アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年12月

前世はあると思いますか

前世はあると思いますか

「転生 は,揺るが  事実  ある。実  ところ,生者  死者  生まれ変わり  あり,死者    存在   いる   ある」。―西暦  5 世紀  ギリシャ  哲学   あっ  プラトン,「ソクラテス」(英語)から  引用。

「魂 は,体  なけれ  見え ない   いえ,体   ない  で,様々    宿る こと  でき,体 から    移り住む こと  ある」。―西暦 16 世紀  イタリア  哲学   あっ  ジョルダノ  ブルーノ。

「何  死ん    ない。体  死ん  よう  見える が,……魂  健やか  状態  まま,新た  見慣れ ない 姿  取っ て,その  から     眺め  いる  だ」。―西暦 19 世紀  アメリカ  随筆  また 詩人  あっ  ラルフ  ウォルドー  エマソン。

あなた は,『自分  本当  何者   だろ う。自分   前世  あっ   だろ  か』と 思っ  こと  あり ます か。ある   たら,それ  あなた だけ   あり ませ ん。ごく 初期  時代 から,人    東西  問わ ず,その よう  疑問  抱い   まし た。中  は,答え  探し求め て,輪廻  呼ば れる 教え  信じる よう  なっ   たち   ます。その 教え は,人  死ぬ と,目  見え ない“魂”が  から 離れ  すぐ   体,例えば 人間  動物 あるいは 植物  生まれ変わり,それ  繰り返さ れる,と いう もの です。

その よう  教え  満足   いる 人々  いる   いえ,その 教え  真実  どう か,どう すれ  確かめ られる でしょ  か。神  言葉 聖書  それ  つい    述べ  いる でしょ  か。しかし,まずは,そう   考え  どこ から    か,知る 必要  あり ます。

 輪廻  いう 考え  どこ  始まっ  

歴史      よれ ば,西暦  3千    後半  創建    都市,古代 バビロン  住ん    人々 が,人間    不滅   考える よう  なり まし た。モリス  ジャストロー  自著「バビロニア  アッシリア  宗教」(英語)の  で,不滅  関する 問題 が「バビロニア  神学  たち  真剣  注意  引き付け た」と 述べ   ます。そして,バビロニア   とっ て「死    形態     移行  あっ た。……魂       とこしえ  存在 する  いう 原始  理論  根底  は,恐らく,人  とっ  自分  永久  意識  失う   とても 考え られ ない  いう 思い  あっ   だろ う」と 説明    ます。

  流転  転生  関する 教え は,その よう  バビロン  始まり,古代 世界  各地   発展   ゆき まし た。インド  哲学  たち は,カルマ(業)の 法則 つまり 因果 応報  法則  基づく,輪廻 転生  いう 複雑  信条 体系  作り上げ まし た。影響   あっ  ギリシャ 哲学  たち も,輪廻 思想  取り入れ,それ  広まり まし た。

 この 時代  なっ  西洋  国々 で,輪廻  対する 関心  高まっ   まし た。有名  たち  若い 世代  人々 が,東洋  宗教   思想  慣習  興味  持つ よう  なっ   ます。今日,前世   体験  される 事柄  意味  つい  論じる   ウェブサイト  たくさん あり,多く   で,パスト  ライフ  セラピー(前世 療法)と 呼ば れる もの    もてはやさ れる よう  なり まし た。その 療法  は,人  現在  健康 状態  行動    理解 する ため に,催眠   使っ  当人  前世  される もの  調べ ます。

輪廻  真実 

輪廻  対する 信仰  古代 から ある    も,『輪廻  真実 か』と いう 最も 重要  問い  対する 答え が,確か  必要 です。また,クリスチャン は,輪廻  いう 信条  聖書  基づく キリスト  信仰  矛盾  ない  どう か,知り たい  思う はず です。(ヨハネ 17:17)創造  エホバ  は,命    あり「秘密  明らか  される 方」でも ある  で,さもなければ 人間   知り  ない,生    関する 真実  明らか    おら  ます。わたしたち は,この 問題  関する 答え を,確信  抱い    言葉 聖書  求める こと  でき ます。―ダニエル 2:28。使徒 17:28

