内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2012年12月

真の自由をついに見いだしました!

真の自由をついに見いだしました!

刑務      あざ笑い ながら,「お前 たち は,だれ  引き取り手   ない から,ここ  とどまれる ぞ」と 言い まし た。1950 年,勤勉  平和   ロシア  家族  ある わたしたち は,第   世界 大戦  終わっ  5  ほど たっ     に,北 朝鮮  囚人  なっ   まし た。どうして そう なっ   か,お話し  ましょ う。

わたし は,記録  よれ ば,1924   生ま  まし た。場所 は,ロシア 極東 の,中国 国境  近い シュマコブカ  いう  だっ  よう です。

ロシア 極東,プリモルスキー 地方  シュマコブカ 村。わたし  そこで 生ま  

ある 日,父   たち  山賊  連れ去ら れ,二   帰っ   なかっ   で,母 は,幾    幼い 子ども      残さ  まし た。子ども たち  満足  養う こと  でき なかっ  ため,近所  住ん     から,『わたし  この  たち  ロシア 正教会  孤児院  連れ  行っ て,母親  捨て られ た,と 言っ  あげ よう』と 言わ  まし た。

 は,もし その 勧め どおり   なけれ ば,わたし  含め 幼い 子ども  みな 餓死   しまう だろ う,と 思い,そう する こと  同意  まし た。わたし は,80  半ば  なっ  今,母  わたしたち  孤児院  送っ  くれ  こと  感謝    ます。わたしたち    助かっ    多分 その おかげ  から です。しかし   も,母  その 決定  思う と,悲しく なり ます。

1941 年,イワン  結婚   

1941 年,わたし  当時  朝鮮  移り住み,その   親切  ロシア  男性 イワン  結婚  まし た。そして ソウル で,1942   長女 オーリャ,1945   長男 コーリャ,1948   次男 ジョーラ  生ま  まし た。夫        営み,わたし  仕立   内職   まし た。ソウル  日本   占領       で,子ども たち  日本   話し ながら 成長  まし  が,家    ロシア   話し まし た。1950  まで,ソウル  住む ロシア   アメリカ   朝鮮  は,平和  関係  あっ  よう です。皆,うち    買い物     まし た。

 朝鮮  捕虜  なる

1950 年,青天  へきれき  よう に,情勢  一変  まし た。北 朝鮮  軍隊  ソウル  制圧    です。わたしたち  逃げる こと  でき ず,外国 から       民間     拘束   まし た。そして,戦争 捕虜  なっ  イギリス 人,ロシア 人,アメリカ 人,フランス   一緒 に,3    わたっ   朝鮮 全域  様々  場所  徒歩  移動   られ まし た。雨風  凌げる  なら どこ  でも 寝泊まり し,爆撃  避け よう   まし た。

  は,暖房 装置  ある   泊まる こと  でき,十分  食物  もらえる こと  あり まし  が,大抵,食べ物  言え ば“きび”しか なく,寝る 場所  寒々    廃屋 でし た。グループ    多く は,栄養 失調  なっ   世話  受け られ ず,死ん  ゆき まし た。わたし は,自分  子ども  苦しむ 様子  見る  つけ,気  狂い そう でし た。その 年,北 朝鮮     早く  まし た。ある  など は,一  じゅう たき火  そば  座っ て,温め    幾つ  子ども たち  寝床    あてがっ たり   もの です。

気候  暖かく なっ    時,朝鮮  村人 たち が,野生  植物  食用  なる もの  教え  くれ   で,わたしたち  野草  キイチゴ,ブドウ,キノコ など  集め まし た。明らか に,村人 たち は,わたしたち    憎しみ  抱い   おら ず,むしろ 哀れ  思っ  くれ     です。わたし は,粗末  食事  補う ため,カエル  捕まえる こと  覚え まし  が,絶え  カエル  せがむ 子ども たち   に,胸  痛む 思い   まし た。

 ある   10 月,わたしたち  マンポ まで 移動 する よう 命令   まし た。病人  幼児  ため  牛車    用意  れる  告げ られ,主人  オーリャ  徒歩  一行    出発  まし た。わたし  幼い 息子 たち と,牛車  到着       待ち望み まし た。そして ようやく,牛車  到着  まし た。

