アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2013年1月

 その 信仰  倣う | アベル

「彼は死んだとはいえなお語っている」

「彼は死んだとはいえなお語っている」

アベル は,自分    群れ    斜面  穏やか    はん  いる      ます。その 時,羊 たち  はるか 向こう に,かすか  光る もの  見え    しれ ませ ん。アベル  知っ   まし た。そこ  は,燃える     絶え  回転    て,エデン       ふさい  いる  です。アベル  両親  かつて そこ  住ん   まし  が,今       そこ  入る こと  でき ませ ん。アベル は,髪  夕方  そよ風  感じ ながら,空  見上げ  創造   こと  考え ます。人間       生じ  亀裂 は,いつ    修復  れる  でしょ  か。アベル は,そう なる こと    願っ   まし た。

アベル  今日 あなた  語りかけ   ます。その   聞こえ ます か。『聞こえる わけ  ない』と 言う   いる でしょ う。なにしろ,アダム  2    息子  あっ  アベル  遠い   亡くなり,その 遺体  所在 不明  まま   なっ  6,000    なる から です。聖書 は,死ん    関し て,『何  意識  ない』と 教え   ます。(伝道  書 9:5,10)しかも,アベル  言葉  一つ  聖書  記録     ませ ん。で あれ ば,どうして わたしたち  語りかけ られる でしょ  か。

使徒 パウロ  霊感  もと に,アベル  つい て,「それ  よっ て,彼  死ん    いえ なお 語っ  いる」と 述べ   ます。(ヘブライ 11:4)何  よっ  語っ  いる  でしょ  か。信仰  よっ  です。アベル は,その 優れ  特質    着け  最初   でし た。信仰  非常  力強く 実証   ゆえ に,その 模範  生き  おり,今日   適用 できる 生き生き   規準  ある,と 言え ます。アベル  信仰 から 学び,その 信仰  倣う よう 努める なら,アベル  関する 記録  わたしたち に,実際 に,かつ 効果   語っ  いる こと  なり ます。

しかし,アベル  こと  聖書   ほとんど 記さ    ない  に,アベル  その 信仰  関し  どんな こと  学べる  でしょ  か。考え   ましょ う。

  揺らん   成長  

アベル は,人間  歴史  始まっ  ばかり    生ま  まし た。後  時代  イエス  アベル を『世    置か  た』こと  関連づけ まし た。(ルカ 11:50,51)その   は,罪 から 請け戻さ れる 見込み  ある 人々  世,と いう 意味  あっ  よう です。アベル は,人間    存在 する よう  なっ     4   でし  が,神  請け戻し 可能  ご覧  なっ     最初    あっ   思わ  ます。 * ですから,最良  影響  受け ながら 成長     ない こと  明らか です。

  まだ 揺らん  でし  が,早く  人間 家族  悲しみ  包ま  まし た。アベル  両親 アダム  エバ は,おそらく 容姿 端麗  精力    だっ  こと でしょ う。しかし,すでに 人生  脱落   なっ  おり,二   それ  自覚    まし た。かつて は,とこしえ  生きる 見込み  ある 完全  人間 でし  が,その 後,エホバ   反逆  て,エデン    あっ  パラダイス  住まい から 追放   まし た。自分  欲望  ほか  あらゆる 事柄  優先 し,子孫  必要  する もの  顧みる こと さえ    行動   結果,完全   とこしえ    失っ   です。―創世記 2:15–3:24

アダム  エバ は,園    追い出さ  て,生き  ゆく こと  難しさ  気づき まし た。それでも,最初    生ま   時,エバ は「エホバ  助け  ひとり  男子  産み出し た」  言い,二   その   カイン つまり「産み出さ   もの」と 名づけ まし た。その 言葉 から する  エバ は,エホバ  エデン    なさっ  約束  念頭  置い       しれ ませ ん。その 約束  は,ある  が「胤」を 産み出し,その   いつ   か,アダム  エバ  離反    邪悪    滅ぼす,と いう 予告 でし た。(創世記 3:15; 4:1)エバ は,自分  その 預言    言わ     あり,カイン  その 約束   た「胤」で ある,と 思っ   でしょ  か。そう    たら,その 臆測  残念 ながら 間違い でし た。

