行動  より,天   エホバ  * ご意志  果たす こと  努め まし た。そして,神  ご意志  行なう こと  大きな 喜び  感じ,この 聖句  ある とおり,そう する こと  食物  なぞらえ まし た。イエス  どんな 状況  そう 述べ  か,考え   ましょ う。

イエス  そう 述べ   は,昼 ごろ  こと でし た。(ヨハネ 4:6)午前  ずっ  サマリア  丘陵   歩い     で,空腹  あっ   違いあり ませ ん。事実,弟子 たち  イエス に,「ラビ,食べ  ください」と 勧め まし た。(ヨハネ 4:31)それ  対し  イエス は,『わたし      行なう こと  よっ  本当  養わ  強め られ   ます』と いう 意味  こと  述べ   です。それ は,有意義  人生  送っ      言葉   ない でしょ  か。

2. イエス       熱烈    抱い   た。

『わたし    愛し   ます』。―ヨハネ 14:31

イエス は,天     から,父  ある   非常  親しい 関係  あり まし た。神  対し  深い   抱い     で,その  を ― その お名前,目的,特質 など を ― ぜひとも 知らせ たい  思い,自分  言葉  行動  態度  完璧  表わし まし た。わたしたち      生き  姿    いる,と 言える ほど 完璧  表わし   です。イエス が,フィリポ から,「わたしたち    お示し ください」と 言わ  て,「わたし     は,父      です」と 答え   は,その ため です。―ヨハネ 14:8,9

イエス      とても 愛し     で,死   辞さ   従い まし た。(フィリピ 2:7,8。ヨハネ  一 5:3)神  対する その よう  熱烈    抱い     で,その 人生  大変 有意義  もの  なり まし た。

 3. イエス  人々  愛し   た。

「友  ため  自分    なげうつ こと,これ より 大きな   持つ    ませ ん」。―ヨハネ 15:13

 完全  人間  ある わたしたち  将来 は,確か  暗たん たる もの です。「一   人[アダム]を 通し      入り,罪  通し    入り,こう    が,すべて      おかし   ゆえに すべて    広がっ た」と 聖書  説明    ます。(ローマ 5:12)それで,わたしたち    結果  ある   自分    免れる こと  でき ない  です。―ローマ 6:23

感謝  べき こと に,エホバ  愛情 深く も,そう   状況  解決 する 手立て  設け  ください まし た。ご自分 の,完全    ない  を,人間 イエス    地上  遣わし,苦しん  死ぬ よう  され   です。それ  み子 を,人類       隷属 状態 から 救出 する   必要  贖い  する ため でし た。イエス は,天    対する 愛,また 人間  対する   動かさ  て,進ん  応じ,わたしたち  ため  その 完全  人間       なげうち まし た。(ローマ 5:6‐8)その よう  無私    抱い     で,イエス  人生  有意義  もの  なり まし た。 *

4. イエス  自分      愛さ  是認    いる こと  知っ   た。

「これ  わたし  子,わたし  愛する   ある。この   わたし  是認  た」。―マタイ 3:17

エホバ は,イエス  バプテスマ  受け   に,天 から この 言葉  語ら  まし た。その よう   て,ご自分   イエス  対する 愛情  是認    表明     です。イエス  はっきり と,『父  わたし  愛し  くださっ  いる』と 言え    当然 でしょ う。(ヨハネ 10:17)イエス は,天    愛さ  是認    いる こと  知っ     で,自信  持っ  反対  批判  立ち向かい,死  目前    さえ 動じる こと なく 穏やか   保ち まし た。(ヨハネ 10:18)天   から 愛さ  是認    いる  自覚     から こそ,イエス  人生  一層 有意義  もの  なっ   です。

イエス  確か  有意義  人生  送り まし た。どう すれ  真に 有意義  人生  送れる   つい て,イエス から 多く  学べる こと  明らか です。次  記事  は,イエス  弟子 たち  与え た,生き方  つい   明確  アドバイス  幾つ  取り上げ ます。

^ 6節 エホバ  は,聖書   啓示    いる,神   です。

^ 15節 イエス    人類  贖う 価値  ある こと  つい て,詳しく は,エホバ  証人  発行  「聖書  実際    教え   ます か」と いう    5   ご覧 ください。