内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

前世はあると思いますか

前世はあると思いますか

「転生​は,揺るが​ぬ​事実​で​ある。実​の​ところ,生者​は​死者​の​生まれ変わり​で​あり,死者​の​魂​は​存在​し​て​いる​の​で​ある」。―西暦​前​5​世紀​の​ギリシャ​の​哲学​者​で​あっ​た​プラトン,「ソクラテス」(英語)から​の​引用。

「魂​は,体​が​なけれ​ば​見え​ない​と​は​いえ,体​で​は​ない​の​で,様々​な​体​に​宿る​こと​が​でき,体​から​体​へ​と​移り住む​こと​も​ある」。―西暦​16​世紀​の​イタリア​の​哲学​者​で​あっ​た​ジョルダノ​・​ブルーノ。

「何​も​死ん​で​は​い​ない。体​は​死ん​だ​よう​に​見える​が,……魂​は​健やか​な​状態​の​まま,新た​な​見慣れ​ない​姿​を​取っ​て,その​中​から​窓​の​外​を​眺め​て​いる​の​だ」。―西暦​19​世紀​の​アメリカ​の​随筆​家​また​詩人​で​あっ​た​ラルフ​・​ウォルドー​・​エマソン。

あなた​は,『自分​は​本当​は​何者​な​の​だろ​う。自分​に​は​前世​が​あっ​た​の​だろ​う​か』と​思っ​た​こと​が​あり​ます​か。ある​と​し​たら,それ​は​あなた​だけ​で​は​あり​ませ​ん。ごく​初期​の​時代​から,人​は​洋​の​東西​を​問わ​ず,その​よう​な​疑問​を​抱い​て​き​まし​た。中​に​は,答え​を​探し求め​て,輪廻​と​呼ば​れる​教え​を​信じる​よう​に​なっ​た​人​たち​も​い​ます。その​教え​は,人​が​死ぬ​と,目​に​見え​ない“魂”が​体​から​離れ​て​すぐ​別​の​体,例えば​人間​か​動物​あるいは​植物​に​生まれ変わり,それ​が​繰り返さ​れる,と​いう​もの​です。

その​よう​な​教え​に​満足​し​て​いる​人々​も​いる​と​は​いえ,その​教え​が​真実​か​どう​か,どう​すれ​ば​確かめ​られる​でしょ​う​か。神​の​言葉 聖書​は​それ​に​つい​て​何​と​述べ​て​いる​でしょ​う​か。しかし,まずは,そう​し​た​考え​が​どこ​から​来​た​の​か,知る​必要​が​あり​ます。

 輪廻​と​いう​考え​は​どこ​で​始まっ​た​か

歴史​家​や​学​者​に​よれ​ば,西暦​前​3千​年​紀​の​後半​に​創建​さ​れ​た​都市,古代​バビロン​に​住ん​で​い​た​人々​が,人間​の​魂​は​不滅​だ​と​考える​よう​に​なり​まし​た。モリス​・​ジャストロー​は​自著「バビロニア​と​アッシリア​の​宗教」(英語)の​中​で,不滅​に​関する​問題​が「バビロニア​の​神学​者​たち​の​真剣​な​注意​を​引き付け​た」と​述べ​て​い​ます。そして,バビロニア​人​に​とっ​て「死​は​別​の​形態​の​生​へ​の​移行​で​あっ​た。……魂​が​何​か​の​形​で​とこしえ​に​存在​する​と​いう​原始​的​理論​の​根底​に​は,恐らく,人​に​とっ​て​自分​が​永久​に​意識​を​失う​と​は​とても​考え​られ​ない​と​いう​思い​が​あっ​た​の​だろ​う」と​説明​し​て​い​ます。

魂​の​流転​や​転生​に​関する​教え​は,その​よう​に​バビロン​で​始まり,古代​世界​の​各地​で​も​発展​し​て​ゆき​まし​た。インド​の​哲学​者​たち​は,カルマ(業)の​法則​つまり​因果​応報​の​法則​に​基づく,輪廻​転生​と​いう​複雑​な​信条​体系​を​作り上げ​まし​た。影響​力​の​あっ​た​ギリシャ​哲学​者​たち​も,輪廻​思想​を​取り入れ,それ​が​広まり​まし​た。

