アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年12月

聖書時代における化粧

聖書時代における化粧

聖書 時代  女性 たち  美容   は,目      ため  化粧   使用  含ま    

その 女性 は,水浴び   後,柔らかく なっ    幾らか 香油  塗り ます。その あと,色鮮やか  装飾  施さ     開き ます。その   は,ガラス,象牙,貝殻,あるいは   でき た,幾つ   小瓶    見え ます。それら  は,バルサム,カルダモン,肉桂,乳香,蜜,没薬 など  繊細  香り  する,いろいろ    香料  入っ   ます。

女性  その  から,繊細  細工  施さ  た,さじ      幾つ  取り出し ます。それら  使っ て,その   ため  選ん  品々  混ぜ合わせ,青銅    のぞき込み ながら,自分  やり方  念入り  化粧   ます。

最古  時代 から,女性  自分  美しく 見せる こと  強い 関心  抱い    よう です。昔  墳墓  壁画  フレスコ   モザイク   みな,古代  メソポタミア  エジプト  人々   で,広く 化粧   使わ     こと  示し   ます。エジプト  女性  肖像   られる,厚化粧   アーモンド    は,非常  人気  あり まし た。

では,イスラエル   どう だっ  でしょ  か。古代 イスラエル  女性  化粧   使っ  でしょ  か。そう    たら,どんな もの  使っ   でしょ  か。もちろん,参考  できる よう な,古代 イスラエル  墳墓  壁画  フレスコ   あり ませ ん。しかし,聖書  記述 や,聖書    発掘    古代  品々 から,聖書 時代  化粧   どの よう  使わ       窺い知る こと  でき ます。

使わ     化粧 道具

化粧   石灰   パレット,イスラエル

イスラエル 各地  発掘 現場 で,化粧   香料  使用  関連   品々  無数  出土    ます。化粧   材料  すり 潰し  混ぜる ため      パレット,ニンジン   香油 瓶,雪花石こう   塗り油 入れ,青銅  磨い  作っ  手鏡 など  発見     まし た。一つ  象牙  さじ  場合,柄  片面   ヤシ    模様 が,もう 片面   周囲  ハト  あしらっ  女性  頭部  彫り込ま    ます。

装飾  施さ   貝殻 は,化粧   容器   て,裕福  人々    人気  あっ  よう です。エジプト  カナン  遺跡  は,象牙  または 木製  化粧  さじ  発見     ます。それら    は,少女 たち  泳い  いる 姿    様々  込み入っ    彫刻    もの  あり ます。それら  みな,当時  女性 たち  化粧   よく 使っ    こと  物語っ   ます。

アイメーク

聖書   ヨブ      は,「ケレン  ハプク」と 名づけ られ   ます。その  は,ヘブライ  で「(目 の)黒色 顔料  角」と いう 意味  あり,コール  呼ば れる アイメーク  顔料 など  化粧   入れ  もしくは   指し   た,と 考え られ ます。(ヨブ 42:14)その 名前 は,娘  概して 美しかっ  こと  暗に 指し  いる    しれ ませ  が,当時  化粧  行なわ     こと  示し  いる よう です。

 意味深い こと に,聖書     塗る こと  述べ られ  いる 場合,それ   に,腹黒い 王妃 イゼベル や,預言   エレミヤ  エゼキエル  売春     描写    忠実  エルサレム など,悪名 高い 女性 たち  結びつけ られ   ます。(列王  二 9:30。エレミヤ 4:30。エゼキエル 23:40)出土   数多く の,ガラス    作ら   容器 に,コール  アイライン  引く ため  小さな 棒状  道具  付い    こと から  て,背教   イスラエル  多く  女性,特に 王家  富裕   婦人 たち に,アイライナー    化粧   厚化粧 する 習慣  あっ  こと  明らか です。

神聖  香油  一般   香油

古代 イスラエル   長い 年月  わたり,オリーブ       香料  製造  れ,使用     まし た。聖書  出エジプト   は,祭司 たち  神殿   奉仕  用い  神聖  香油  製法  収め られ   ます。その 香油 は,肉桂  没薬    芳香 植物  混ぜ合わせ  もの です。(出エジプト 記 30:22‐25)考古   たち は,エルサレム  発見   ある 遺跡 を,西暦 1 世紀  神殿   香料    製造      工房   考え   ます。聖書  は,神聖  奉仕  使わ   香油  日常 生活  使わ   香油  こと  触れ  いる 箇所  数多く あり ます。―歴代  二 16:14。ルカ 7:37‐46; 23:56