それら  牛車  は,病気  なっ  捕虜 たち が,穀物    よう  積み重ね られ   て,まさに ぞっ  する よう  光景 でし た。わたし が,幼い ジョーラ  背負い,コーリャ  牛車    乗せ よう    ところ,コーリャ  泣き出し て,「ママ,ママ,一緒  歩い  行き たい! ぼく      ない で!」と 叫び まし た。

コーリャ は,その 小さな   わたし  スカート    握り締め,とことこ 歩い  付い   まし た。行進     続き,その   多く  捕虜  銃殺  れ,カラス  群れ  追っ   て,置き去り  され  死体  ついばみ まし た。その 忌まわしさ  ほど  今日 まで 語りぐさ  なっ   ます。わたしたち  やっと  こと で,夫  オーリャ  再会 し,泣き ながら 抱き合い まし た。その   夜,わたし  ずっ  起き   て,火  そば    温め まし た。それ  子ども たち 全員  寝床    あてがえる  で,心  安らか でし た。

1953 年,朝鮮 半島  南北  分断 する 38    近く まで 来る と,生活  幾らか   なり まし た。清潔  制服  靴,パン など  支給  れ,飴  配ら れる こと  あり まし た。やがて イギリス  が,次  フランス   解放   まし  が,わたしたち  国籍  ない   みなさ れ,捕虜 たち  次々  去っ  後,最後 まで 取り残さ  まし た。その ため,絶望   泣き,食べ物    通り ませ  でし た。この 経験   冒頭  記し  よう に,朝鮮  刑務   あの 心ない 言葉  述べ   は,この   こと です。

米国   新た  生活

ところ  意外  も,その  しばらく   わたしたち は,非 武装 地帯  越え  韓国  連れ  行か  まし た。そして,アメリカ   関係   よる 取り調べ  受け  後,米国  移住 する こと   許さ  まし た。それで,船  カリフォルニア  サンフランシスコ  行き,ある 慈善 団体  支援  受け まし た。後 に,わたしたち  バージニア   移転 し,そこ    知人 たち  親切  援助  よっ  自立 でき,最終    メリーランド   引っ越し  新た  生活  始め まし た。

1954 年,主人 と,子ども たち  うち      

わたしたち は,電気 掃除   いっ た,ごく 普通    感激  まし た。慣れ ない   住む 移民   て,長 時間,懸命  働き まし た。しかし,わたし は,新しい 環境    新参   食い物   ながら うまく やっ  いる  たち     て,悲しく なり まし た。実  到着     なく,ロシア 正教会  司祭  知り合い  なり まし  が,その  から,「あなた方  今,祝福      いる  だから,進歩  たい なら,同じ 出身    たち  避け なさい」と 言わ      です。わたし  驚き,困惑  まし た。わたしたち  助け合う べき   ない  でしょ  か。

1970 年,エホバ  証人  バーニー  バトルマン  いう 男性 が,我    戸口  やっ   て,聖書      くれ まし た。その  は,わたしたち ロシア   よく  た,屈強  体つき の,率直  話し方  する  で,わたしたち   時間  話し合い まし た。わたし  ロシア 正教  孤児院  育っ   で,教会  教え  覚え   まし  が,自分  聖書  持つ こと など 考え  こと  あり ませ  でし た。ところ  バーニー は,聖書  1  持っ   て,「わたし  皆さん  こと  大好き   で,この 聖書  差し上げ ます」と 言っ   です。また,ベラルーシ 出身  ロシア   話す ベン  紹介   くれ まし た。

ベン  奥さん は,わたし  投げかける 質問 に,聖書 から 優しく 答え  くれ まし た。それでも わたし は,『証人 たち  聖句  曲解   いる』と 思っ   まし た。特に,証人 たち  出版  に『マリア   イエス  ほか   子ども たち   た』と 述べ られ  いる こと  憤慨  まし た。教会  教え られ  こと   違っ    から です。

わたし は,ポーランド   友人  電話  て,ポーランド   聖書   マタイ 13  55,56   どう 述べ られ  いる    くれる よう 頼み まし た。そして,友人  その 聖句  読ん  くれ  時,わたし は,イエス   確か   たち    こと  知っ  ショック  受け まし た。その 友人 も,ワシントン  議会 図書   働い  いる 知人  電話  て,閲覧 可能  聖書 翻訳 すべて  当たっ  その 聖句  調べ    ほしい,と 言い まし た。そして,どの 聖書  も,イエス         こと  述べ られ  いる,と 報告   くれ まし た。

