アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年3月

 ライフ  ストーリー

「自分で見たが,理解することができなかった」

「自分で見たが,理解することができなかった」

1975 年,わたし  2   時,母  わたし  異常  初めて 気づき まし た。わたし    抱い     に,友人  重い     落とし  大きな   立て    かかわら ず,わたし  ぴくり    なかっ  から です。わたし  3   なっ   言葉  話せ ませ  でし た。その 後,わたし  家族  衝撃   事実  知らさ  まし た。専門   よる 診断 で,わたし    全く 聞こえ   ない こと  判明    です。

わたし  まだ 幼かっ    両親  離婚 し,母  わたし  わたし          女手 一つ  育てる こと  なり まし た。当時  フランス  は,耳  聞こえ ない 子ども は,今日  よう  教育  受け られ ず,教え  もらえる 場合   その 方法   多く  苦痛  伴い まし た。それでも わたし は,子ども   から,多く  ろう者  比べ  有利  立場  あり まし た。その こと  つい  ご説明  ましょ う。

5  だっ    わたし

かつて 教育  たち  多く は,耳  聞こえ ない 子ども  教える 場合,普通        動き  読み取ら せる よう   べき だ,と 考え   まし た。実際 フランス の,わたし  郷里  は,学校  手話  使う こと  固く 禁じ られ   まし た。ろう者  ある 子ども たち    は,授業 中,両手  背中  後ろ  縛ら      さえ  まし た。

わたし は,生ま   から 最初      毎週,言語 療法      時間  過ごし まし た。顎    つかま  て,自分   聞こえ ない      発声   られ まし た。他  子ども たち  意思  通わせる こと  でき ませ  でし た。わたし  とっ て,それ  苦しい 年月 でし た。

そして 6   時,特別  寄宿 学校  入れ られ,初めて,ろう者  ある    たち  接する よう  なり まし た。そこ  も,手話  禁じ られ  おり,クラス    手振り  身振り   よう もの なら,両手    ぴしゃり  たたか  たり     引っ張ら  たり する おそれ  あり まし た。それでも,わたしたち  ひそか に,自分 たち  考え出し  手話  使い まし た。ついに わたし は,他   たち  意思  通わせる こと  できる よう  なっ   です。そう   嬉しい 時期  4   続き まし た。

ところが,10   なっ て,耳  聞こえる 子ども たち  小学   転入   られる こと  なり,打ちのめさ  まし た。耳  聞こえ ない    たち  みな 死ん で,自分 だけ  この   残さ   よう     まし た。わたし  家族 は,言語 療法    わたし  得損なっ   いけ ない  考える 医師 たち  忠告  従っ    ため,手話  学ん  こと  なく,わたし    聞こえ ない  たち  付き合う こと  許し ませ  でし た。ある 聴覚 専門   もと  訪ね    こと     よく 覚え   ます。その 医師      手話    あり まし  が,わたし  その 表紙     て,指さし,「これ  欲しい」と 言っ  時,医師  とっさ  その   隠し   です。 *

わたし  霊的 成長  始まり

 は,わたしたち 子ども  キリスト   教え  沿っ  育てる  よう 努力 し,わたしたち  連れ  ボルドー 近郊  あっ  エホバ  証人  メリニャック 会衆  集会  通い まし た。子ども  わたし は,集会     ほとんど 理解 でき ませ  でし  が,会衆  様々    交替  わたし    座っ て,話さ   いる 事柄  メモ   見せ  くれ まし た。わたし は,そう     関心  感動  まし た。家     わたし   聖書 研究    くれ まし  が,わたし  教え られ  いる 事柄  十分  把握 する こと  でき ませ  でし た。預言  ダニエル も,神  使い から 預言  受け  あと,「わたし は,自分  聞い  が,理解 する こと  でき なかっ た」と 述べ   ます が,わたし  その 気持ち  分かる よう     まし た。(ダニエル 12:8)わたし  場合 は,「自分    が,理解 する こと  でき なかっ た」の です。

それでも,聖書  基本   真理 は,徐々  わたし      下ろし  ゆき まし た。わたし は,はっきり 理解 でき  事柄    蓄え  ゆき,生活  当てはめる よう 努力  まし た。また,他   たち  行ない  観察 する こと から  学び まし た。例えば,聖書 は,辛抱強く ある よう 勧め   ます。(ヤコブ 5:7,8)わたし は,辛抱 する   どう する こと   か,よく 分かり ませ  でし  が,その 特質  示し  いる 信仰  仲間  観察 する こと  より 理解 でき まし た。実際,わたし  クリスチャン 会衆 から 大きな      まし た。

ひどい 落胆  嬉しい 驚き

聖書  理解 できる よう  助け  くれ  ステファン

わたし は,十   頃,ある 日,街路      若者  互い  手話    いる     し,ひそか  彼ら  付き合い 始め て,フランス 手話(FSL)を 覚える よう  なり まし た。また,それ まで どおり クリスチャン  集会   出席  まし た。集会  は,エホバ  証人  ある ステファン  いう 青年  わたし  関心  払っ て,意思  通わせ よう  いろいろ 努力   くれ   で,彼  強い   結ば   ゆく   感じ まし た。ところ  その 後,ひどく 落胆 する こと  なり まし た。ステファン  クリスチャン     中立  保つ ため 兵役  拒否   投獄     です。わたし は,ステファン   なく なっ  こと  すっかり 落ち込み,集会  ほとんど 出席  なく なり まし た。