さらに,もし エバ  アダム  その よう  考え  成長   カイン  抱か     あれ ば,カイン   完全  人間  あり ながら 誇り高ぶる よう  なっ  こと でしょ う。やがて エバ        産み まし  が,その 息子  つい   カイン    よう  大げさ  陳述  どこ    られ ませ ん。アダム  エバ  その   アベル  名づけ まし た。その  は,「呼気」つまり「むなしさ」と いう 意味  あろ   思わ  ます。(創世記 4:2)その よう  名前  付け  こと から する と,アダム  エバ  その   あまり 期待  ず,カイン  対する ほど  望み  抱か なかっ   でしょ  か。わたしたち   推測 する こと しか でき ませ ん。

いずれ  せよ,今日,子ども  持つ  は,最初  二親 から 多く  こと  学べ ます。自分  言動  よっ  子ども に,誇り高ぶっ  態度  野心  利己   傾向  抱か   しまう でしょ  か。それとも,エホバ   愛し       よう  関係  築く べき こと  教える でしょ  か。残念  こと に,最初    その 責任  果たし ませ  でし た。それでも,その 子孫   望み  あり ます。

アベル  信仰  培っ た ― どの よう に?

      成長 する  つれ,アダム は,家族  必要  する もの  備える ため   なけれ  なら ない 仕事  できる よう,息子 たち  訓練   こと でしょ う。カイン  農業 に,アベル    飼う 仕事  携わり まし た。

しかし,アベル  はるか  重要  事柄  行ない まし た。長年  わたっ  信仰  培っ   です。後  時代  パウロ  その 優れ  特質  つい  書き まし た。考え     ください,アベル  とっ て,見倣える よう  模範  なる 人間      ませ  でし た。では,どの よう    エホバ   対する 信仰  培っ   でしょ  か。アベル  確固    三つ  基盤    信仰  築い  よう です。それ  つい  考え   ましょ う。

エホバ  創造    物。

確か に,エホバ  地面  のろい,農耕  妨げる イバラ  アザミ  生じる よう  され まし た。それでも  は,アベル  家族  生き  ゆく   必要  食べ物  豊か  産出  まし た。また,鳥    含め 動物  のろわ   おら ず,山  湖,川  海,空  雲,太陽     も,のろわ     ませ  でし た。アベル は,すべて    創造    エホバ   深い   知恵  善良   証拠 を,至る所     まし た。(ローマ 1:20)そして,それら    つい  感謝    抱い  黙想 する こと で,信仰  強まり まし た。

アベル  時間  割い  霊的  事柄  思い巡らし   違いあり ませ ん。アベル  群れ  牧し  いる ところ  想像     ください。羊飼い    生活 する   相当  距離  歩か なけれ  なり ませ ん。みずみずしい 青草 や,最良  水飲み場 や,最も 安全  休み場  絶え  求め,それら おとなしい  動物  導い て,丘  越え,谷合い  通り,川  渡り まし た。神  創造    動物    も,羊  特に 無力  思え まし た。人間  導か  守ら れる 必要  ある もの    造ら     よう  動物 でし た。アベル は,自分 も,人間 より はるか  賢く,はるか    ある   指導  保護  世話  必要    いる,と いう こと  理解   でしょ  か。きっと,そう   様々  考え  祈り    言い表わし,その 結果 ますます 信仰  育ま   いっ  こと でしょ う。

アベル は,愛 ある 創造   対する 信仰  築く ため  強固  基盤 を,創造   うち  見いだし 

エホバ  約束。

アダム  エバ は,自分 たち  追放  れる 原因  なっ た,エデン     出来事  つい て,息子 たち  話し   違いあり ませ ん。それで,アベル   熟考 する べき こと  たくさん あり まし た。

