アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年12月

与えることの喜びを味わう

与えることの喜びを味わう

「受ける より 与える ほう  幸福  ある」。―使徒 20:35

ある 人々  その ため  クリスマス  祝う。

イエス  言葉 どおり,与える こと で,与える   受ける   幸福  なり ます。その 幸福  求める 多く   は,贈り物  する こと を,クリスマス  特に 重要  特色  一つ  考え   ます。例えば,ある 調査  よれ ば,昨年  経済 危機    さえ,アイルランド   どの 家族  クリスマス  贈り物  500 ユーロ(約 5万6,000 円)余り  費やす 予定 でし た。

それ  容易  ない   なぜか。

クリスマス    贈り物  する こと  幸福  なる どころ    重く なる,と 感じ  いる   少なく あり ませ ん。どうして でしょ  か。それ は,買う 余裕  ない 贈り物  買わ ざる   ない よう  感じる から です。また,だれ   同じ 時期  買う ため,混雑 し,長い   並ば なけれ  なら ず,いらいら する こと  なる から です。

聖書  どんな 教え  助け  なる か。

「いつも 与え なさい」と,イエス  言い まし た。 *ルカ 6:38)贈り物  1   うち  期待  れる 特定  時期  だけ すれ  よい,と  言い ませ  でし た。弟子 たち に,自発   贈り物  する こと を,いつも  こと,つまり 生き方  する よう 勧め   です。

「各自 いやいや ながら  も,強い られ    なく,ただ その   決め  とおり  行ない なさい。神  快く 与える   愛さ れる  です」。コリント  二 9:7)ある 聖書 注釈   よる と,この 助言  要点 は,「何  あれ,『強い られ て』与える,つまり,そう  ざる   ない  いう 気持ち から 与える べき   ない」と いう こと です。「快く 与える」こと は,義務  から 特定  時期  特定    特定  贈り物  する こと   違い ます。

「進ん  する 気持ち  まず ある なら,持っ   ない ところ  応じ    なく,持っ  いる ところ  応じ  特に 受け入れ られる」。コリント  二 8:12)神  クリスチャン に,借金    まで 高価  贈り物  する こと  求め  おら  ませ ん。贈り物 は,「持っ  いる ところ  応じ て」なさ れる なら,神 から  て,悪く ない どころ か「特に 受け入れ られる」もの  なる  です。これ は,祝祭日  よく   する“今 買っ て,お支払い   で”と いう 宣伝 文句  は,好 対照  なし   ます。

^ 8節 この 箇所 を,単に「与え なさい」と 訳し  いる 翻訳  あり ます。しかし,原語  ギリシャ   この 動詞  語形 は,継続   行為  表わし   ます。「新 世界 訳」では,イエス  用い  この   意味  十分  伝える ため に,「いつも 与え なさい」と 訳さ    ます。