「情け深い​目​を​持つ​者​は​祝福​さ​れる。彼​は​自分​の​食物​の​中​から,立場​の​低い​者​に​与え​た​から​で​ある」。―箴言 22:9

ある​人々​は​その​ため​に​クリスマス​を​祝う。

イエス​が,貧しい​人​や​病気​の​人​や​苦しん​で​いる​人​を​助け​た​の​で,その​手本​に​倣い​たい​と​思う​人​たち​が​い​ます。その​人​たち​は,クリスマス​の​時​に​そう​する​の​が​最善​だ,と​考え​ます。慈善​団体​が​特別​に​寄付​集め​を​する​場合​が​多い​から​です。

それ​が​容易​で​ない​の​は​なぜか。

クリスマス​の​時期​に​は,多く​の​人​が​ショッピング,娯楽,友人​や​親族​を​訪ねる​こと​など​に​心​を​奪わ​れ​ます。その​ため,恐らく​寄付​を​する​以外​に​は,貧しい​人​や​困窮​し​て​いる​人​たち​の​ため​に​充てる​時間​や​エネルギー​や​お金​は,ほとんど​残ら​ない​の​です。

聖書​の​どんな​教え​が​助け​に​なる​か。

「あなた​の​手​に​善​を​行なう​力​が​ある​の​に,それ​を​受ける​べき​人​から​控え​て​は​なら​ない」。箴言 3:27)貧しい​人​や​飢え​て​いる​人​や​苦しん​で​いる​人​は,クリスマス​の​時期​しか​い​ない​わけ​で​は​あり​ませ​ん。もし​だれ​か​が​助け​を​必要​と​し​て​い​て,「あなた​の​手​に[助ける]力​が​ある」の​なら,クリスマス​まで​待た​なく​て​も​よい​の​です。あなた​の​親切​で​憐れみ深い​行ない​は​報わ​れる​こと​でしょ​う。

「週​の​初め​の​日​ごと​に,各自​その​都合​が​つく​ところ​に​応じ​て,幾らか​を​別​に​し​て​自分​の​家​に​蓄え​て​お​き……なさい」。コリント​第​一 16:2)使徒​パウロ​は,貧しい​人​たち​を​助け​たい​と​思っ​て​い​た​初期​の​クリスチャン​に,その​よう​な​アドバイス​を​し​まし​た。あなた​は​自分​の​収入​の​中​から,定期​的​に​だれ​か​を​援助​し​たり,資金​を​善用​する​組織​に​寄付​し​たり​する​ため​の​お金​を「別​に​し​て」おく,あるいは​その​金額​を​決め​て​おく​こと​が​でき​ます​か。そうすれば,困窮​し​て​いる​人​たち​を​自分​の​資力​の​範囲​内​で​助ける​こと​が​できる​でしょ​う。

「善​を​行なう​こと,そして,他​の​人​と​分かち合う​こと​を​忘れ​て​は​なり​ませ​ん。神​は​その​よう​な​犠牲​を​大いに​喜ば​れる​の​です」。ヘブライ 13:16)この​聖句​の​とおり,「他​の​人​と​分かち合う​こと」に​加え​て,「善​を​行なう​こと」つまり​助け​に​なる​事柄​を​行なう​こと​も​忘れ​て​は​なり​ませ​ん。例えば,思慮深い​親​は​自分​の​子ども​に,お年寄り​の​身​の​回り​の​世話​を​する​こと,病気​の​人​を​励ます​ため​に​お見舞い​に​行っ​たり​カード​を​書い​たり​電話​を​かけ​たり​する​こと,貧しい​子ども​や​体​の​不​自由​な​子ども​に​個人​的​な​関心​を​示す​こと​など​を​教え​ます。そうすれば,子ども​は​一​年​じゅう​いつ​で​も​親切​や​寛大​さ​を​示す​よう​に​なり​ます。

思慮深い​親​は​自分​の​子ども​に,お年寄り​や​病気​の​人​や​体​の​不​自由​な​子ども​を​助ける​べき​こと​を​教え​ます。そうすれば,子ども​は​一​年​じゅう​いつ​で​も​親切​や​寛大​さ​を​示す​よう​に​なり​ます