わたし  ほか   多く  疑問  抱い   まし た。なぜ 子ども  死ぬ  だろ う。諸 国家  なぜ 戦争  する  だろ う。人々 は,同じ 言語  話し  いる 場合  さえ,なぜ 理解し合え ない  だろ  か。わたし は,聖書 から 答え   知っ て,胸  躍り まし た。苦しみ  人間  対する   ご意志   ない  です。様々  戦闘    死亡   愛する  たち  再会 できる こと  知っ て,大きな 喜び   まし た。その よう    徐々 に,エホバ  現実  存在  感じる よう  なり まし た。

ある 日,わたし  自分  イコン(聖 画像)の   立っ て,息子  こと    助け  乞い求め   まし た。息子  ベトナム  戦地 から 帰還   ばかり で,感情   深刻  問題  抱え    から です。わたし  その 時,はっ   まし た。祈り  イコン    なく,生ける  エホバ  ささげる べき だ,と 気づい   です。それで,イコン  取り外し,それら  単なる 華美    描か   アルミ   過ぎ ない    まし た。教会  買っ  もの でし  が,その  それら  処分  まし た。

子ども   から  教会  関係  断つ   容易   あり ませ  でし  が,わたし  聖書  教え  ほか   より  重んじる よう  なっ   まし た。その 1  後,娘 および   連れ立っ  ロシア 正教会  司祭  訪ね まし た。わたし は,聖書  関連   数々  質問  その   聖句  書き記し  メモ   持っ   まし た。わたし  それら  聖句    出し  読む と,司祭      振っ て,「あなた  もう だめ だ」と 言い,わたしたち に,もう     ない よう   命じ まし た。

勝ち気  知的 好奇   旺盛   オーリャ  その こと  きっかけ で,自ら 聖書  綿密  調べ,すぐ  わたし  一緒  エホバ  証人  集会  出席 する よう  なり まし た。わたし  1972  に,また オーリャ  その 翌年 に,バプテスマ  受け まし た。

    モットー

1990  ごろ,米国 メリーランド        

わたしたち 家族 は,過去  くよくよ 考え     精一杯 生きる こと  モットー     まし た。ですから,新奇  こと  あっ  も,正しい  確信   なら,実践 する こと  躊躇  ませ  でし た。娘  わたし は,神   関係  培い 始め  時,ぜひとも 人々    訪ね て,自分  学ん  事柄  話し たい,と いう 気持ち  なり まし た。正直  ところ,わたし  遠慮 なく   言う たち で,情  動かさ れる ほう   なかっ  ため,共  働く   わたし         入っ    丸く 治め なけれ  なら ない こと  あり まし た。しかし,時 たつ うち に,国籍  背景  異なっ     わたし  同じ よう に,より 良い 生活  探し求め  いる 様々    話しかける こと  できる よう  なり まし た。

その   年月,娘  わたし  よく,『いつか   カーテン  除か   なら,ロシア  行っ て,同胞 たち    つい  学ぶ   助け よう』と 言っ   まし た。そして,1990 年代 初期  その カーテン  消滅   時,オーリャ  その   実現   まし た。ロシア  移住 し,そこで 14  間,全 時間  宣教 奉仕  行なっ   です。多く    聖書 研究  すると とも に,エホバ  証人  ロシア 支部  聖書 文書  英語 から ロシア   翻訳 する 仕事  手伝う こと  でき まし た。

わたし  今,寝たきり です が,なるべく   過ごせる よう 子ども たち  できる 限り  こと    くれ   ます。わたし    感謝    ます。若い   辛い 経験   まし  が,その  まさに,より 良い 生活  送れ  から です。そして,羊飼い  あっ  ダビデ    ある,聖書  この 詩,「神 は……水  十分  ある 休み場  わたし  導い  ください ます。神  わたし    さわやか    ください ます。その み名  ため    進路  わたし  導い  ください ます」と いう 言葉  真実  ある こと  知る よう  なり まし た。―詩編 23:2,3 *

^ 29節 マリーヤ  キリン は,自身  書い  この 手記  出版  向け  準備    いる 最中  2010  3  1  に,死  眠り  就き まし た。