アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年2月

 聖書    生き方  変える

『二人はわたしが真理を自分で理解することを願っていました』

『二人はわたしが真理を自分で理解することを願っていました』
  • 生ま   年: 1982 

  • 生ま   国: ドミニカ 共和 

  • かつて は: モルモン 教徒    育っ 

過去  歩み:

わたし は,ドミニカ 共和   サントドミンゴ で,4  兄弟  末っ子    生ま  まし た。両親  教養  ある  たち で,子ども たち  健全  社会 環境    育て たい  思っ   まし た。そして,わたし  生ま れる 4   に,モルモン   宣教  たち  知り合い まし た。それら 青年 たち  きちんと   身なり  礼儀正しさ  感銘  受け  両親 は,やがて 末日 聖徒 イエス  キリスト 教会 すなわち モルモン 教会  信者  なる こと  決意 し,その   ごく 初期  家族 そろっ  入信  まし た。

わたし  成長 する 過程 で,教会   社交   活動  楽しみ,家族 生活  道徳  価値   重視    いる こと  高く 評価    まし た。そして,モルモン 教徒  ある こと  誇り  感じ,宣教   なる こと  目標   まし た。

そして 18   時,わたし  さらに 良い 大学 教育  受け られる よう  と,家族  米国  移住  まし た。その  1  ほど たっ て,エホバ  証人  ある 叔父  叔母 が,フロリダ      訪ね   て,一緒  聖書  大会  出席 する よう わたしたち 家族  招い  くれ まし た。大会  会場  わたし は,周り   たち  みな 聖書  開い たり ノート  取っ たり   いる こと  感銘  受け,自分  ペン  メモ 用紙  もらっ  同じ よう   始め まし た。

大会 後,叔父  叔母 から,『宣教   なる こと  関心  抱い  いる  なら,聖書  つい  学ぶ   手伝っ  あげ よう』と 言わ  まし た。わたし は,『それ  いい な』と 思い まし た。なぜなら,その   聖書 より モルモン   触れる 機会  ほう  多かっ  から です。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

叔母  叔父  電話  聖書  話し合い  する  に,自分  信条  聖書  教え  照らし合わせ  みる よう 勧め られ まし た。二   わたし  真理  自分  理解 する こと  願っ     です。

わたし は,モルモン   信仰  関し  多く  事柄  受け入れ   まし  が,実  ところ それら  考え  聖書  教え  調和   いる  どう   は,よく 分かっ   ませ  でし た。叔母  郵送   くれ た,エホバ  証人 発行 の「目ざめよ!」誌 1995  11  8    は,モルモン   信仰  関する 記事  幾つ  含ま    まし た。わたし  それ  読ん で,自分  モルモン  教え  多く    通じ   なかっ  こと  驚き まし た。それで,「目ざめよ!」誌  記述  本当  どう   確かめる ため に,モルモン   公式 ウェブサイト  調べ   まし た。記述  確か  事実  基づく もの でし た。後  ユタ   ある モルモン   博物  など  訪れ    も,その 記述  正しさ  確認  まし た。

わたし  それ まで ずっ と,モルモン   聖書  互い  補い合う もの  考え   まし  が,聖書  真剣  読む よう  なっ て,モルモン  教え  聖書  陳述   相違   気づき まし た。例えば,聖書  エゼキエル 18  4   は,『魂  死ぬ』と 述べ られ   ます が,モルモン 書(末日 聖徒 イエス  キリスト 教会)の アルマ 42  9   は,「魂  決して 死ぬ こと  あり得 ず」と 述べ られ   ます。

わたし は,教理   矛盾  加え て,モルモン 教徒 たち  国家 主義   思想   悩まさ  まし た。例えば,モルモン 教徒 は,『エデン    米国 ミズーリ   ジャクソン  カウンティー  あっ た』と 教え られ  おり,教会  指導  たち は,「神  王国 が……統治  行なう 時,汚れ なき 合衆国 国旗 は,自由  平等  権利  いう 旗ざお に……堂々  翻る  あろ う」と 言っ  いる  です。

わたし  は,自分  生ま       どんな   その 描写   当てはまら ない よう  思え まし た。ある   夕方,モルモン   宣教   なる ため  訓練  受け    青年 から 電話  受け  時,わたし  その 話題  持ち出し   まし た。そして 率直 に,『もし         戦争 する   たら,その   同じ モルモン 教徒 たち  戦う つもり です か』と 尋ね    ところ,驚い  こと に,その 青年 は『戦う』と 言い まし た。わたし  自分  信じ    様々  教え  さらに 詳しく 調べ,モルモン 教会  責任 ある 指導  たち   尋ね   まし た。すると,『君  疑問  対する 答え は,玄義  関する もの で,いつ   か,光  輝き  増す   明かさ れる』と 言わ  まし た。

わたし は,そう   説明  失望 し,自分 自身  つい て,また 自分  モルモン   宣教   なろ   思う   なぜ   か,じっくり 考え まし た。そして,宣教   なり たい  いう 気持ち は,他  人道 主義   大義  対し  感じる もの  大差 ない,と いう こと  気づき まし た。また,宣教   なる こと  よっ   られる 社会  地位     引か    まし た。しかし   つい  は,実  ところ,あまり よく 分かっ   ませ  でし た。それ まで    なく 聖書    通し     もの の,聖書  本当  高く 評価    おら ず,神  どんな 目的  地球  人類  創造      も,全く 知り ませ  でし た。

どんな   受け  か:

わたし は,エホバ  証人   聖書 研究  通し て,神  お名前   か,人  死ぬ  どう なる か,神  目的  成就  おい  イエス  どんな 役割  果たす か,と いっ   など,多く  こと  知り まし た。こう   ついに,この 素晴らしい 書物  通じ,自分  学ん  真理     たち   知らせる よう  なり まし た。神  おら れる こと  以前 から 知っ   まし  が,今   わたし      なっ  くださっ  その  に,祈り  よっ  話しかける こと  でき ます。わたし  2004  7  12 日,バプテスマ  受け  エホバ  証人  なり,その 6 か月  から キリスト    時間  宣教 奉仕  携わる よう  なり まし た。

そして,ニューヨーク  ブルックリン  エホバ  証人  世界 本部   5   働き まし た。その   は,全 世界  幾百幾千万  いう 人々  益する 聖書  聖書  基づく 文書  生産  一端  担う こと を,心ゆく まで 楽しみ まし た。そして  も,神  つい  学ぶ よう   人々  助け   ます。