アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年2月

モーセ その謙遜さ

モーセ その謙遜さ

謙遜  は。

謙遜   は,偉 そう   たり 威張っ たり 誇り高ぶっ たり  ませ ん。他    自分 より 劣っ  いる   よう  みなし ませ ん。人間  みな  完全   で,謙遜  あれ ば,慎み ― つまり,自分  限界  自覚   いる こと ― も 示す はず です。

モーセ  謙遜   どの よう  示し  か。

モーセ は,権威  与え られ  も,おごり高ぶっ たり  ませ  でし た。人  謙遜  高慢  は,幾らか 権威  与え られる  たちまち 明らか  なる 場合  少なく あり ませ ん。19 世紀  著述  ロバート  G  インガソル が,『だれ  せよ 本当  謙遜  どう  は,与え られ  権力  用い方  見れ  分かる』と 述べ  とおり です。その 意味  モーセ は,謙遜   非常  優れ  模範 です。どうして そう 言える でしょ  か。

モーセ は,大きな 権威  与え られ まし た。イスラエル  導く よう エホバ から 任命     です。それでも,決して 誇り高ぶっ たり   ませ  でし た。例えば,相続   関する 難しい 問題  扱う とき も,慎み深い 態度  示し まし た。(民数記 27:1‐11)その 裁定 は,その   世代   わたっ  適用  れる 判例  なる  で,重要 でし た。

モーセ は,イスラエル  指導   ある 自分   その   関する 裁定  下す 資格  ある,と 考え  でしょ  か。自分  生来  能力,長年  経験,エホバ  お考え  関し  自分 だけ  知っ  いる 事柄 など  頼っ  でしょ  か。

高慢    あれ ば,その よう  反応     しれ ませ ん。しかし,モーセ  違い まし た。聖書  記録  よる と,「モーセ は[その]訴え  エホバ    提出 し」まし た。(民数記 27:5)考え     ください。イスラエル 国民  40    わたっ  指導      いう  に,自分 自身  では なく エホバ  頼っ   です。この  から,モーセ  とても 謙遜  あっ  こと  はっきり 分かり ます。

モーセ  自分  権威  守る こと  固執  たり   ませ  でし た。エホバ    イスラエル    預言     行動 する こと  許さ     は,喜び まし た。(民数記 11:24‐29)しゅうと から,仕事    幾らか    たち  委ね   どう   言わ    も,謙遜  その 提案  受け入れ まし た。(出エジプト 記 18:13‐24)また,生涯  終わり 頃,身体    まだ 強健 でし  が,自分  後継   任命   くださる よう エホバ  願い求め,エホバ  ヨシュア  お選び  なる と,年下  ヨシュア   から 支持  まし た。民  対し,ヨシュア  指導  従っ  約束    入る よう 勧め   です。(民数記 27:15‐18。申命記 31:3‐6; 34:7)確か  モーセ は,崇拝      導く こと  特権  考え まし た。しかし,自分  権威    人々  福祉 より 重んじる こと  あり ませ  でし た。

どんな こと  学べる か。

わたしたち は,力  権威  生来  能力  あっ  も,おごり高ぶっ たり   たく あり ませ ん。忘れ ない よう   ましょ う,エホバ  とっ  有用    なる ため  は,どんな    能力 より 謙遜   ほう  重要 です。(サムエル  一 15:17)本当  謙遜   は,「心  つく   エホバ  依り頼め。自分  理解  頼っ   なら ない」と いう 聖書  賢明  アドバイス  当てはめる よう 努力 する こと でしょ う。―箴言 3:5,6

モーセ  模範 から,自分  立場  権威  重視 しすぎ   なら ない こと  学べ ます。

モーセ  示し  謙遜   模範  倣う なら    られる でしょ  か。もちろん です。真  謙遜   培う なら,周囲   から 接し やすい 人,また 愛さ れる 存在  なり ます。さらに 重要  こと   て,エホバ  から 愛さ れる 存在   なれ ます。エホバ ご自身  この 素晴らしい 特質  示し  おら れる から です。(詩編 18:35)「神  ごう慢    敵対 し,謙遜    過分  ご親切  施さ れ」ます。(ペテロ  一 5:5)だから こそ,モーセ  謙遜   倣う べき   です。