アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2012年12月

「歴史はうそをつかない」

「歴史はうそをつかない」

2007  6  14 日,エストニア 郵政  は,右  よう  記念 切手  発行  まし た。それ     よう  説明  付さ    ます。「この 記念 切手 は,スターリン 時代  エストニア  大量 虐殺  犠牲   記念 する ため  発行   まし た」。1941  から 1951   かけ て,幾万    エストニア   強制 移住   られ   です。

「歴史  うそ  つか ない」。これ  エストニア  よく 知ら   いる 格言 で,他  国々   同様  格言  あり ます。そう です,過去  変える こと  でき ませ ん。と  いえ,過去 から 学ぶ こと  可能 です。古代 イスラエル  賢王 ソロモン は,こう 述べ まし た。「わたし  この すべて  見,この   行なわ   いる 事柄  つい  考え た。世  は,権力  執る   いれ ば,その   苦しむ   いる」。―伝道  書 8:9,「今日  英語 訳」。

数十   に,聖書  この 言葉  真実   強力  証し する 出来事 が,エストニア で,また  ヨーロッパ  多く  国々  起き まし た。人間  支配  より,罪  ない 無数  人々  苦しみ  もたらさ  まし た。それら    遠く    強制 移住   られ て,そこ  住まわさ れる か,労働 収容   入れ られる     です。

地元  歴史  たち  よれ ば,1941  から 1951   かけ て,この 小さな  から 4万6,000  余り  市民  強制 移住   られ まし た。その うち  大半 は,政権     政党  属し     たち でし た。また,国籍  社会  立場  異なる  いう 理由  追放     たち   まし た。しかし,宗教   信念  ゆえに 追放     は,エホバ  証人 だけ でし た。

  恐れる  たち  対する 攻撃

2004   タルトゥ 大学 出版  発行  研究 論文   で,歴史   アイギー  ラヒタム は,こう 述べ まし た。「1948  から 1951   かけ  エホバ  証人  その 関係  合わせ  72   逮捕   た。しかし 逮捕 だけ  なく,大 規模  強制 移住  計画  れ,1951  4  1     実行   た。それ は,バルト 諸国 だけ  なく,モルドバ,ウクライナ 西部,ベラルーシ   行なわ  た」。

エストニア  エホバ  証人 は,1951  以前 も,逮捕 や,心理  圧力,尋問,投獄 など  苦しめ られ   まし  が,強制 移住  いう その 新た  措置 は,エストニア から エホバ  証人  一掃 する ため  全面   弾圧 だっ  よう です。

  切手  は,1951  4  1   いう 日付   られ ます。382  いう 数字 は,その   強制 移住   られ  エホバ  証人  その 子ども たち  人数 です。この   は,エホバ  証人   ない 親族  隣人     含ま    ます。その   うち  全国 各地  逮捕  行なわ れ,逮捕     たち は,老若  かかわら ず,その 夜,家畜 運搬   有蓋 貨車  集め入れ られ,シベリア  送ら    です。

エラ  トーム

 当時 25  だっ  エラ  トーム  * いう 女性 も,エホバ  証人    で,仲間 たち  受け    同じ よう  尋問  受け まし た。エラ は,その   こと  こう 述べ   ます。「ある 係官 は,脅しつけ たり,伝道  やめる よう 要求  たり    まし た。『生きる ほう  いい か。それ   お前    拝み ながら シベリア    死に たい か』と 言っ  こと  あり ます」。しかし エラ は,恐れる こと なく,良い たより  宣べ伝え 続け まし た。それで,シベリア  送ら れ,ほぼ 6  間,あちこち  強制 労働 収容   転々  させ られ まし た。

法廷  審問  受ける こと  なく 強制 移住   られ  幾百     に,エホバ  証人  若い 女性,ヒーシ  レンペル   まし た。ヒーシ は,1951  4  1   出来事  回想  て,「あの  たち は,夜中  全く 不意  やっ   て,『これ から 30  以内 に,荷物  まとめろ!』と 命令  まし た」と 語っ   ます。その あと ヒーシ  その 6    は,暗闇     まで 連れ  行か れ,汽車  乗せ られ まし た。その 古い 列車  各駅  停車 する ごと に,証人 たち    増え  ゆき まし た。「わたしたち  家畜 運搬   車両  入れ られ まし た。感謝  べき こと に,動物    凍っ   まし た。そう  なかっ    たら,耐え られ なかっ  こと でしょ う。わたしたち  貨車  詰め込ま   家畜  よう でし た」。