エホバ は,『地面  のろわ れる』と 言わ  まし た。アベル は,その 言葉 どおり  生え出  いる イバラ  アザミ     まし た。エホバ  また,エバ  妊娠  出産    苦痛  感じる こと  予告   まし た。アベル は,母親  出産   て,その 予告 どおり  なっ  こと  知っ   違いあり ませ ん。エホバ は,エバ      関心  過度  必要  感じる   対し,アダム  エバ  支配 する こと  予見   まし た。アベル は,その 予見  悲しい 現実  なっ  いる     当たり   まし た。どの 場合  も,エホバ  言葉  全く 信頼 できる もの でし た。ですから,エデン  始まっ    いつ   か「胤」が 正す,と いう   約束  信仰  置く,確か  根拠  あっ   です。―創世記 3:15‐19

エホバ   たち。

アベル  人間 家族   良い 模範  見いだせ ませ  でし  が,神  創造    理知 ある 存在  当時 地上     は,人間 だけ   あり ませ  でし た。アダム  エバ  エデン   から 追放    時,エホバ は,彼ら  その 子孫  決して その 地上  パラダイス  近づけ ない よう  し,園  入口  守る ため に,非常  高い   天使  ある ケルブ たち を,回転  つづける   燃える     配置     です。―創世記 3:24

アベル は,子ども   から,それら ケルブ        こと でしょ う。肉体  備え  現われ  ケルブ たち  その 姿 は,とてつもなく 力強く 見え   違いあり ませ ん。また,その「剣」も,常  燃え ながら 回転   おり,恐ろしい もの でし た。アベル  その 後,それら ケルブ  退屈   自分  持ち場  離れる     こと  あっ  でしょ  か。いいえ,あり ませ ん。それら 理知 ある 強力   たち は,昼   も,来る年  来る年 も,何十  も,ずっ  そこ     です。それ  アベル は,エホバ    なる 忠実   たち  持っ  おら れる こと  知り,それら ケルブ たち に,自分  家族    られ ない,エホバ   忠節  従順  模範   まし た。アベル  信仰 は,そう   模範  よっ  強め られ   違いあり ませ ん。

アベル  生涯  ずっ と,ケルブ たち  エホバ  忠実  従順    ある   見る こと  でき 

アベル は,エホバ  創造   約束  その  たち  示す 模範  通し  ご自身  つい  明らか    おら れる 事柄 すべて  熟考 する こと  より,信仰  強め  ゆき まし た。アベル  模範  わたしたち  語りかける    ない でしょ  か。若い   特に,家族       どう  あれ 自分  エホバ   対する   信仰  培える,と いう こと  分かり,心強く 感じる   しれ ませ ん。今日  わたしたち は,周囲  至る所  創造  驚異  見る こと や,聖書 全巻  読む こと や,信仰  模範  言える   大勢 見る こと  できる  ですから,信仰  築く ため  十分  基盤  持っ  いる  言え ます。

アベル  ささげ  犠牲 ― それ  勝っ      なぜか

アベル は,エホバ  対する 信仰  強く なる  つれ,どう すれ  その 信仰  行動  示せる だろ    考え まし た。しかし,単なる 人間  宇宙  創造     ささげる こと  できる でしょ  か。もちろん,神  人間 から  贈り物  助け  必要     おら  ませ ん。やがて アベル は,深遠  真理  理解 する よう  なり まし た。もし 自分  持っ  いる もの  うち 最良  もの  正しい 動機  ささげる なら,愛情 深い    エホバ  喜ん  くださる,と いう こと  理解    です。

それで,自分  群れ   から     ささげる 準備   まし た。最良  羊,初子  選び,最も 良い  思える もの  ささげ まし た。一方 カイン も,神  祝福  恵み  求め て,収穫   穀物   から 捧げ物  用意  まし た。しかし,その 動機  アベル  動機   異なっ   まし た。その 相違 は,二   自分  捧げ物  差し出し    明らか  なり まし た。

アベル  信仰  抱い  犠牲  ささげ  が,カイン  そう   なかっ 

アダム  それら 息子 たち     も,祭壇    用い  捧げ物    もの  思わ  ます。おそらくは,当時 地上  唯一 エホバ  代表 する   あっ  ケルブ たち  見える  で, そう    でしょ う。エホバ  それ  お応え  なり まし た。「エホバ  アベル  その 捧げ物   好意  もっ    おら  た」と 記さ    ます。(創世記 4:4)神  好意  どの よう  明示     か,何  記述     ませ ん。それにしても,なぜ アベル  好意  お持ち  なっ   でしょ  か。

