アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年1月

 聖書    生き方  変える

『ついに本当の意味で自由になりました』

『ついに本当の意味で自由になりました』
  • 生ま   年: 1981 

  • 生ま   国: アメリカ

  • かつて は: 放とう 息子 だっ 

過去  歩み:

わたし は,米国 ウェスト  バージニア  北部  オハイオ  沿い  ある 静か  町,マウンズビル  生ま  まし た。わたし  4  兄弟   から 2   で,3      でし  から,家    静か  なる  など めった  あり ませ  でし た。両親 は,働き者  正直 で,他   たち  愛する  でし た。我    決して 裕福   言え ませ  でし  が,必要    いつも あり まし た。両親  エホバ  証人 で,わたしたち 子ども  幼い  から 聖書   原則  教え込む ため  最善  尽くし まし た。

しかし わたし は,思春   なる 頃,心  誘惑   て,教え られ    事柄 から すでに 離れ 始め   まし た。そして,聖書   原則  導か   人生  有意義  満足  ゆく もの  なる   どう   疑問  思い,し たい こと     自由  でき ない なら 決して 幸福   なれ ない,と 考え まし た。その うち に,クリスチャン  集会  出席  なく なり,兄    わたし  倣っ  反抗   歩み   まし た。両親  わたしたち  助け よう    できる 限り  こと   まし  が,わたしたち  それ  はねつけ まし た。

わたし は,自分  望ん   た“自由”を  よう  すれ  様々  悪い 習慣  陥る,と  思っ    ませ  でし た。ある 日,学校 から  帰り道,友人 から たばこ  勧め られ て,吸っ  しまい,それ 以降,ほか   多く  有害  行為  加わり まし た。やがて,薬物  アルコール  乱用 し,不 道徳  生き方  する よう  なり まし た。その     わたっ  徐々  強い 薬物    出し,その 多く  やめ られ なく なり まし た。そして,依存   深み  はまり,そう   生活  続ける ため  薬物  売り 始め まし た。

    なんとか 無視  よう   まし  が,その   自分  生き方  間違っ  いる こと  思い知らさ  まし た。それでも,『もう だめ だ,元   戻れ ない』と 思い まし た。パーティー  コンサート  会場  人々  囲ま     も,孤独  感じ たり 憂鬱  なっ たり する こと  よく あり まし た。時  は,両親  きちんと   善良    ある こと  思い,自分  いかに 遠く まで 迷い出  しまっ    考え たり   まし た。

 聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

わたし  自分  こと  諦め   まし  が,他   たち  諦め   ませ  でし た。西暦 2000 年,両親 から エホバ  証人  地域 大会  出席  ない   誘わ れ,わたし  渋々 付い  行き まし た。意外  こと に,やはり 迷い出        出席  まし た。

大会 中,わたし  1  ほど   ロック  コンサート     同じ 会場    こと  思い出し,その    全く 対照   ある こと に,心   から 感動  まし た。コンサート 会場  ゴミ だらけ で,たばこ    充満 し,来場   大半   愛想 で,音楽  込め られ  メッセージ  憂鬱  もの でし た。しかし 大会  会場  は,純粋  幸福  人々  囲ま れ,何   会っ   なかっ   たち から,温かく 歓迎   まし た。施設  清潔 で,掲げ られ    メッセージ  希望  満ち  もの でし た。聖書  真理  及ぼす 良い 影響      わたし は,『自分  なぜ これ  退け   だろ う』と 思い まし た。―イザヤ 48:17,18

『聖書  おかげ で,薬物  売買  やめ  社会  生産   一員  なる こと  でき まし た』

そして,その 大会  すぐ,クリスチャン 会衆  戻る こと  決意  まし た。兄   も,その 大会  経験   事柄    動かさ  て,戻る こと  決意 し,わたしたち 3  は,それぞれ 聖書 研究  司会   もらう こと  同意  まし た。

わたし  特に   動かさ    は,ヤコブ 4  8  の,「神  近づき なさい。そうすれば,神  あなた方  近づい  ください ます」と いう 聖句 です。神  近づき たけれ  生活  清い もの   なけれ  なら ない,と いう こと  気づき まし た。とりわけ,たばこ  やめ,薬物  アルコール  乱用  やめる 必要  あり まし た。―コリント  二 7:1

わたし は,それ まで  友達   関係  断ち,エホバ  崇拝 する  たち    友達  作る よう   まし た。わたし  聖書 研究  司会   ある クリスチャン  長老 は,特に   なっ  ください まし た。よく 電話  くれ たり,わたし  様子  見る ため  立ち寄っ  くれ たり    です。今  も,わたし  親友    です。

2001   春,わたし     献身  象徴      バプテスマ  受け まし た。兄    受け まし た。両親  忠実  保っ      どれ ほど 喜ん  か,想像   いただける でしょ う。わたしたち 家族  ついに エホバ   崇拝  おい  一つ  結ば    です。

どんな   受け  か:

かつて  聖書   原則  余りに  窮屈  もの  思っ   まし  が,今   それ  保護  なる かけがえ  ない もの  考え   ます。聖書  おかげ で,薬物  売買  やめ  社会  生産   一員  なる こと  でき   です。

わたし  とっ て,エホバ  崇拝 する 人々 から 成る 世界   兄弟 関係    いら れる こと  特権 です。その 人々  愛し合っ  おり,神  仕える こと  おい  一つ  結ば    ます。(ヨハネ 13:34,35)その 兄弟 関係   から 特別  祝福  なる 伴侶  与え られ まし た。わたし  深く 愛し,慈しむ,妻  エイドリアン です。夫婦    創造   仕える  は,大きな 喜び です。

わたし  今,利己   生き方  する    なく,人々    言葉 から   得る 方法  教える 奉仕 活動   時間 携わっ  おり,そう する こと  最大  幸福  味わっ   ます。ですから,強い 確信  こめ て,『聖書  わたし  生き方  変え た』と 言う こと  でき ます。わたし  ついに 本当  意味  自由  なっ   です。