それ から 11 か月 後,ステファン  釈放  れ,郷里  戻っ   まし た。驚い  こと に,彼  手話  使っ  話しかけ   まし た。わたし    疑い まし た。なんと ステファン は,刑務   フランス 手話  学ん   です。わたし は,ステファン    動き    表情   て,これ  ステファン  意思  通わせる こと  できる  思い,胸  躍り まし た。

ついに 聖書  真理  理解  

ステファン  わたし   聖書 研究  始め まし た。それ 以降,わたし      あっ  聖書  真理  断片 が,継ぎ合わさ   ゆき まし た。わたし  子ども   から,聖書 関係  出版   載せ られ  いる 美しい    て,その 物語  自分  脳裏  焼き付ける ため に,登場 人物  比べ たり,細か  事柄  調べ たり する   大好き でし た。アブラハム  その「胤」,また「大 群衆」に つい  知っ    まし  が,それら  概念  手話  説明  れる     初めて,意味  本当  理解 できる よう  なり まし た。(創世記 22:15‐18。啓示 7:9)わたし  自分 本来  言語 つまり   言語  見いだし  こと  明らか でし た。

集会      いる 事柄  理解 できる よう  なっ  から  いう もの,嬉しく て,もっと もっと 知り たく なり まし た。ステファン  おかげ  聖書  理解  深まっ  ゆき,1992 年,エホバ   献身   バプテスマ  受け まし た。この よう  進歩  遂げ    いえ,幼い   意思  通わせる こと  でき なかっ  わたし は,依然    内向   神経  でし た。

臆病  自分   闘い

やがて,わたし  交わっ    ろう者 たち   グループ が,ボルドー 郊外  ペサック  ある 会衆  統合   まし た。それ  とても 有益 で,わたし  引き続き 霊的  進歩  まし た。意思  通わせる 能力  限ら     ため,なおも  苦闘    まし  が,耳  聞こえる 友人 たち  わたし  全部 理解    どう   注意深く 確かめ  くれ まし た。ジル  奥さん  エロディ は,わたし  意思  通わせ よう    特別  努力  払っ  くださり,よく 集会   食事  お茶  招い  くださっ   で,素晴らしい 友情  育ま  まし た。神  愛情 深い 接し方  倣う 人々   交友 から は,本当  深い 喜び  味わえ ます。

  バネッサ  わたし    支え  なっ  いる

わたし  その 会衆 で,バネッサ  いう 魅力   女性  知り合い,その 細やか  気遣い  正義   強さ  引か  まし た。バネッサ は,わたし    聞こえ ない こと  障害  みなす どころ か,自分  経験  豊か  する もの  みなし  くれ まし た。わたし    奪わ れ,2005   バネッサ  結婚  まし た。今       意思  通わせる   苦手 です が,妻  助け られ て,臆病  自分  闘い,考え  気持ち  一層 表わし示せる よう  なっ   ます。そして,自分  責務  遂行 する     差し伸べ  くれる 支援  本当  感謝    ます。

エホバ から  もう 一つ  贈り物

わたし は,結婚    に,ルビエ  ある,エホバ  証人  フランス 支部 から,翻訳  仕事  ため  1 か月   訓練  受け  来る よう 招か  まし た。近年,支部  フランス 手話  DVD   種類  制作  よう  懸命  努力    まし  が,今後  続く さらに 多く  仕事  ため に,翻訳 チーム  強化 する 必要  あっ   です。

フランス 手話  聖書 講演    いる ところ

バネッサ  わたし も,わたし  支部  奉仕 する こと  非常  大きな 特権 で,エホバ  から  贈り物  ある,と 思い ながら も,実  不安 でし た。地元  手話 グループ  どう なる  か,自分 たち    どう  よう,支部  ある 地域  バネッサ  勤め口  見つけ られる だろ  か,と 考え   です。しかし,そう   問題  すべて エホバ が,驚く べき 方法  解決   ください まし た。わたし は,自分 たち 夫婦  ろう者 たち  対する エホバ    実感  まし た。

一つ  結ば   人々 から  支援

わたし は,翻訳  仕事  携わる こと で,ろう者  霊的  助け  差し伸べる ため  行なわ   いる 事柄 すべて  一層 よく 理解 できる よう  なり まし た。また,一緒  仕事    いる 多く  仲間  わたし  意思  通わせ よう    くださり,その こと  本当  大きな 喜び  なっ   ます。それら    手話  少し でも 学ん  使お     くださる  で,嬉しく 思っ   ます。疎外    いる よう  感じ  全く あり ませ ん。そう     表明 すべて は,エホバ       られる 類例  ない 一致  表われ です。―詩編 133:1

支部  翻訳 部門  仕事    いる ところ

わたし は,エホバ  感謝    ます。エホバ  クリスチャン 会衆  通し て,わたし  助ける   必ず いる よう    くださっ  から です。また,自分  同じ よう  ろう者 たち   ある 創造   知り,その   近づく よう,微力 ながら 助け  なれる こと   感謝    ます。そして,意思  疎通  妨げ  いる もの  一掃   て,すべて   が,一つ  結ば   人間 家族  一員   て「清い 言語」を ― エホバ   その 目的  つい   真理 を ― 話す よう  なる   待ち望ん   ます。―ゼパニヤ 3:9

^ 9節 フランス 政府 は,ろう者  ある 子ども たち   教育  手話  用いる こと を,1991  まで 公認    ませ  でし た。