今​この​時代​に​なっ​て​西洋​の​国々​で,輪廻​に​対する​関心​が​高まっ​て​き​まし​た。有名​人​たち​や​若い​世代​の​人々​が,東洋​の​宗教​的​な​思想​や​慣習​に​興味​を​持つ​よう​に​なっ​て​い​ます。今日,前世​で​の​体験​と​される​事柄​の​意味​に​つい​て​論じる​本​や​ウェブサイト​が​たくさん​あり,多く​の​国​で,パスト​・​ライフ​・​セラピー(前世​療法)と​呼ば​れる​もの​が​急​に​もてはやさ​れる​よう​に​なり​まし​た。その​療法​で​は,人​の​現在​の​健康​状態​や​行動​の​型​を​理解​する​ため​に,催眠​術​を​使っ​て​当人​の​前世​と​される​もの​を​調べ​ます。

輪廻​は​真実​か

輪廻​に​対する​信仰​は​古代​から​ある​に​し​て​も,『輪廻​は​真実​か』と​いう​最も​重要​な​問い​に​対する​答え​が,確か​に​必要​です。また,クリスチャン​は,輪廻​と​いう​信条​が​聖書​に​基づく​キリスト​教​信仰​と​矛盾​し​ない​か​どう​か,知り​たい​と​思う​はず​です。(ヨハネ 17:17)創造​者​エホバ​神​は,命​の​源​で​あり「秘密​を​明らか​に​される​方」でも​ある​の​で,さもなければ​人間​に​は​知り​得​ない,生​と​死​に​関する​真実​を​明らか​に​し​て​おら​れ​ます。わたしたち​は,この​問題​に​関する​答え​を,確信​を​抱い​て​神​の​言葉 聖書​に​求める​こと​が​でき​ます。―ダニエル 2:28。使徒 17:28

聖書​を​注意深く​研究​する​なら,神​から​の​答え​は​容易​に​明らか​に​なり​ます。例えば​創世記 3​章​19​節​に​は,アダム​と​エバ​が​神​に​背い​た​後​に,神​が​アダム​に​対し,「あなた​は​顔​に​汗し​て​パン​を​食べ,ついに​は​地面​に​帰る。あなた​は​そこ​から​取ら​れ​た​から​で​ある。あなた​は​塵​だ​から​塵​に​帰る」と​言わ​れ​た​こと​が​記さ​れ​て​い​ます。アダム​は​塵​から​創造​さ​れ​た​の​で,死ん​だ​時​に​は​塵​に​帰り​まし​た。神​が​はっきり​述べ​て​おら​れ​た​とおり​です。ですから,人​は​死ぬ​と,ほか​の​だれ​か​に​生まれ変わる​の​で​は​なく,存在​し​なく​なる​の​です。 * ちょうど​寒さ​が​暑さ​と,乾い​た​状態​が​湿っ​た​状態​と,光​が​闇​と​正​反対​で​ある​の​と​同じ​よう​に,死​は​命​と​正​反対​の​関係​に​あり​ます。死者​は​まさしく​死ん​で​いる​の​です。これ​は​簡単​明瞭​な,筋​の​通っ​た​こと​で​は​ない​でしょ​う​か。

ですから,ある​人々​が​自分​の​前世​を​思い出す​と​いう​の​に​は,別​の​原因​が​ある​に​違いあり​ませ​ん。潜在​意識​を​含め​人間​の​精神​の​働き,また​黙想​や​衝撃​的​体験​の​影響​に​つい​て​は,まだ​十分​に​理解​さ​れ​て​い​ませ​ん。脳​の​記憶​領域​に​蓄え​られ​た​膨大​な​量​の​情報​に​基づく,夢​や​想像​上​の​出来事​は,非常​に​鮮明​で​現実​で​ある​よう​に​思える​場合​が​あり​ます。時​に​は,邪悪​な​霊​の​勢力​の​影響​を​受け​て,現実​で​は​ない​事​が​現実​の​よう​に​思える​超​自然​的​な​経験​を​する​場合​も​あり​ます。―サムエル​第​一 28:7‐19