捧げ  自体  好ましい もの だっ   でしょ  か。アベル  確か に,生き  呼吸     動物  ささげ まし た。その 貴重      流し て,ささげ   です。その よう  犠牲  どれ ほど 価値 ある もの   知っ     でしょ  か。アベル  時代 から  世紀   に,神 は,ご自分  完全    犠牲  表わす ため に,きず  ない 子羊  犠牲  お用い  なり まし た。神   は「神  子羊」と  て,罪  ない その   流し   です。(ヨハネ 1:29。出エジプト 記 12:5‐7)と  いえ,そう   事柄  多く は,もちろん,アベル   知る こと  理解 する こと  でき ませ  でし た。

確か   は,アベル  自分  持っ    もの   から まさしく 最良  もの  ささげ た,と いう こと です。エホバ は,その 捧げ物 だけ  なく アベル 自身   好意  もっ  ご覧  なり まし た。アベル  エホバ  対する   純粋  信仰  促さ   行動   から です。

カイン  場合  そう   あり ませ  でし た。エホバ は「カイン  その 捧げ物   少し  好意  もっ  ご覧  なら なかっ た」の です。(創世記 4:5)カイン  捧げ  自体  欠陥  あっ   いう わけ   あり ませ ん。後  時代    律法 は,地  産物  ささげる こと  認め  いる から です。(レビ 記 6:14,15)しかし 聖書 は,カイン の『業  邪悪  あっ た』と 述べ   ます。(ヨハネ  一 3:12)カイン は,今日  多く    同じ よう に,神  専心   いる よう  見えれ  それ  十分 だ,と 考え  もの  思わ  ます。エホバ     信仰    欠け  いる こと は,すぐ その 行動  表われ まし た。

カイン は,自分  エホバ  好意     ない こと  気づい  時,アベル  模範 から 学ぼ   する どころ か,弟  ひどく 憎む よう  なり まし た。エホバ  カイン      生じ  いる こと   て,辛抱強く 訴えかけ られ まし た。カイン に,そのまま   重大    犯す こと  なる  警告 し,歩み  改め さえ すれ ば「高め られる」すなわち   是認  受け られる  述べ  希望  差し伸べ   です。―創世記 4:6,7

カイン    警告  無視  まし た。自分  こと  疑わ ない  アベル  野原   誘い出し,襲いかかっ  殺害    です。(創世記 4:8)ですから,ある 意味  アベル は,宗教  迫害  最初  犠牲 者,最初  殉教   なり まし た。死ん    いえ,その 物語  決して 終わっ  わけ   あり ませ  でし た。

比喩   言っ て,アベル    エホバ   向かっ て,復しゅう  公正  求め,叫び まし た。それ   は,邪悪  カイン  その 犯罪 ゆえに 処罰 する こと  より,公正  処置  取ら れる よう  され まし た。(創世記 4:9‐12)さらに 重要  こと   て,アベル  信仰  関する 記録 は,今日  わたしたち  語りかけ   ます。アベル は,この 地上  100  ほど 生き   思わ  ます。当時       短い 生涯 でし  が,有意義  一生 でし た。死ぬ   は,自分     エホバ から 愛さ  是認    いる,と いう 自覚  抱い   まし た。(ヘブライ 11:4)ですから,アベル  エホバ  無限  記憶    安全  守ら    て,楽園  なっ  地上  復活   くる,と 確信 でき ます。(ヨハネ 5:28,29)その  あなた  そこ    アベル  会える でしょ  か。もし アベル  語りかける   聴き,その 際立っ  信仰  倣お う,と 決意   いる なら,きっと 会える こと でしょ う。

^ 8節 『世    置く』と いう 表現 は,種  投げ落とす  いう 考え  含ま れ,生殖  暗示   いる ゆえ に,最 初期  人間  子孫  関係  あり ます。しかし イエス が,最初  生ま    カイン   なく アベル を『世    置か  た』こと  結びつけ   は,カイン  決定  行動  エホバ   対する 故意  反逆  相当   から です。カイン は,自分  両親  同様,復活 する こと  請け戻さ れる こと  ない,と 考え られ ます。