内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2013年3月

   近づく

「すべてのうちどのおきてが第一ですか」

「すべてのうちどのおきてが第一ですか」

  喜ん  いただく     する 必要  ある でしょ  か。数 限りない 規則  従わ なけれ  いけ ない  でしょ  か。感謝  べき こと に,そう   あり ませ ん。神 ご自身   イエス  キリスト  よる と,神  わたしたち  求め  おら れる こと は,一語  要約 でき ます。マルコ 12:28‐31  読ん  ください。

まずは,イエス  そう 語っ  状況  考え   ましょ う。イエス は,死ぬ     ニサン 11 日,神殿  教え   まし た。イエス  敵対      たち は,論争    なっ  いる 疑問  投げかけ て,イエス  揚げ足  取ろ    まし た。その 都度 イエス  それ  答え,彼ら  沈黙   まし た。その 時,ある  から,「すべて  うち どの おきて    です か」と 尋ね られ   です。―28 

それ  たいへん 難しい 質問 でし た。ユダヤ     は,モーセ  律法  成す 600 余り  規定  うち,どれ    か,つまり どれ  最も 重要   関する 論争  あり まし た。また,規定  どれ   重要 で,いずれ   重き  置く   間違っ  いる   主張  あっ  よう です。イエス  この 質問  どう 答え  でしょ  か。

イエス は,一つ   なく 二つ  命令  挙げ,最初 に,「あなた は,心  こめ,魂  こめ,思い  こめ,力  こめ  あなた   エホバ  愛さ   なら ない」と 述べ まし た。(30 節。申命記 6:5)「心」,「思い」,「魂」,「力」と いっ   は,どれ  全く 別個  もの  指す わけ   あり ませ ん。 * 要する に,エホバ     は,人  全体,その 体力  能力  資力 など  すべて  関係   いる,と いう こと です。ある 聖書 注釈  は,「神    は,完全  もの  ある べき だ」と 述べ   ます。その よう    愛し  いる  は,日々,神  是認  ほほえみ  受け られる よう  生き方  する よう,最善  尽くし ます。―ヨハネ  一 5:3

  イエス は,「あなた  隣人  自分 自身  よう  愛さ   なら ない」と 述べ まし た。(31 節。レビ 記 19:18)神     隣人    は,不可分  関係  あり ます。後者  前者  副産物 です。(ヨハネ  一 4:20,21)わたしたち は,隣人  自分 自身  よう  愛し  いる なら,他    接する 際,自分    ほしい  思う   同じ 仕方  接し ます。(マタイ 7:12)その よう   て,わたしたち を ― また,隣人 たち  も ― ご自分    造ら     愛する  です。―創世記 1:26

エホバ  ご自分  崇拝   求め  おら れる こと すべて は,愛  いう 一語  要約 できる

  隣人  愛する よう    命令 は,どれ ほど 重要 でしょ  か。イエス は,「これら より 大きな おき   ほか  あり ませ ん」と 言い まし た。(31 )また,並行 記述    は,他  すべて  おきて  この 二つ  おきて  かかっ  いる,と  述べ   ます。―マタイ 22:40

  喜ば れる よう  する  は,煩雑  こと   あり ませ ん。神  わたしたち  求め  おら れる こと すべて は,一語  要約 でき ます。それ は,愛 です。愛 は,これ まで ずっ    崇拝  本質 でし  し,これ から  ずっ  そう です。と  いえ,単なる 言葉  感情   あり ませ ん。行動  表われる もの です。(ヨハネ  一 3:18)あなた も,『愛  ある』神 エホバ     どの よう  培い,どの よう  示せる   学ん   いかが です か。―ヨハネ  一 4:8

3   聖書 通読  範囲

マルコ 9‐16 ルカ 1‐6 

^ 6節 聖書  で「魂」と いう  は,人  全体  指し ます。ですから,「魂」は,「心」,「思い」,「力」など  包含  ます。

 

もっと調べる

「ものみの塔」

神の望んでおられることを行ないますか

神に従うことは重要ですが,神から友とみなしていただくためには,さらに必要なことがあります。