生き​て​い​たい,また​自分​の​将来​を​知り​たい​と​いう​の​は,人間​の​自然​な​願望​です。それにしても,その​よう​な​願望​を​抱く​の​は​なぜ​でしょ​う​か。興味深い​こと​に, 聖書​は​創造​者​に​つい​て,「神​は​また,人間​の​心​に​永遠​を​置か​れ​た」と​述べ​て​い​ます。(伝道​の​書 3:11,「新​国際​訳」[英語])そう​です,いつ​まで​も​生き​て​い​たい​と​いう​願望​を​抱く​の​は,神​が​人間​を​その​よう​に​お造り​に​なっ​た​から​です。

創造​者​エホバ​神​が,人​の​心​に​永遠​に​生き​たい​と​いう​願望​を​置か​れ​た​の​で​あれ​ば,その​願望​を​実現​さ​せる​方法​に​つい​て​も​説明​し​て​おら​れる​はず​だ,と​考える​の​は​筋​の​通っ​た​こと​です。聖書​は,従順​な​人​たち​に​楽園​と​なる​地上​で​の​永遠​の​命​を​授ける,と​いう​創造​者​の​崇高​な​目的​を​明らか​に​し​て​い​ます。ダビデ​王​が,霊感​の​もと​に​書い​た​詩編​の​中​で,「義​なる​者​たち​は​地​を​所有​し,そこ​に​永久​に​住む​で​あろ​う」と​述べ​て​いる​とおり​です。(詩編 37:29)聖書​の​教理​の​中​で​も,神​の​とこしえ​の​目的​と​密接​に​関連​し​て​いる​主要​な​もの​は,死者​の​復活​に​関する​教え​です。―使徒 24:15。コリント​第​一 15:16‐19

復活 ― 死者​の​ため​の​確か​な​希望

聖書​に​は,死人​の​中​から​地上​に​生き返らさ​れ​た​人​たち​に​関する​目撃​者​に​よる​記述​が​八つ​収め​られ​て​い​ます。 * それら​は,復活​で​あっ​て,輪廻​の​事例​で​は​あり​ませ​ん。死人​の​中​から​よみがえらさ​れ​た​その​人​を,家族​や​友人​は​すぐ​見分ける​こと​が​でき​まし​た。どの​事例​に​おい​て​も,当人​の​親族​は,近く​や​遠く​で​生ま​れ​た​子ども​たち​を​探し回っ​て,どの​子​が,死ん​で​い​た​愛する​者​の​魂​の​生まれ変わり​な​の​か​を​確かめる​必要​は​あり​ませ​ん​でし​た。―ヨハネ 11:43‐45

嬉しい​こと​に,神​の​言葉​に​よれ​ば,かつて​亡くなっ​た​人々​の​大​多数​は,神​の​新しい​世​で​死者​が​復活​する​際​に,生き返り​ます。その​新しい​世​は,間​も​なく​この​地上​の​邪悪​な​世​に​取って代わる​の​です。(ペテロ​第​二 3:13,14)幾十億​と​いう​人々​の​命​の​型​は,目下,すべて​の​星​の​名​を​さえ​覚え​て​おら​れる​神​エホバ​の,無限​の​完全​な​記憶​の​中​に​保た​れ​て​い​ます。(詩編 147:4。啓示 20:13)新しい​世​で​神​に​より​復活​さ​せ​られる​過去​の​世代​の​人々​は,自分​の​家系​を​たどっ​て​先祖​たち​を​個人​的​に​知る​こと​が​できる​よう​に​なり​ます。なんと​素晴らしい,胸​の​躍る​見込み​でしょ​う!

^ 13節 詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​6​章「死者​は​どこ​に​い​ます​か」を​ご覧​ください。

^ 18節 記録​さ​れ​て​いる​八つ​の​事例​は,列王​第​一 17:17‐24; 列王​第​二 4:32‐37; 13:20,21; ルカ 7:11‐17; 8:40‐56; ヨハネ 11:38‐44; 使徒 9:36‐42; 20:7‐12​です。それら​の​記述​を​読み​ながら,どの​復活​も​多く​の​目撃​者​の​前​で​起き​た​こと​に​注目​し​て​ください。九つ​め​の​記述​は,イエス​・​キリスト​の​復活​に​関する​もの​です。―ヨハネ 20:1‐18