聖書  注意深く 研究 する なら,神 から  答え  容易  明らか  なり ます。例えば 創世記 3  19   は,アダム  エバ    背い   に,神  アダム  対し,「あなた    汗し  パン  食べ,ついに  地面  帰る。あなた  そこ から 取ら   から  ある。あなた    から   帰る」と 言わ   こと  記さ    ます。アダム   から 創造     で,死ん       帰り まし た。神  はっきり 述べ  おら   とおり です。ですから,人  死ぬ と,ほか  だれ   生まれ変わる    なく,存在  なく なる  です。 * ちょうど 寒さ  暑さ と,乾い  状態  湿っ  状態 と,光     反対  ある   同じ よう に,死     反対  関係  あり ます。死者  まさしく 死ん  いる  です。これ  簡単 明瞭 な,筋  通っ  こと   ない でしょ  か。

ですから,ある 人々  自分  前世  思い出す  いう   は,別  原因  ある  違いあり ませ ん。潜在 意識  含め 人間  精神  働き,また 黙想  衝撃  体験  影響  つい  は,まだ 十分  理解     ませ ん。脳  記憶 領域  蓄え られ  膨大    情報  基づく,夢  想像   出来事 は,非常  鮮明  現実  ある よう  思える 場合  あり ます。時  は,邪悪    勢力  影響  受け て,現実   ない   現実  よう  思える  自然   経験  する 場合  あり ます。―サムエル  一 28:7‐19

生き   たい,また 自分  将来  知り たい  いう  は,人間  自然  願望 です。それにしても,その よう  願望  抱く   なぜ でしょ  か。興味深い こと に, 聖書  創造   つい て,「神  また,人間    永遠  置か  た」と 述べ   ます。(伝道  書 3:11,「新 国際 訳」[英語])そう です,いつ まで  生き   たい  いう 願望  抱く  は,神  人間  その よう  お造り  なっ  から です。

創造  エホバ  が,人    永遠  生き たい  いう 願望  置か     あれ ば,その 願望  実現  せる 方法  つい   説明   おら れる はず だ,と 考える     通っ  こと です。聖書 は,従順   たち  楽園  なる 地上   永遠    授ける,と いう 創造   崇高  目的  明らか     ます。ダビデ  が,霊感  もと  書い  詩編   で,「義 なる  たち    所有 し,そこ  永久  住む  あろ う」と 述べ  いる とおり です。(詩編 37:29)聖書  教理    も,神  とこしえ  目的  密接  関連   いる 主要  もの は,死者  復活  関する 教え です。―使徒 24:15。コリント  一 15:16‐19

復活 ― 死者  ため  確か  希望

聖書  は,死人   から 地上  生き返らさ    たち  関する 目撃   よる 記述  八つ 収め られ   ます。 * それら は,復活  あっ て,輪廻  事例   あり ませ ん。死人   から よみがえらさ   その  を,家族  友人  すぐ 見分ける こと  でき まし た。どの 事例  おい  も,当人  親族 は,近く  遠く  生ま   子ども たち  探し回っ て,どの  が,死ん    愛する     生まれ変わり     確かめる 必要  あり ませ  でし た。―ヨハネ 11:43‐45

嬉しい こと に,神  言葉  よれ ば,かつて 亡くなっ  人々   多数 は,神  新しい   死者  復活 する  に,生き返り ます。その 新しい  は,間  なく この 地上  邪悪    取って代わる  です。(ペテロ  二 3:13,14)幾十億  いう 人々     は,目下,すべて      さえ 覚え  おら れる  エホバ の,無限  完全  記憶    保た    ます。(詩編 147:4。啓示 20:13)新しい     より 復活   られる 過去  世代  人々 は,自分  家系  たどっ  先祖 たち  個人   知る こと  できる よう  なり ます。なんと 素晴らしい,胸  躍る 見込み でしょ う!

^ 13節 詳しく は,エホバ  証人  発行  た「聖書  実際    教え   ます か」と いう    6 「死者  どこ   ます か」 ご覧 ください。

^ 18節 記録    いる 八つ  事例 は,列王  一 17:17‐24; 列王  二 4:32‐37; 13:20,21; ルカ 7:11‐17; 8:40‐56; ヨハネ 11:38‐44; 使徒 9:36‐42; 20:7‐12 です。それら  記述  読み ながら,どの 復活  多く  目撃     起き  こと  注目   ください。九つ   記述 は,イエス  キリスト  復活  関する もの です。―ヨハネ 20:1‐18