内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2012年12月

ご存じでしたか

ご存じでしたか

イエス​は​塩​が​塩け​を​失う​と​言い​まし​た​が,間違っ​て​い​た​の​でしょ​う​か。

イエス​は​山上​の​垂訓​の​中​で,弟子​たち​に​こう​述べ​まし​た。「あなた方​は​地​の​塩​です。しかし,塩​が​その​効き目​を​失う​なら,どうして​その​塩け​を​取り戻せる​でしょ​う​か。外​に​投げ出さ​れ​て​人​に​踏みつけ​られる​以外​に,もはや​何​に​も​使え​ませ​ん」。(マタイ 5:13)塩​は​保存​料​です。ですから,イエス​の​話し​た​例え​は,弟子​たち​が​他​の​人​を​霊的​また​道徳​的​な​腐敗​から​保護​できる​し,保護​する​べき​だ,と​いう​こと​を​教える​もの​で​あっ​た​よう​です。

堆積​し​た​死海​の​塩

しかし,塩​が​その​塩け​を​失う​と​いう​イエス​の​言葉​に​関し​て,「国際​標準​聖書​百科​事典」(英語)に​は​こう​述べ​られ​て​い​ます。「死海​地方​産​の​塩​に​は​一般​に,他​の​種々​の​鉱物​が​混ざっ​て​い​た。その​ため,塩​が​その​混合​物​から​抜け​て​しまう​と,塩け​の​ない​物質​だけ​が​残る​こと​に​なる」。ですから,イエス​が​その​残留​物​の​こと​を,『外​に​投げ出さ​れる​以外​に,もはや​何​に​も​使え​ない』と​述べ​た​の​も​もっとも​な​こと​です。同​百科​事典​に​は​さらに,「死海​産​の​塩​は,不純​物​が​含ま​れ​て​い​た​の​で,ほとんど​の​海塩​より​も​質​が​劣っ​て​い​た​が,入手​し​やすかっ​た(つまり,岸辺​から​取っ​て​来​さえ​すれ​ば​よかっ​た)ため,パレスチナ​で​は​塩​の​主​な​供給​源​と​なっ​た」と​述べ​られ​て​い​ます。

イエス​が​ドラクマ​硬貨​に​関する​たとえ​話​を​し​た​当時,それ​を​なくす​と,どんな​こと​に​なり​まし​た​か。

ドラクマ​硬貨

イエス​が​語っ​た​たとえ​話​に​登場​する​女性​は,手持ち​の​ドラクマ​硬貨​10​枚​の​うち​の​1​枚​を​なくし​た​ため,ともしび​を​ともし​て​家​を​掃き,それ​を​見つける​まで​注意深く​捜し​まし​た。(ルカ 15:8‐10)イエス​の​時代,1​ドラクマ​は​ほぼ​1​日​分​の​賃銀​に​相当​し​た​の​で,イエス​が​例え​で​述べ​た​損失​は​決して​わずか​な​金額​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。と​は​いえ,イエス​の​描い​た​場面​は,他​の​幾つ​か​の​点​で​も​現実​そのもの​でし​た。

参考​文献​に​よる​と,当時​の​女性​たち​は​硬貨​を​装飾​品​と​し​て​用いる​こと​も​少なく​あり​ませ​ん​でし​た。それ​で​イエス​は,先祖​伝来​の​大切​な​装飾​品​または​女性​の​持参​金​の​一部​で​あっ​た​硬貨​の​こと​を​言っ​て​い​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。いずれ​に​し​て​も,硬貨​10​枚​の​うち​の​1​枚​を​なくし​た​女性​が,それ​を​見つけ​よう​と​し​て​必死​に​なる​の​も,無理​は​あり​ませ​ん。

しかも,イエス​の​時代​の​一般​の​家​は,できる​だけ​光​と​熱​が​入ら​ない​よう​な​造り​に​なっ​て​おり,窓​は​あっ​た​と​し​て​も,ごく​わずか​でし​た。床​に​は​普通,麦わら​や​様々​な​植物​の​乾燥​し​た​茎​が​敷き詰め​られ​て​い​まし​た。もし​硬貨​一つ​を​落とし​た​なら,見つける​の​は​困難​でし​た。ある​注釈​者​は​こう​述べ​て​い​ます。「それゆえ,その​よう​な​場所​で​硬貨​など​比較​的​小さな​物​を​なくし​た​場合,ともしび​を​ともし,家​の​中​を​掃く​の​は,それ​を​見つける​ため​に​行なう​最も​自然​な​こと​で​あっ​た」。