テラコッタ   香料 入れ,イスラエル

そこ  世界     希少  地域 だっ   で,香料 入り   は,日常  衛生 管理  一環    よく 使わ    まし た。油 は,暑く  乾燥   気候    皮膚  保護 する ため だけ  なく,化粧      用い られ まし た。(ルツ 3:3。サムエル  二 12:20)ユダヤ   乙女  あっ  エステル は,アハシュエロス   ところ  行く  に,12 か月   及ぶ 全身 美容 ― 6 か月  没薬    使っ  マッサージ,さらに 6 か月  バルサム   使っ  トリートメント ― を 施さ  まし た。―エステル 2:12

香料  香油 は,銀     匹敵 する,価値 ある 商品 でし た。シェバ  女王   旅行    ソロモン   もと  訪れ  時,持っ    高価  贈り物    は,金  宝石  ほか  バルサム   含ま    まし た。(列王  一 10:2,10)ヒゼキヤ  は,バビロン から   使節 に,自分    宝物  見せ  時,銀  金,および すべて  武器   とも に,誇らしげ に「バルサム 油,良質  油」も 見せ まし た。―イザヤ 39:1,2

様々  花,果実,葉,樹脂,あるいは 樹皮 から 抽出 できる 香料  精油 は,ごく わずか でし た。聖書  は,アロエ,バルサム,ブデリウム 樹脂,しょうぶ,カシア,肉桂,乳香,没薬,サフラン,甘松 など,数々  芳香 植物  こと     ます。それら  植物    は,ヨルダン 渓谷  自生     もの  あれ ば,インド  アラビア 南部 その他   から 伝説   香料 交易   通っ  輸入    もの  あり まし た。

実体  よく 分から ない バルサム 

バルサム  は,すでに 述べ  とおり,聖書   王妃 エステル,シェバ  女王,および ヒゼキヤ   関する 記述       ます。1988  に,死海 西岸  クムラン  近い 洞くつ で,油  小さな   発見  れ,多く  臆測  呼び まし た。それ  名高い バルサム  で,残っ    最後  もの でしょ  か。研究  たち   確か  こと  分かっ   ませ ん。栽培  たち は,今日  至る まで,かつて 有名 だっ  バルサム  木立  よみがえらせ よう  努力    まし た。

象牙  化粧   容器,イスラエル

証拠 から する と,聖書   言及    いる バルサム    エン  ゲディ 周辺  地域  栽培      こと  明らか  よう です。発掘 調査  よっ て,西暦  6 世紀  もの  ある,炉  壺,また 様々  金属    作っ    発見   まし た。それら は,他  地域  香料 作り  ため  使わ       類似    ます。ほとんど    は,バルサム      アラビア  アフリカ  もの だっ た,と 考え   ます。バルサム  香り  その 樹液 から 生じ まし た。バルサム   あまりに  珍重    ため,その 栽培   製造   秘密  され まし た。

バルサム は,政治  駆け引き  材料     使わ  まし た。例えば,歴史  ヨセフス  よれ ば,マルクス  アントニウス は,それら 貴重  植物  木立  そっくり   入れ て,エジプト  女王 クレオパトラ   贈り物   まし た。ローマ  歴史  プリニウス は,西暦 1 世紀  ユダヤ 戦争  期間 中,ユダヤ   戦士 たち が,戦勝   ローマ   バルサム  奪わ  ない よう,その 植物 すべて  焼き尽くそ    た,と 述べ   ます。

わたしたち は,聖書  述べ  いる 事柄  考古    発見  基づい て,聖書 時代  人々  どの よう  化粧        幾らか 知る こと  でき ます。聖書 は,化粧     装飾   使用    する    なく,慎み  健全  思い   もっ  用いる べき こと  強調    ます。(テモテ  一 2:9)使徒 ペテロ は,「神    大いに 価値  ある」もの は「もの静か  温和  霊」で ある,と 述べ まし た。スタイル  ファッション    変化 する もの   で,その 言葉 は,老若  問わ  クリスチャン  女性  とっ  確か  良い アドバイス  ある,と 言え ます。―ペテロ  一 3:3,4