その 過酷  2    列車   は,悪夢  よう  経験 でし た。貨車      多すぎ   衛生 でし た。若者  老人 も,あらゆる   屈辱  被り まし た。泣い て,何  食べ よう   ない  たち   まし た。それでも,証人 たち は,崇拝  ため    歌う こと  よっ  励まし合っ たり 助け合っ たり し,持っ  いる 食物  分け合い まし た。これ から 行く  は「永住  地」となり,「二   帰っ     ない」と いう こと でし た。

ヒーシ  レンペル  その  マーヤ

ヒーシ は,その 試練    信仰  仲間 たち から 受け   温まる 支え  つい て,こう 述べ   ます。「ある  で,わたしたち  乗っ    列車 が,モルドバ から   列車    止まり まし た。貨車   越し に,『皆さん  どこ   で,どこ  行く  です か』と 尋ねる 男性    聞こえ まし た。そこで,『どこ  行く   知り ませ ん。わたしたち  エストニア から   エホバ  証人 です』と 説明  まし た。モルドバ から  列車  乗せ られ    仲間  証人 たち  その 会話     て,貨車  開口  から わたしたち  大きな 一塊  パン  幾らか  プルーン  投げ  くれ まし た」。ヒーシ  さらに,「その 時,エホバ  証人  一斉 逮捕  規模  分かっ   まし た。それ  ソ連  共和  すべて  及ぶ もの だっ   です」と  述べ   ます。

エホバ  証人  ある    少女,コリンナ  その  エネ は,6  余り  間,母親 から 引き離さ    まし た。母親 は,やはり エホバ  証人 で,それ 以前  逮捕    強制 労働 収容   送ら    まし た。その 後,あの 悪名 高い 4     その    少女 も,家 から 連れ去ら   貨車  放り込ま    です。コリンナ  その   こと  回想 し,感謝  こめ  こう 述べ   ます。「その 列車   で,子ども    連れ  ある 証人 が,『あなたたち  面倒    あげる から,わたしたち  一緒  家族    暮らし ましょ う』と 言っ  くれ まし た」。

最終 目的   は,どんな こと  あっ  でしょ  か。寒い シベリア  荒野  着い  翌日,屈辱  な“奴隷 市場”が 開か  まし た。近く  集団 農場   たち が,自分  農場  使え そう   たち  選ぶ ため  やっ     です。コリンナ  その   こと  こう 語っ   ます。 「その  たち が,『あんた  すでに トラクター  運転     入れ  じゃ ない か。こいつ  おれ  もらう』と か,『うち  もう 年寄り    もらっ た。あんた     年寄り     連れ  行け よ』と 言い争っ  いる   聞こえ   まし た」。

エネ  その  コリンナ

コリンナ  エネ は,勇敢 でし た。後  こう 語っ   ます。「わたしたち は,母  会え なく  本当  寂しく 感じ まし た。そして,ぜひ もう 一度   温かく 抱き締め  もらい たい,と 思い まし た」。それでも,二   霊的  強さ  ユーモア  センス  保ち まし た。コリンナ  こう  述べ   ます。「でも,ある 意味  は,母   られ なく  幸い でし た。ちゃんと   防寒   ない まま 極寒  屋外  働か なけれ  なら ない   あっ  から です」。

確か に,エストニア その他  国々      ない 人々 は,甚だしい  公正  苦しめ られ,エホバ  証人   集団    同様  苦しみ  受け   まし た。(「想像  絶する『恐怖』」と いう 囲み  ご覧 ください。)エストニア  エホバ  証人 は,かつて その よう  虐待  苦しみ  経験     かかわら ず,今 なお 活発  幸福 です。

前途  待ち受ける 明るい 将来

聖書 は,エホバ    公正  憎ま れる こと  明言 し,「すべて そう     行なう 者,不正  行なう すべて   は,あなた   エホバ  とっ  忌む べき もの……で ある」と 述べ   ます。(申命記 25:16)神  これ まで   容認   こら  まし  が,神   公正    終わらせる     なく  ます。詩編 作者  こう 述べ   ます。「ほんの もう 少し すれ ば,邪悪     なく なる。あなた  必ず その 場所  注意  向ける が,彼   ない。しかし 柔和   たち    所有 し,豊か  平和  まさに 無上  喜び  見いだす  あろ う」。―詩編 37:10,11

そう です,前途   明るい 将来  待ち受け  いる  です。過去  変える こと  でき ませ  が,自分  将来  確か  もの  する ため  方策  講じる こと  でき ます。神  近づい  ください。そして,どう すれ      行き渡る 素晴らしい 将来  あずかれる か,調べ    ください。―イザヤ 11:9

^ 10節 エラ  トーム  ライフ  ストーリー は,「目ざめよ!」2006  4   20‐24 ページ  掲載     ます。