内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

「平和が善意の人々の間にあるように」

「平和が善意の人々の間にあるように」

「上​なる​高き所​で​は​栄光​が​神​に,地上​で​は​平和​が​善意​の​人々​の​間​に​ある​よう​に」。―ルカ 2:14

ある​人々​は​その​ため​に​クリスマス​を​祝う。

毎年,ローマ​法王​を​はじめ​と​する​宗教​指導​者​たち​は,「平和​が​善意​の​人々​の​間​に​ある​よう​に」と​いう​天使​たち​の​告げ​た​言葉​が​クリスマス​の​時期​に​実現​する​こと​を​願っ​て,平和​の​メッセージ​を​発信​し​ます。その​時期​に​特別​の​巡礼​を​行なう​人​も​い​ます。

それ​が​容易​で​ない​の​は​なぜか。

クリスマス​の​時期​の​平和​は,せいぜい​一時​的​な​もの​です。例えば,ヨーロッパ​が​第​一​次​世界​大戦​の​まっただ中​に​あっ​た​1914​年​12​月​に,英国​と​ドイツ​の​兵士​たち​は,塹壕​から​出​て​来​て,一緒​に​クリスマス​を​祝い​まし​た。食べ物​や​飲み物,たばこ​など​を​分け合い,サッカー​を​さえ​楽しん​だ​の​です。しかし​その​停戦​も,長く​は​続き​ませ​ん​でし​た。英国​の​ある​兵士​は,最​前線​から​送っ​た​手紙​に,ドイツ​の​一​兵士​から,「今日​は​平和​だ​が,明日​に​なれ​ば,君​も​わたし​も,自分​の​国​の​ため​に​戦う​の​だ」と​言わ​れ​た,と​書い​て​い​ます。

聖書​の​どんな​教え​が​助け​に​なる​か。

『わたしたち​の​ため​に​ひとり​の​子供​が​生まれ,彼​の​名​は“平和​の​君”と​呼ば​れる​で​あろ​う。君​と​し​て​の​その​豊か​な​支配​と​平和​に​終わり​は​ない』。イザヤ 9:6,7)イエス​に​つい​て​の​この​預言​は,実​に​心強い​もの​です。イエス​が​地上​に​生ま​れ​た​の​は,年​に​1​日​だけ​平和​を​もたらす​ため​で​は​あり​ませ​ん。今や​天​で​支配​し​て​いる​イエス​は,終わる​こと​の​ない​真​の​平和​を​もたらす​の​です。

『あなた方​は​わたし[イエス]に​よっ​て​平安​を​得る​でしょ​う。世​に​あっ​て​あなた方​に​は​患難​が​あり​ます​が,勇気​を​出し​なさい! わたし​は​世​を​征服​し​た​の​です』。ヨハネ 16:33)今日​で​さえ,イエス​は​自分​の​弟子​たち​の​間​に​平和​を​育ん​で​い​ます。クリスチャン​は,確か​に​患難​の​もと​に​あり​ます。しかし​感謝​す​べき​こと​に,聖書​を​研究​し​て,苦しみ​が​ある​理由​や,イエス​の​力​で​永続​的​な​平和​が​もたらさ​れる​こと​を​理解​し​て​い​ます。ですから,思い​の​平安​を​得​て​いる​の​です。

エホバ​の​証人​は,国籍​や​肌​の​色,民族​や​言語​など​が​様々​に​異なり​ます​が,イエス​の​教え​に​従う​こと​に​より,その​よう​な​平和​を​享受​し​て​い​ます。あなた​も,証人​たち​の​王国​会館​で​の​集会​に​出席​し​て,ご自分​の​目​で​確かめ​て​み​て​ください。きっと​他​の​多く​の​人​たち​と​同じ​よう​に,そこ​に​見​られる​平和​が​クリスマス​の​もたらす​どんな​平和​に​も​勝っ​て​いる,と​いう​こと​に​同意​な​さる​でしょ​う。

エホバ​の​証人​は,肌​の​色​や​言語​など​が​様々​に​異なり​ます​が,一つ​に​結ば​れ​て​い​ます。あなた​も,王国​会館​で​の​集会​に​出席​し​て,ご自分​の​目​で​確かめ​て​み​て​ください