内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 お子さん​を​教え​ましょ​う

ヨタムは家族に問題が生じても忠実を保った

ヨタムは家族に問題が生じても忠実を保った

親​が​まこと​の​神​エホバ​に​仕える​の​を​やめる​と,子ども​は​つらい​日々​を​送る​こと​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。これ​から,ヨタム​が​成長​期​に​家庭​で​どんな​問題​に​直面​し​た​か​を​調べ​て​み​ましょ​う。

ヨタム​の​父​ウジヤ​は,ユダ​の​王​で​あり,国中​で​最も​権力​の​ある​人​でし​た。ヨタム​が​生ま​れる​前​から​長年​に​わたっ​て,良い​王​でし​た。しかし​その​後,ヨタム​が​まだ​若い​時​に,ウジヤ​は​誇り高ぶり,神​の​律法​を​破り​まし​た。その​ため​神​は,ウジヤ​が​突然​に​重い​皮膚​病​で​ある​らい病​に​かかる​よう​に​され​まし​た。その​時​ヨタム​が​どう​し​た​か,知っ​て​い​ます​か。 *

ヨタム​は,エホバ​に​仕え​続け​まし​た。母親​エルシャ​から​の​助け​も​あっ​た​でしょ​う。と​は​いえ,父​ウジヤ​が​エホバ​の​家​から​追い出さ​れ​た​後​も​エホバ​に​忠実​を​保つ​の​は,大変​だっ​た​か​も​しれ​ませ​ん。

もし​あなた​の​お父さん​か​お母さん​が​エホバ​に​仕える​の​を​やめ​て​しまっ​た​なら,どう​でしょ​う​か。あなた​に​とっ​て​も,エホバ​に​仕え​続ける​の​が​大変​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん​ね。― でも,そう​なっ​た​場合​に​どう​する​か​を​考える​の​は,悪い​こと​で​は​あり​ませ​ん。聖書​中​に​記さ​れ​て​いる​ダビデ​の​言葉​から,その​こと​が​分かり​ます。

ダビデ​の​父​エッサイ​は​善良​な​人​で,エホバ​に​仕え​て​い​まし​た。ダビデ​は​父​を​愛し​て​い​た​に​違いあり​ませ​ん​が,父​を​愛する​以上​に​エホバ​を​愛する​よう​に​なり​まし​た。どうして​それ​が​分かる​でしょ​う​か。

 聖書​の​詩編 27​編​10​節​を​開い​て​み​て​ください。ダビデ​は,「わたし​の​父​と​わたし​の​母​が​わたし​を​捨て去っ​た​と​し​て​も,エホバ​ご自身​が​わたし​を​取り上げ​て​くださる​こと​でしょ​う」と​書い​て​い​ます。つまり,『父​エッサイ​や​母​が​エホバ​に​仕える​の​を​やめ​た​と​し​て​も,わたし​は​エホバ​に​仕え​続ける』と​述べ​て​いる​の​です。

あなた​は​どう​です​か。お父さん​や​お母さん​が​エホバ​に​仕える​の​を​やめ​て​も,エホバ​に​仕え​続け​ます​か。― 自分​に​そう​問いかけ​て​みる​の​は​良い​こと​です。なぜなら​それ​は,聖書​中​の​一番​重要​な​命令,つまり「あなた​は,心​を​こめ,魂​を​こめ,思い​を​こめ​て​あなた​の​神​エホバ​を​愛さ​ね​ば​なら​ない」と​いう​命令​と​関係​の​ある​こと​だ​から​です。

この​命令​は,エホバ​に​対し​て​忠実​を​保つ​こと​が​難しい​時​で​も​忠実​で​ある​よう​命じ​て​いる​の​です。エホバ​に​仕える​の​を​やめ​させ​たい,と​思っ​て​いる​の​は​だれ​でしょ​う​か。― 神​に​敵対​し​て​いる​悪魔​サタン​です。イエス​は​サタン​を,「この​世​の​支配​者」と​呼び​まし​た。聖書​に​は​サタン​が「この​事物​の​体制​の​神」と​呼ば​れ​て​いる​箇所​も​あり​ます。では,わたしたち​は​サタン​を​恐れる​必要​が​ある​でしょ​う​か。

いいえ,あり​ませ​ん。エホバ​は​サタン​より​ずっ​と​強力​な​方​な​の​です。その​こと​を​忘れ​ない​よう​に​する​必要​が​あり​ます。わたしたち​が​エホバ​を​信頼​し​て​いる​なら,エホバ​は​わたしたち​を​保護​し​て​ください​ます。聖書​を​開い​て,エホバ​が​ダビデ​を​恐ろしい​巨人​ゴリアテ​から​どの​よう​に​保護​さ​れ​た​か,読ん​で​み​て​ください。エホバ​に​忠実​に​仕え​つづける​なら,あなた​も​エホバ​に​保護​し​て​いただけ​ます。

^ 4節 お子さん​と​一緒​に​読ん​で​いる​の​で​あれ​ば,ダッシュ(―)の​所​で​休止​を​入れ,お子さん​の​答え​を​聞い​て​みる​こと​が​でき​ます。